運営者 Bitlet 姉妹サービス
25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2015-03-02 三木市議会 平成27年第328回 3月定例会-03月02日−01号 司馬遼太郎氏の「」は寄せ来る欧米列強の大波に、国を思う強い意志でもって敢然と立ち向かい、日本の国を守り抜き、国家百年の基礎を築いた明治時代の若者たちの群像を描いた歴史小説であり、先人たちに学ぶべきことははかり知れないものがあります。明治時代に生きた若者たちは、私心、私の心を捨て、ただ国を愛するという崇高な心と祖国を守り抜くという強い意志を持ち、時代を駆け抜けました。 もっと読む
2012-09-13 尼崎市議会 平成24年  9月 定例会(第20回)-09月13日−03号 このオリジナルナンバープレートは、愛媛県松山市が司馬遼太郎氏の小説「」の舞台にちなみ、雲の形をしたオリジナルナンバープレートを平成19年7月に交付されたことが先駆けとなっています。 もっと読む
2012-09-13 尼崎市議会 平成24年  9月 定例会(第20回)-09月13日−03号 このオリジナルナンバープレートは、愛媛県松山市が司馬遼太郎氏の小説「」の舞台にちなみ、雲の形をしたオリジナルナンバープレートを平成19年7月に交付されたことが先駆けとなっています。 もっと読む
2011-12-26 小野市議会 平成23年第376回定例会(第4日12月26日) あののあの人たち、あれだけの意気込みで生きられるだろうか、今の日本人がと。私はそんなことを思いながら、ちょっと市長、やや右寄りではないかなんていう人がおるんですけども、右も左もそんなことはどちらでもよろしい。やはり日本人の心とは何ぞやと。 もっと読む
2011-12-12 西宮市議会 平成23年12月(第 3回)定例会−12月12日-03号 それが積み重なっていってなるんですけども、最近、テレビで「」でやってますけども、やはり上に指揮を出す大将がおって、その下に幕僚がおるわけですけども、参謀ですね。皆さん、きのうもテレビを見られた方もおられると思うんですけども、やっぱりその参謀が作戦をきっちりできなかったらあかんわけですわ、何ぼ頭がしっかりしてても。やはりその参謀というのは副市長であり、各局長やと思うんですよね。 もっと読む
2011-12-12 西宮市議会 平成23年12月(第 3回)定例会−12月12日-03号 それが積み重なっていってなるんですけども、最近、テレビで「」でやってますけども、やはり上に指揮を出す大将がおって、その下に幕僚がおるわけですけども、参謀ですね。皆さん、きのうもテレビを見られた方もおられると思うんですけども、やっぱりその参謀が作戦をきっちりできなかったらあかんわけですわ、何ぼ頭がしっかりしてても。やはりその参謀というのは副市長であり、各局長やと思うんですよね。 もっと読む
2011-12-12 姫路市議会 平成23年第4回定例会-12月12日-04号 最後に、昨日私はNHKの「」203高地を見て涙した一人です。  学生時代から何度も読みかえした本でしたが、映像化され、新たに感動を覚えました。  私たちの先人たちに大きな誇りと先人たちが命がけで守ってこられたこの日本という国の大切さ、平和の大切さ、決して戦争を起こしてはならないという思いを改めて強く感じました。  そして同時に、参謀や指揮官の責任の重さも痛感いたしました。   もっと読む
2011-06-10 淡路市議会 平成23年第35回定例会(第7日 6月10日) 突破するには、に描かれた明治時代の日本人の柔軟な気概に学ばなければなりません。  日本人一人一人が同一主義から脱却する必要があります。そして、世界に向けて我が国社会と組織を開く必要があるのであります。  脱工業化した国が産業の中心に据えているのは、高度の知識をベースにした、付加価値の高いサービス産業であります。   もっと読む
2011-03-18 丹波市議会 平成23年第50回定例会(第4日 3月18日) ナンバープレートの聖地、4年前発行した愛媛県松山市は、文学、歴史にちなんで、小説「」によるまちづくりを進めていることから、雲をイメージしたナンバープレートを導入、村の木や市の鳥をモチーフにした三重県四日市、外国人にもPRしようということでローマ字を起用した千葉県成田市、また、まちの名所がデザインされている大阪府箕面市は、箕面の滝と紅葉は市の名所であり、ナンバープレートには滝と紅葉をモチーフ もっと読む
2011-03-10 淡路市議会 平成23年第34回定例会(第3日 3月10日) これは、どういうことでしたかと言いますと、「」ですか、こういうことをモデルにやったということもあります。これ、雲型のプレートですよね。1万台を超え、全体の14%になっているということであります。  また、山形県の東根市、あるいは天童市では、天童市は将棋の産地ですから、将棋の駒、東根市ではサクランボの名産地ということです。 もっと読む
2010-06-08 相生市議会 平成22年第3回定例会(第1号 6月 8日) 我が国は、明治維新以降、を目指して頑張ってまいりました。その目標は、おおむね達成され、次なる国の新しい形を目指すためには、明治維新以上の努力が、今、求められております。新政権には、それだけの覚悟を持って取り組んでいかれるよう、強く期待をいたすものでございます。  さて、本定例会には、平成22年度相生市一般会計補正予算など、要な議案を提出させていただいております。 もっと読む
2010-06-08 相生市議会 平成22年第3回定例会(第1号 6月 8日) 我が国は、明治維新以降、を目指して頑張ってまいりました。その目標は、おおむね達成され、次なる国の新しい形を目指すためには、明治維新以上の努力が、今、求められております。新政権には、それだけの覚悟を持って取り組んでいかれるよう、強く期待をいたすものでございます。  さて、本定例会には、平成22年度相生市一般会計補正予算など、要な議案を提出させていただいております。 もっと読む
2010-03-09 淡路市議会 平成22年第28回定例会(第3日 3月 9日) そのために、今まで淡路市と日本の国は、少なくとも昨年の末には、司馬遼太郎さんの、ああいうのが出てきたわけでしょ。今、我々が、日本がやらないといけないのは、あの気概をもって日本を再生させていかないかんという話で、多分NHKはあれを取り上げたと、私は思うんやね。  そしたら、今の富島の区画整理、あれ、私も市議会、合併して初めて知ったら、250億円ですよ。250億円かけて、再生したわけでしょ。 もっと読む
2010-03-09 姫路市議会 平成22年第1回定例会−03月09日-05号 しかし、一人当たりのGDPでアメリカを追い越した80年代、バブルを迎え、そしてバブルは崩壊し、「」を夢見て山を登り、その頂に立った途端、この国は目標を見失った。  金融市場の暴走の結果、リーマンショックは、我が国の産業界、そして一人一人の生活に大きな傷跡を残し、税収が国債発行額を下回り、財政上は65年前の終戦当時の状況にまで悪化し、そして急激な速度で少子高齢化社会に突入している。   もっと読む
2010-03-04 姫路市議会 平成22年第1回定例会−03月04日-02号 私たちは、明治時代に持っていた日本人の人間性、それは司馬遼太郎氏の「」の登場人物とは異なるものではありますが、本来、日本人は、こうした人たちによって時代形成がされてきたことを認識すべきではないでしょうか。  本市において、こうした時代の一般的日本人の考え方、心情を教育の面に生かせないか、教育の現場に取り入れられないか、青少年の教育や道徳の一助にならないかと思います。   もっと読む
2008-09-30 神戸市議会 開催日:2008-09-30 平成20年決算特別委員会第1分科会〔19年度決算〕(企画調整局) 本文 先日の本会議で,井坂議員が松山市のをテーマにしたまちづくりを例に出しまして,2010ビジョンの検証・評価と次期基本計画の進め方について質疑をさせていただきましたが,私からは,このポスト2010ビジョンを担いまして,もっと行政課題であったりとか,市民ニーズを反映した思い切った部局の再編成をしてはどうかという提案をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2008-03-14 篠山市議会 平成20年第60回定例会(第5号 3月14日) ちなみに、図書館でちょっと調べたのですが、篠山を題材にした小説がかなりありまして、例えば、司馬遼太郎の「」、ここにもありますし、「歴史と風土」という本もあります。澤田ふじ子の短編の「篠山早春譜」というのがあったり、長編の「大蛇の橋」というのがあります。新田次郎の「きびだんご侍」、これは明智光秀の母を素材にしたものでありますが、加えて江崎俊平「戦国無情」、あります。 もっと読む
2007-09-25 神戸市議会 開催日:2007-09-25 平成19年総務財政委員会 本文 あそこで作家で有名な人おりましたでしょう,「」という作家。道後温泉が今まで松山市という名前で看板,看板じゃないわね,ナンバープレート出しておったんですけれども,今あそこの原付の車のナンバープレートはみんな雲の形をしてますよ。雲の形。ちょっとインターネットで見てもうたって,こないして出てきますよ。雲,空の雲ですよ。巣を張るクモと違う。 もっと読む
2007-02-23 姫路市議会 平成19年第1回定例会−02月23日-01号 また、あなたが平等と自由な社会を語ったとき、私が公的なことに対して無関心な個人主義と新しい集権主義の危険性を話し、あなたと日本の歴史を話し合ったとき、私が司馬遼太郎の「」を語り、あなたが大きな声で笑いながら、残っていたコーヒーを一気に飲み干したことを私は忘れません。  しかし、今、この議場の議席には、あなたの姿はなく、ただ、寂寞の限りであります。 もっと読む
2007-02-14 宝塚市議会 平成19年第 1回定例会−02月14日-01号 作家の司馬遼太郎氏は、小説「」において、封建時代から明治という近代日本の扉をあけた青春群像を、坂の上にたなびく一筋の白い雲を見詰めて、その坂を一心不乱に登り詰めていく姿に例えて描きました。  今、本市に必要なことは、この坂の上に輝く夢や理想を描き、その実現に向けて、歩みを進めることと考えます。現状の閉塞感を打破し、新たなまちの創造に向けて挑戦する勇気が必要であります。   もっと読む
  • 1
  • 2