38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

播磨町議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第2日 3月 3日)

事業番号0000981官民境界協定事務事業の12節委託料、次の44、45ページにあります666官民境界確定システムデータ更新業務委託料の減は契約差金によるものです。  2目排水溝費事業番号0062000排水路整備事業の18節負担金補助及び交付金003水道工事負担金の減は、給水管等移設費用が発生しなかったものです。  

播磨町議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第1日 3月 3日)

次に、収益的支出、1款水道事業費用、1項営業費用、1目原水及び浄水費、15節委託料の減は、契約差金によるものです。19節修繕費の減は、取水井浚渫清掃工事入札差金によるものです。  2目配水及び給水費、15節委託料の減は、簡易作業業務委託契約差金によるものです。19節修繕費は、漏水修繕の減などによるものです。  

宝塚市議会 2019-06-19 令和 元年第 3回定例会−06月19日-03号

結果的に、1年間やっていく中で決算を打っていく中で出てきた契約差金とかを使わないで保留していくことによって、効果を出しながら数字を近づけていこうという形なので、年度当初では、やっぱりある程度財源が足りなかったら入れなきゃいけないと。入れるためには残高がなければいけないということになっていくと、いわゆるその上の段と行革効果前の数字を想定しておかなければいけないというふうになるかと思います。  

宝塚市議会 2019-03-15 平成31年度予算特別委員会−03月15日-05号

基本的には決算ベースで出てくる契約差金なんかは大きなメーンのはずです。過去の実績なんかを見ると、大体4.5億ぐらい、行革の目標はもうちょっと低かったんですけれども、実際ベースのところでは4.5億ぐらいなので、それを見込まれているということだというふうに思っています。  財通なんかを見ると、義務的経費のところが徐々にふえていく形になっています。

播磨町議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 5日)

次に、収益的支出、1款水道事業費用、1項営業費用、1目原水及び浄水費、15節委託料の減は、契約差金によるものです。16節手数料の減は、水質検査発注方法見直しによるものです。19節修繕費の減は、第3浄水場ろ過池工事の入札不調に伴う実施時期の見直しによるものです。  2目配水及び給水費、19節修繕費は、漏水修繕の減などによるものです。

篠山市議会 2019-02-26 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日)

1款 下水道総務費、1項 下水道管理費、1目 一般管理費に646万8,000円を追加するもので、修繕料緊急対応分が不要となったことによる減額委託料は、公営企業法適用支援業務契約差金及び管路劣化調査につきまして、平成30年度以降に国庫補助事業として実施することとして減額をするものでございます。

篠山市議会 2018-12-04 平成30年第118回定例会(第1号12月 4日)

11ページ、2款 1項 1目 下水道建設費は、住吉浄化センター長寿命化工事実施設計業務につきまして、契約差金360万4,000円を減額しようとするものでございます。  13ページ、3款 1項 公債費、1目 元金は、財源の組みかえでございます。  7ページの歳入では、1款 分担金及び負担金、1項 負担金、1目 下水道事業受益者負担金は、平成30年度賦課14件などの追加でございます。  

篠山市議会 2018-02-14 平成30年第112回定例会(第1号 2月14日)

11ページ、2款 1項 1目 下水道建設費は、663万3,000円の追加で、通報装置更新工事契約差金減額京口排水ポンプ場整備工事につきまして、工事請負費施工監理委託料追加するものでございます。  7ページの歳入では、1款 分担金及び負担金、1項 負担金、1目 下水道事業受益者負担金は、平成29年度賦課11件の追加でございます。  

宝塚市議会 2017-06-01 平成29年第 2回定例会−06月01日-05号

恐らく多分契約差金だと思います。2億円とか、3億円とか、大きいときは5億円ぐらい出ているんですけれども、恐らく契約差金執行保留か何かかなというふうに思います。  次に、大きいのが積立金です。基金に積み立てるという金額、10億円で見ていたんだけれども5億円にしたみたいな。裁量次第ですよね、ある意味。ある意味裁量次第なところで、積み立てなかったということで5億円減らしているというところです。  

播磨町議会 2017-03-07 平成29年 3月定例会 (第1日 3月 7日)

事業番号0000671ポンプ場維持管理事業、13節の減は、契約差金によるものです。  69・70ページをお願いいたします。  2款1項公債費、2目利子事業番号0000586下水特会借入金利子償還事業、23節償還金利子及び割引料減額は、下水道事業債借入金額及び借入利率確定によるものです。  次に、歳入についてご説明を申し上げます。  65・66ページをお願いいたします。  

宝塚市議会 2015-12-08 平成27年第 5回定例会−12月08日-02号

公営住宅のほうも、今回、補正の中で、ちょっとつかなかったというか、足りなかったというような補正が出ていきましたけれども、今のところは、何とか、その交付金が縮減されたとしても、契約差金だとか、いろんな工夫を持って、計画どおり、進められるぐらい、飲み込める形ではやっているんですけども、このままの傾向でいくと、それすらできないと、だけれども、長寿命化計画というのはちゃんと計画立ててますからやらなければいけないと

宝塚市議会 2015-11-24 平成27年11月24日総務常任委員会-11月24日-01号

◆大川 委員  基本的には、当初予算から補正を重ねていくたびに大きくなっていく方向で、不足が何とか契約差金を出しながらこれまで調整してきたんですけれども、ちょっとそれもしんどくなってきていると。ということは、やっぱり当初の段階でぐっと絞っておかないと、なかなかこの傾向はとめられない。

西宮市議会 2013-12-16 平成25年12月16日市民文教常任委員会-12月16日-01号

先ほど部長が説明させていただきましたようにコピー用紙執行残学校はかなりコピー用紙買っておりますので、契約差金、執行残というのはかなり大きく出ております。これにつきましては1月に入ってから再度各学校のほうに配分していきたいというふうには考えております。  以上です。

篠山市議会 2013-09-03 平成25年第91回定例会(第1号 9月 3日)

款下水道総務費、1項下水道管理費、1目一般管理費208万2,000円の減額は、職員人件費79万円の減額と、下水道施設維持管理業務契約差金による委託料160万8,000円の減額、その他、平成24年度繰越金確定による減債基金への積み立てや水道事業会計への繰出金減額により、特定環境保全公共下水道管理費129万2,000円を減額するものでございます。  

宝塚市議会 2013-06-12 平成25年度予算特別委員会-06月12日-02号

じゃ、この結果を受けて、実際的にはマイナス9.3億円を財調基金で賄うわけですから、財調基金はちょっと減っていく傾向になるんちゃうかな、これを使わないとあかん状況にちょっと来たんちゃうかというふうに認識しているのか、それとも24年度決算のように契約差金になんかが出てくる場合がありますから、いやいや9.3億円は契約差金でのみ込める範囲ですよ、誤差の範囲ですよというふうに考えているのか、どんなふうに考えているのかということだけ

篠山市議会 2013-02-18 平成25年第89回定例会(第1号 2月18日)

次に、2款1項1目下水道建設費公共下水道事業建設費委託料1,210万7,000円の減額は、犬飼初田及び篠山中央地区農工団地における汚水管路実施設計業務契約差金による545万7,000円の減、及び下水道処理施設統廃合計画による全体計画策定業務委託料578万円の減額等によるものです。  

  • 1
  • 2