運営者 Bitlet 姉妹サービス
1846件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 例えば、地方交付金の活用などの予算的な支援措置、それから固定資産税の減額による補填などの税制による支援措置、さらに金融による支援措置、情報に関する支援措置、規制の特例措置などさまざまな支援が受けられることになっております。  その中で、この活用を受けるとなりましたら、各市町で事業計画を国のほうで承認をいただかなければならないというようなことになっております。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 市内の大学に関しては、それぞれの事務局長に個別に地方推進室から依頼し、ひめじ創生カフェへの参画を依頼した。また、播磨の学校校長会にお願いして、今回、高校生にも参画してもらっている。 ◆問   総合計画の中で、「夢前川流域における河川空間の活用」をうたっているが、どのような活用をしているのか。また、「企業版ふるさと納税制度の活用」について、内容を説明してもらいたい。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 国は、学校と地域が一体となって地方に取り組めるよう、平成28年1月、次世代の学校・地域創生プランを策定しています。  その中で、地方の推進には、学校と地域が相互にかかわり合い、学校を核として地域社会が活性化していくことが必要不可欠であるとの考えのもと、学校・地域それぞれの視点に立ち、次世代の学校・地域両者一体となった体系的な取り組みを進めていくこととしています。   もっと読む
2018-11-29 赤穂市議会 平成30年総務文教委員会(11月29日) この地方交付金については、要するに国が支援して、その事業というのが先駆性のある取り組みをやるそうですが、地域再生計画をつくるとか。違うんか。済みません。 ○奥藤委員長  よろしいですか。  竹内委員。 ○竹内委員  15ページ。寄付金の赤穂ふるさとづくり寄付金、この5,000万円についてお伺いします。 もっと読む
2018-11-26 宝塚市議会 平成30年11月26日産業建設常任委員会-11月26日-01号 ◎政処 宝のまち創造室長  今、寺本委員おっしゃっていただいた、後の機能追加といたしまして、メッセンジャー機というところで流れている映像に英語の字幕スーパーが出るようになりまして、登場していただく有名な作家さん、漫画家さんの数もふやした中で、英語表記の通訳ができる状況で見られるというのが1つありますのと、今年度、携帯のアプリを使って、外国人の方も少し楽しんでいただけるような機能追加を、これは国の地方 もっと読む
2018-11-22 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第1日11月22日) このような状況の下、本市におきましては、総合計画の都市像である「人が輝き 自然と歴史・文化が薫る やさしいまち」の実現を目指し、人口減少社会においても特色のある地方を総合的に推進するため、個々の事業における費用対効果、必要性、優先順位の検討、選択と集中及び検証を行い、特に赤穂市総合戦略に示された4つの基本目標の事業に重点的に取り組み、市民福祉の増進に努め、誰もが希望と誇りを持って住み続けたいと思 もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 I.地方・人口減少社会への対応につきまして,(1)県市協調及び近隣市町との地域間連携による地方効果の拡大として,地方版総合戦略の具体的効果を高める県市協調の取り組みの推進及びひょうご地域創生地域交付金に係る予算額の確保及び近隣市町との地域間連携の取り組みの推進を要望いたします。   もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 また、SDGsの達成に向けた取り組みを推進することにより、地域の活性化を図り、地方の実現につなげていくことができるものと考えており、今後、そうした認識に立って取り組んでまいります。   もっと読む
2018-09-26 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第4日 9月26日) さらに、国庫支出金である社会資本整備交付金は1億1,100万円の減、地方加速化交付金は4,500万円減など、国の地方というのはかけ声だけで、懸命に努力をしている地方自治体に対しての財政上の手当は冷たいほど削減あるのみで、断じて許すことはできません。  人口減少や合併算定替えによる地方交付税などの減額は、地方自治体の財政運営を圧迫するだけでなく、地方の活性化を支援することにはなりません。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 国に言われるまでもなく、地方の必要性を一番感じているのは地方自治体であり、それぞれの地域特性、強みを生かし、弱みを補強する「オンリーワン」の施策展開こそが、地方分権であり地方であります。そのために特に優先する重点施策は、次の7点であります。  1つ目は、新庁舎の移転新築と現庁舎の敷地などの跡地利用を含んだ都市機能のさらなる整備であります。 もっと読む
2018-09-20 姫路市議会 平成30年9月20日総務分科会−09月20日-01号 ◎答   姫路・石巻縁事業は、平成28年から30年の3年間で国の地方交付金をもらって実施しているもので、事業内容は姫路と石巻の物産品を合同でPRするものである。石巻の名産品の知名度と姫路の物産を売る力を合わせることで、お互いに販路開拓のメリットがあると考えている。先日は仙台のほうでPRを行った。  また、交流事業として、子どもたちに石巻から姫路城マラソンに来てもらった。 もっと読む
2018-09-18 姫路市議会 平成30年9月18日経済観光分科会−09月18日-01号 ◆問   スポーツコミッションの関係で、地方推進交付金を受け取って、オリンピアン等による講演体験事業を行うという話があった。  オリンピック・パラリンピックに向けての全国的な流れだと思うが、本市もさまざまな形で努力し、著名なアスリートを呼んだり、いろいろなスポーツ教室を開催したりしていると思う。   もっと読む
2018-09-12 姫路市議会 平成30年第3回定例会-09月12日-04号 このほか、条例の主旨をより反映させるため、平成29年度からは内閣府の地方推進交付金の採択を受けまして、「酒米の王様・山田錦を擁する日本酒のふるさとはりまプロジェクト」としてさらにブランド化を図るとともに、「はりまの酒」として、地理的表示制度、いわゆるGIの取得に向けた取り組みも支援をしております。   もっと読む
2018-09-12 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第3号 9月12日) 地方へ、地域経済のデータを分析し、「見える化」を進め、より的確な施策を実行する取り組みが広がっています。「見える化」する利点について、中村良平岡山大特任教授は、次のように話をされています。  例えば、地域に立地する製造業の受注の増加が、どの程度地域に波及しているのかは、数値にしないとわからない。数値で「見える化」することで、下請企業などへの波及効果を分析できます。 もっと読む
2018-09-12 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第3日 9月12日) そこで今年度は、サイクリストをメーンターゲットに据え、岬町とともに国の地方推進交付金を活用し、大阪湾をつなぐ!広域型サイクル・ツーリズム計画として社会実験運航を行うことに至った次第でございます。  岬町でも、大阪府がサイクリスト向けにさまざまな取り組みを進めていることもあって、この動きを積極的に取り入れての運航の運びとなった次第でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-11 西脇市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月11日) ○村岡委員   中川委員と同じで、68ページの地域公共交通網形成計画策定事業と、70ページの地方関連事業です。 ○東野委員長   ほかにございませんか。 ○浅田委員   78ページTMO支援事業でお伺いいたします。 ○東野委員長   ほかございませんか。 ○村井公委員   48ページの人件費事業。 ○東野委員長   人件費事業。 もっと読む
2018-09-10 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月10日-02号 一方で、人口減少・少子高齢化の中、国の示す地方のかけ声のもと、「地域から元気に。」を合い言葉に、姫路市北部農山村地域の活性化の取り組みやがんばる地域応援事業、さらに特別指定区域制度を活用して、人口減少に歯どめや地域活性化のための取り組みも行われています。  姫路市小中学校適正規模・適正配置検討審議会は、現在3回の議論を終えるところですが、委員からも「審議の進め方が拙速ではないか。」 もっと読む
2018-09-07 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第1日 9月 7日) 次に、第65款県支出金では、農業土木施設災害復旧費補助金やひょうご地域創生交付金、いわゆる県版地方交付金の交付額確定増などにより1億3,695万8,000円を追加しております。  次に、第75款寄附金では、ふるさと納税・ふるさと洲本もっともっと応援寄附金の増などにより2億0,746万8,000円を追加しております。   もっと読む
2018-09-05 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 5日) 平成29年度の赤穂市の財政運営につきましては、人口減少社会においても、特色ある地方への取り組みを総合的に推進するため、財源の充実確保と、行財政の健全運営に配意しながら、赤穂市総合戦略に基づきます事業の展開を図ったところであります。  歳入面におきましては、事務事業の実施に伴う特定財源の確保に努める中、地方交付税の減収などがありましたが、所要一般財源を確保することができました。 もっと読む
2018-09-05 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第2号 9月 5日) この取り組みにつきましては、人口減少やグローバル化に対応して地方の新たな仕組みや戦略が必要であるという観点から、タブレット端末を利用した取り組みを企画政策課で担当しておられ、国の施策として、観光先進国を目指す動きもあり、三木市でも地域資源と魅力を世界に発信し、需要やニーズを把握しながら、外国人に対する受け入れ態勢の構築をしようとされておられます。   もっと読む