68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-09-09 令和 元年 9月(第 2回)定例会-09月09日-04号

例えば、国家公務員地方公務員等によるマイナンバーカードの取得、来庁者への申請勧奨及び申請受け付け、あるいは出張申請受け付けの実施、申請サポートの実施、住民への周知・広報、交付円滑化計画の策定及び進捗管理、また、マイキーIDの設定支援、そして、健康保険証としての利用のための初期設定の支援、これらの10項目を前提にした一つ目の動きが、6月28日、内閣府大臣官房番号制度担当室長らの連名で都道府県知事宛てに

伊丹市議会 2018-12-10 平成30年第6回定例会−12月10日-04号

そこで、議員質問の、市内の公共施設、また、民間建築物エレベーターの設置状況と、これらに対する平成21年9月に建築基準法施行令義務化された地震時等管制運転装置の取りつけ状況についてでございますが、本市におきましては、かねてより公共施設の新築、改修等を行う際の設計・施工監理につきましては、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の公共建築工事標準仕様書等に準拠して実施をしてまいりました。  

丹波市議会 2018-03-26 平成30年第95回定例会(第8日 3月26日)

3月10日には、春日文化ホールで有機農業フォーラムを開催し、農林水産省大臣官房参事官の天野正治さんの基調講演や、4名のパネリストとのパネルディスカッションを行いました。今回のフォーラムの開催を契機に、有機農業の底辺拡大につながることを願っております。  3月21日には、シティプロモーションの連携協定をしている株式会社うちゅうの第1回丹波宇宙教室に出席をいたしました。

神戸市議会 2018-03-23 開催日:2018-03-23 平成30年総務財政委員会 本文

4月1日から総務省に戻るということで,先ほど内示をいただきまして,総務省大臣官房の企画官として戻ることになりました。また,総務省に戻りましても国のため,そして心は神戸市のことも思いながら仕事をしてまいりたいと思いますので,また引き続き御指導のほういただければと思います。

丹波市議会 2018-03-06 平成30年産業建設常任委員会( 3月 6日)

1部の基調講演につきましては、現在、農林水産省大臣官房参事官でございます天野正治様にお願いすることとなっております。これにつきましては、環境創造型農業の可能性についてお話をいただきます。引き続き、第2部では天野さんもコーディネーターといたしまして、地域有機農業を実践される方、あるいは女性農業者、また流通業者の皆様から、丹波市の有機農業について語っていただきたいと考えております。

丹波市議会 2017-03-14 平成29年第90回定例会(第4日 3月14日)

それと、参考資料でつけました総務省大臣官房地域改善対策室が2002年3月、これつまり前の同和関係特別法が廃止されたときに、同和対策室が同和行政史というのをまとめました。その中に特別対策を終了する理由ということで3点挙げています。これを抜粋したものであります。これを一々読み上げませんけれど、この観点からいっても、全然国の方針と、これは議員立法ですかね。

赤穂市議会 2017-02-27 平成29年第1回定例会(第4日 2月27日)

先日、2月15日に西播磨市町議長会講演会の中で、総務省大臣官房審議官の方が、講演の内容として述べられているのが、地方は多くの基金を抱えていると、今現在で23.3兆円抱えている。それだけたくさん基金抱えているんだから、国からの交付金はつかないだろうと。もっと地方にある基金を使いなさいよというような講演をされたようでございます。

西宮市議会 2017-02-23 平成29年 2月23日民生常任委員会-02月23日-01号

これにつきましては、この表の下の※1を見ていただくと、廃棄物処理施設建設等の入札・契約の手引きというものが環境省大臣官房より出されておりまして、建設工事費が施設規模の0.6乗に比例するという経験則を利用して建設工事の予定価格を算出するという手法、こういう出し方もありますよということを示されております。これを使わせていただいたものです。  

洲本市議会 2016-09-21 平成28年第3回定例会(第4日 9月21日)

環境問題では、2013年4月、環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課が一般廃棄物処理有料化の手引きを作成しています。この基本方針の目的は、一般廃棄物の排出抑制や再生利用の推進、排出量に応じた負担の公平化及び住民の意識改革を進めるため、一般廃棄物処理の有料化の推進を図るべきであるとあります。この有料化を前提として、国の方針に沿った、ごみ有料化に向けた作業の推進を図っております。

神戸市議会 2016-02-06 平成28年第1回定例市会(2月議会)(第6日) 本文

この中で総務省大臣官房審議官のほうは,船員であることによる税制上の特例な措置を講ずることについては慎重に考えなければいけない課題であるという答弁がなされております。  先ほどありました不均一課税については自治体の判断で実施することは可能だということは考えております。

神戸市議会 2015-09-29 開催日:2015-09-29 平成27年決算特別委員会第1分科会〔26年度決算〕(企画調整局) 本文

それで,その後でございますけれども,まず国のほうでの推進体制でございますけれども,7月の28日に厚生省のほうで厚生労働審議官本部長とするG7の神戸保健大臣会合等開催準備本部が設置されまして,大臣官房国際課がG7国際保健大臣会合等開催準備室ということで,この国際課の中にこの準備室が設置されております。

たつの市議会 2015-09-17 平成27年第4回たつの市議会定例会(第2日 9月17日)

設計金額が高過ぎるのではとのご指摘でございますが、積算基準につきましては、国土交通省大臣官房長営繕部監修、公共建築工事積算基準に基づきまして、適正に積算をしておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。  次に、3点目のご質問の中央学校給食センター厨房設備機器のプロポーザルについてどのような選定方法で決定したのかについてお答えいたします。  

たつの市議会 2015-09-03 平成27年第4回たつの市議会定例会(第1日 9月 3日)

教育管理部長(小谷真也君)  積算につきましては、国土交通省大臣官房室の営繕部監修の公共建築工事の積算基準に基づいて積算しております。以上のようなことから、適正に積算されている金額であるというふうに考えております。 ○議長(今川 明議員)  2番山本実議員。 ○2番(山本 実議員)  設計金額が7番目が13億円ですよ。建築工事の経費いうたら20%ぐらいしかかかってないんですわ。

高砂市議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会(第 7日 3月10日)

そして事務官、そして大臣官房審議官たちといろいろ勉強させていただき、ためになる意見交換ができました。  その中で一つ、高砂市は小さな市ですが浜手に多くのすばらしい企業があるのですが、いかんせん工場です。本社あるいは本社機能の一部を、これ研究室のようなものでいいですから、こちらへの移転を誘導していただけるような税制の優遇措置をとっていただき、仕事と人の地位法への流入策をお願いしました。

西宮市議会 2014-12-04 平成26年12月(第15回)定例会−12月04日-02号

河野談話の作成は、もちろん河野氏個人によるものではなく、当時の総理大臣官房長官官房長官外務省厚生省労働省など関係省庁などが集団的に検討、推考し、内閣責任で行ったものであることも、河野、石原両氏が証言していることです。  1993年、河野談話が発せられ、以来、否定派のさまざまな攻撃がある中でも、政府の公式見解として今日に至っています。

神戸市議会 2014-03-13 開催日:2014-03-13 平成26年予算特別委員会〔26年度予算〕 (総括質疑) 本文

それで,指定管理も私,同様じゃないかと思ってましてね,ちょっと調べてみましたら,指定管理jpというこういう雑誌がありまして,2006年の1・2月号なんですが,ここでキーマンインタビューいう形で,指定管理者制度設計者,久元喜造総務省大臣官房審議官に現況と展望を聞くという,こういう少し今よりもお若い市長が出られて,いろいろ指定管理者制度について語られているわけです。

赤穂市議会 2013-12-12 平成25年第4回定例会(第4日12月12日)

○番外市民部長(児嶋佳文君) 御案内のとおり、廃棄物処理法におきましては、産廃処分場については、知事は4つの要件に適合していると認めるときでなければ許可はしてはならないというふうに規定されておりますが、この解釈につきましては、環境省大臣官房廃棄物リサイクル対策産業廃棄物課長通知によりますと、いずれの要件にも適合する場合には、必ず許可をしなければならないものと解されると。