40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

播磨町議会 2020-11-30 令和 2年12月定例会(第1日11月30日)

款総務費、1項総務管理費、6目企画費事業番号0000724地方バス等公共交通維持対策事業の18節負担金補助及び交付金753地方公共交通新型コロナウイルス対応型運行支援補助金は、新型コロナウイルス感染症対策として、車内の密度を上げないように便数等に配慮した運行に取り組む地域公共交通事業者に対して、兵庫県と県内市町共同補助を行うものです。  

稲美町議会 2019-03-04 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日)

そして、3番、加古川市では、加古川地方公共交通会議神姫バス加古川駅北口から神野駅前線の運航休止を受けて、代替策かこバスミニ山手ルートを延伸することで合意しています。また、明石市予算では、高齢者対策外出支援のため、市のコミュニティバスたこバスで70歳以上の運賃を無料、タクシー券配布は倍増し4,000円とする施策を組んでおられます。

神戸市議会 2019-02-20 開催日:2019-02-20 平成31年予算特別委員会第2分科会〔31年度予算〕(環境局) 本文

第1条の目的のところに大体書いてあるんですけども,規制改革会議の中で,民営化をしましょう,しましょうという議論の一方で,じゃあ地方公共交通意義というのは何なのかという議論があったので,こういう話が出たんです。  今申し上げたことを1個1個,もう1回言っておきますね。

稲美町議会 2018-12-13 平成30年第252回定例会(第2号12月13日)

経営政策部長藤田浩之)  先の地方公共交通会議では、稲美町が目指すデマンド型乗合タクシーはこういうものですよ、こういった経過で神姫バスとはいろいろ協議も進めて、今現在にありますよということでお話をさせていただいております。丹波市の例も聞いておりますし、交通アクセス検討会の中でも、またその後でも丹波市の例はいろいろ見てきたり話をお聞きして調査研究はしております。

尼崎市議会 2018-09-12 09月12日-02号

現在、国土交通省重点施策として、コンパクト・プラス・ネットワークと題して、人口減少高齢化が進む中、特に地方都市においては、地方の活力を維持するとともに医療、福祉、商業などの生活機能を確保し、高齢者が安心して暮らせるよう、地方公共交通と連携してコンパクトなまちづくりを進めることが重要だと平成25年秋から検討を進め、現在、国土グランドデザイン2050として示されています。

神戸市議会 2018-03-08 開催日:2018-03-08 平成30年予算特別委員会第2分科会〔30年度予算〕(交通局) 本文

第1条の目的のところに大体書いてあるんですけども,規制改革会議の中で,民営化をしましょう,しましょうという議論の一方で,じゃあ地方公共交通意義というのは何なのかという議論があったので,こういう話が出たんです。  今申し上げたことを1個1個,もう1回言っておきますね。

稲美町議会 2018-03-08 平成30年度予算特別委員会(第1号 3月 8日)

また、デマンド型の路線競合の問題にしましても、なかなか進まない状況でありますけれども、少しでも動きそうな兆しが見えましたら、そこは何度も地方公共交通会議を開きまして、詰めた話を何度も重ねていきたいと思っておりますけれども、なかなかその状況が見えない状況では、ただ単に回数を増やしたということだけではなかなか前進しないのではないかというふうには考えております。  

淡路市議会 2017-05-30 平成29年第67回定例会(第5日 5月30日)

地域交通についても、地方の鉄道、公営バスコミュニティーバス、LRT、離島航路、フェリーなど生活に欠かせない地域公共交通維持していくために、規制緩和など、市場競争万能路線を改めて、国と地方公共団体事業者等の責任と共同により地方公共交通維持するために必要な財源を確保すべきであるというふうに考えているところであります。  

淡路市議会 2017-05-29 平成29年第67回定例会(第4日 5月29日)

都市整備部長(井戸 弘)  らくらく号の変更等につきましては、また運行事業者協議した中で、地方公共交通会議の中で、ルート変更とかをまた協議した中で検討させていただきたいなと思っております。  以上です。 ○議長(松本英志)  廣田克子君。 ○8番(廣田克子)  そして、全てのことは町内会のほうへ要望を出してくださいと。

赤穂市議会 2017-02-20 平成29年第1回定例会(第3日 2月20日)

番外地域活性化推進担当部長永石一彦君) 路線バスICカード導入負担金のことでございますが、これにつきましては、今、地方公共交通維持確保というのは重要な課題であるというふうに認識しておりまして、ICカードが主流である、現在はJR播州赤穂駅を玄関口とする赤穂市のエリアでは、まだICカード導入されておりませんので、導入することによって、JRの二次交通アクセス利便性向上ということが図られるというふうに

稲美町議会 2016-09-19 平成28年度決算特別委員会(第1号 9月19日)

この間質問した中でも、やはり地方公共交通会議での話の中でいうことで出てきておりますので、この内容で質問させていただきました。  ただ、ちょっと関連になるかと思いますが、先ほど言われたこのデマンド型交通地域交通についての会議は、もうひとつ会議名を先ほどちょっと言われたんですけど、もう一度教えていただけますか。

播磨町議会 2016-09-15 平成28年度決算特別委員会(第1日 9月15日)

次に、事業番号0001046、コミュニティバス運行事業ですが、地方公共交通会議において承認された計画書によりまして、コミュニティバス導入に向けた実証運行を行うものであります。事業者策定に当たりましては、これまで公募型プロポーザル方式による募集を3度行いましたが、実証運行事業者の決定に至りませんでした。

尼崎市議会 2015-12-02 12月02日-02号

これは、少子高齢化の進展など社会の動きに加えて、今年度末で尼崎バス民間事業者路線移譲するなど、尼崎市の地域交通を取り巻く環境が変化しようとしている状況にあること、また、国において平成25年12月に交通政策基本法が公布、施行され、交通に関する施策策定及び実施について、地方公共団体の責務とされたほか、平成26年11月には地方公共交通活性化再生法が改正され、交通基本法基本理念にのっとり、地方公共団体

養父市議会 2015-09-18 2015年09月18日 平成27年第74回定例会(第5日) 本文

今回、地方公共交通活性化及び再生に関する法律の一部改正に伴いまして、地域公共交通総合連携計画につきましては、法定計画ではなくなったとされております。地域公共交通総合連携計画につきましては、平成23年度末で計画期間は終了してございますが、市としましては継続してその考え方を引き継ぎ、路線維持を図っていきたいと思っております。

播磨町議会 2015-09-09 平成27年 9月定例会 (第3日 9月 9日)

○理事(角田英明君)(登壇)  費用対効果というようなお話もございますけれども、きのうも少しお話をさせていただきましたけれども、地方公共交通を考える上での基本的な考え方というのがあるというふうに思います。公共交通としては、まちづくりにどれだけ貢献できるのかというようなことと、それのネットワーク化されてこそ、その役割を発揮する。

播磨町議会 2015-03-12 平成27年度予算特別委員会 (第1日 3月12日)

13節委託料の002地域公共交通システム導入検討業務委託料は、昨年度に実施いたしました路線バスタクシーなどの地域公共交通に対する意向調査の結果に基づく地域公共交通会議の審議も踏まえ、地方公共交通の充実と利便性向上を図るための地域公共交通システム導入を進めるものでございます。

姫路市議会 2014-09-26 平成26年9月26日一般会計決算審査特別委員会−09月26日-01号

要望   地方公共交通会議について本市職員を会長にするのではなく、もっと第三者が委員となるよう見直してほしい。 ◆問   コミュニティバス検討する場合、地元議員会議に参加しているのか。 ◎答   地区分科会等には参加してもらっている。 ◆意見   地元議員が一番地元意見を聞いている。地元議員に積極的に協力してもらい、意見を述べてもらうことが重要である。

  • 1
  • 2