47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加古川市議会 2020-09-08 令和 2年福祉環境常任委員会( 9月 8日)

井上恭子委員   54ページの塵芥収集事業についてですが、コロナ禍で、ごみの中にマスク等が入っていて、ごみ収集を担当されている方の感染リスクが非常に高いと思います。委託業者を含め、どのような対策を取っているのかということと、コロナ感染リスク等に対する手当などはあるのかを教えてください。

加古川市議会 2020-09-07 令和 2年第5回定例会(第1号 9月 7日)

債務負担行為の補正につきましては、塵芥収集事業では可燃物収集業務及び運搬業務委託について、今年度から令和5年度までを期間として限度額7億6,944万7,000円の債務負担行為を設定し、塵芥収集車両購入事業では今年度及び来年度を期間として限度額2,128万5,000円の債務負担行為を設定し、見土呂フルーツパーク整備及び運営事業では、今年度から令和18年度までを期間として限度額16億5,000万円

宝塚市議会 2019-03-12 平成31年度予算特別委員会−03月12日-02号

217ページでは、塵芥収集事業を6億4,613万6千円計上しています。  次に、219ページをお願いいたします。  219ページでは、塵芥処理事業を10億3,114万1千円計上しています。  次に、221ページをお願いいたします。  221ページでは、新ごみ処理施設整備事業を9,788万6千円計上しています。  以上で衛生費説明を終わらせていただきます。

宝塚市議会 2018-03-13 平成30年度予算特別委員会−03月13日-03号

211ページでは、塵芥収集事業を6億7,228万1千円計上しています。  次に、213ページをお願いいたします。  213ページでは、塵芥処理事業を9億5,315万7千円計上しています。  次に、215ページをお願いします。  215ページでは、新ごみ処理施設整備事業において、測量調査業務委託料を1,022万円計上しています。  以上で、衛生費説明を終わらせていただきます。

加古川市議会 2017-12-18 平成29年第6回定例会(第4号12月18日)

衛生費のうち、清掃費における塵芥収集事業使用料及び賃借料2,572万3,000円について増額理由をただしたのに対し、理事者から、「粗大ごみ戸別有料収集開始に伴う駆け込み排出が当初の見込みを大幅に上回ったこと、町内会等からの依頼による汚泥等収集が昨年度に比べ110件増加したこと等によるものである」との答弁がありました。  委員会は、審査の結果、全会一致原案可決と決定しました。  

加古川市議会 2017-12-08 平成29年福祉環境常任委員会(12月 8日)

木谷万里委員   47ページの塵芥収集事業の約2,500万円の増額理由と、その下の粗大ごみ戸別収集事業の1,500万円の減額理由について、それぞれお答えください。 ○松本環境第1課副課長   塵芥収集事業使用料及び賃借料の約2,500万円増の理由については、粗大ごみにつきましては、10月から戸別収集開始するということがありましたので、駆け込み排出が予想されておりました。

加古川市議会 2017-12-04 平成29年第6回定例会(第1号12月 4日)

民生費では、生活困窮者自立支援事業に係る一時生活支援事業委託料障害福祉システム改修費川西こども園等への引っ越しに要する経費職員給与費など8,189万2,000円を追加し、衛生費では職員給与費増額するほか、粗大ごみ戸別収集開始に当たり車両借り上げ費用について塵芥収集事業及び粗大ごみ戸別収集事業で増減するなど合計4,852万7,000円を追加し、労働費では、職員給与費を268万1,000円追加

加古川市議会 2017-03-08 平成29年第2回定例会(第5号 3月 8日)

衛生費のうち、清掃費における塵芥収集事業使用料及び賃借料542万8,000円の減額(後刻訂正あり)理由をただしたのに対し、理事者から、「粗大ごみ戸別有料収集平成29年10月から開始されることに伴い、家庭から排出される粗大ごみの量が大幅にふえており、今後の収集運搬費用の増加を見込んだためである」との答弁がありました。  委員会は、審査の結果、全会一致原案可決と決定しました。  

宝塚市議会 2017-03-08 平成29年度予算特別委員会−03月08日-02号

209ページでは、塵芥収集事業を6億9,579万9千円計上しています。  次に、211ページをお願いいたします。  211ページでは、塵芥処理事業を8億5,227万3千円計上しています。  以上で、衛生費説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。 ○たぶち 委員長  説明は終わりました。  それでは、質疑に入ります。質疑はありませんか。  細川委員

加古川市議会 2017-02-23 平成29年第2回定例会(第1号 2月23日)

衛生費では、塵芥収集事業における車両上料などを増額するものの、地方独立行政法人加古川市民病院機構への運営費負担金や、広域ごみ処理施設整備負担金などを実績により減額したことによりまして3億4,133万9,000円を減額し、労働費では、加古川区検察庁の旧庁舎の購入費を追加するものの、勤労者住宅融資貸付預託金などを実績により減額したことによりまして3億7,363万3,000円を減額し、農林水産業費では、

加古川市議会 2016-09-06 平成28年第4回定例会(第1号 9月 6日)

環境部長藤田正信)   まず、現在の粗大ごみ戸別収集に係る経費でございますが、環境第1課が所管しております塵芥収集事業におきまして、使用料及び賃借料ということで、車両借り上げという形で実施しております。現在、ステーション方式で年間約2,400万円の収集経費がかかっております。

宝塚市議会 2016-03-03 平成28年 3月 3日総務常任委員会-03月03日-01号

それから、67ページの塵芥収集事業ごみ収集運搬業務委託料のこれも3,850万円のマイナスですけれど、これも金額が大きいんですけれど、毎年これぐらいマイナスになるのか、その原因は何なのかちょっと教えてもらえますか。 ○三宅 委員長  影山クリーンセンター所長。 ◎影山 クリーンセンター所長  塵芥収集料委託費なんですけれども、市のほうでは基準に沿った単価等を使って設計をいたしております。

宝塚市議会 2015-10-25 平成27年度決算特別委員会−10月25日-02号

塵芥収集事業ということで、ごみ収集の件なんですけれども、これ特名随契収集のところやっていただいていると思うんですけれども、行政の方の頑張りで1世帯当たり収集単価が年々安くなってきているというのは非常にやっぱりすばらしいことだなと思います。このコスト削減の余地があるというのがこの年々単価が下がってきている部分かなとは思うんですけれども、この特名随契にしている理由をちょっとお伺いいたします。

宝塚市議会 2014-03-13 平成26年度予算特別委員会-03月13日-02号

前年度より増となったものといたしましては、健康センター管理運営事業塵芥収集事業休日応急診療所事業などが増となりましたが、一方で、減となりましたのが、塵芥処理事業病院事業会計補助金がん等検診事業などが減となりまして、衛生費全体としては減となりました。詳細につきましては、180ページから211ページに記載しておりまして、本年度予算の主なもの、新規拡充事業について順次御説明してまいります。  

加西市議会 2014-02-25 02月25日-01号

20款衛生費10項清掃費のうち、塵芥収集事業は、現在発注しております塵芥車について、納品までになお日数を要することから、840万円を限度繰り越しをするものでございます。 50款教育費30項社会教育費のうち史跡公園管理事業は、史跡玉丘古墳群整備基本計画策定業務について、平成26年度において継続して事業を実施をすることから、420万円を限度繰り越しをするものでございます。