1670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-08-07 令和 元年 8月 7日総務常任委員会−08月07日-01号

9ページの下段に共通返礼品についての説明がありますが、真ん中の地図ですね、県が設定する県下市町村の共通返礼品につきましては、今月1日より兵庫県のほうで、神戸ビーフ、清酒、お米の3種類で地域資源認定を行って、兵庫県でもこの制度の活用が始まっております。  10ページは、本市のふるさと納税の寄附金の使い道でございますが、現在は11のメニューがございます。

西宮市議会 2019-07-02 令和 元年 7月 2日総務常任委員会−07月02日-01号

ここでは、甲子園エリアについて、交通利便性が高く、広域からの大型集客施設が立地するといった地域の概要と、甲子園球場や他のスポーツ施設、自然海浜などの地域資源のほか、現状の課題として、鳴尾地区の人口や高齢化の推移が紹介されております。  次に、4ページをお願いいたします。  

姫路市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会−06月25日-04号

当局の答弁によりますと、自治会やPTAなど既存の団体地域づくり専門のアドバイザーを交えたワークショップ等を開催し、地域夢プラン事業で発掘した地域資源をもとに地域の将来像をつくっていこうと考えている。  また、本市の再任用職員を専門員として配置し、これまでの業務経験を今年度に開催される実証実験に生かしていきたいと考えている、とのことでありました。  

香美町議会 2019-06-20 令和元年第112回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月20日

この前のふるさと香美の6月号ですか、この中にも地域資源をさらに魅力あるものにするんだということで、林業振興、ここでも森林バンク制度、間伐などの森林整備を行うことにより森林資源の適切な管理を推進していきますというふうにあります。私がここを読んだときに、本当に、今、制度は確かに森林バンク制度の中身、あくまでも山を整備する法律であります。これは間違いなくここに書いてあるとおりです。

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

大学の理念、舞台芸術の学習で得た能力基礎として、地域協働し、多彩な地域資源を生かし、芸術文化を通じた新たな価値を創造できる職業専門人材育成するとともに、イノベーション地域課題を解決するプラットホーム機能を発揮し、地域の発展と反映、ひいては、世界に貢献する大学を目指す。平田オリザ氏が学長予定の全国初の演劇が本格的に学べる大学であると。インターネットのほうでも、ここに出ております。  

篠山市議会 2019-06-19 令和元年第120回水無月会議( 6月19日)

さらにライフステージに則した雇用の場を提供していくためには、地域資源を生かして、産業を育てていかねばなりません。  我が市の魅力はたくさんあり、観光資源も豊富な町ですから、町に人の流れがふえれば、必然と飲食店がふえ、宿泊先も必要となり、雇用が生まれます。それは、交通機関の充実にもつながっていきます。「世界のみなさん、こんにちは。

豊岡市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第3日 6月18日)

人口減少の中、地域は慢性的なプレーヤー不足であり、担い手ややる気のある方が実は貴重な地域資源であるというふうに思います。いかにしてやる気の芽を育み、伸ばし、そしてふやしていけるかが、人が減っても活力ある地域づくりの鍵であると思います。今議会では、何人か新しく部長が登壇されます。自分らしさを前面に出してしっかりと存在感を示してほしいと思います。  

姫路市議会 2019-06-13 令和元年6月13日厚生委員会−06月13日-01号

◎答   これまで実施してきた地域夢プラン事業で、それぞれの地域地域資源を生かした行事イベントを実施しているほか、地域資源発掘調査検証を行っていることを踏まえて、新たに地域のビジョンをつくり上げていくために20万円という費用を計上した。 ◆問   地域活動の充実に向けた取り組みについて、当局は具体的にどのようなイメージを持っているのか。

姫路市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会−06月10日-02号

権現山古墳は、市長の所信表明で述べられた、地域夢プラン事業などにより掘り起こされた貴重なオンリーワンの地域資源となっております。姫路市が市指定文化財保護に努めていかなければ、文化財としての姿が喪失します。当局のご所見をお聞かせください。  以上で第1問を終わります。 ○阿山正人 議長   清元市長。 ◎清元秀泰 市長  (登壇)  常盤議員のご質問中、市長の所信表明についてお答えいたします。  

丹波市議会 2019-06-06 令和元年第101回定例会(第2日 6月 6日)

次に2点目、市民活動支援センターの指導や講座等と組み合わせて地域事業のマネジャーを育てるコミュニティビジネス担い手型の地域おこし協力隊を募集してはどうかということでございますが、自治協議会を中心に地域資源を生かした特色ある地域づくり事業が展開される中で、持続可能な取り組みにするためには、ビジネスの手法を取り入れたコミュニティビジネスは非常に有効な手法であるこのように考えております。

伊丹市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会−06月06日-02号

加えて、新たな返礼品として地域産業の振興に寄与する地場産品を念頭に置きながら、市内で実施するイベントなどの体験型サービス、並びに現在、兵庫県地域資源の振興のための認定に向けて準備を進めております但馬牛、神戸ビーフなどの兵庫県産のブランド産品などを追加するとともに、これまでふるさと納税に協力してくださった方との継続的なつながりを持つための取り組みを積極的に進めるなど、本市の地域活性化に向けて、これまで

篠山市議会 2019-06-04 令和元年第120回水無月会議( 6月 4日)

多くの地域資源教材として活用し、学校教育社会教育の連携を積極的に行い、学習機会の提供と充実を図ります。体験学習の拠点、調査研究施設としての「太古の生きもの館」では、「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム構想」に基づき、丹波市や人と自然の博物館と連携して、化石発掘体験イベントや市内全小学校を対象とした校外学習プログラムを実施します。  

姫路市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会-06月03日-01号

都心部と周辺地域が緊密にネットワーク化された多核連携型の都市構造のもと、魅力ある地域資源を活かした市域全体の活性化に取り組みます。プレミア感のある滞在型観光の振興やものづくりにとどまらない多分野での産業振興、夢や感動を生み出すスポーツ文化振興に努めるほか、くらしを支える都市基盤の整備と、持続可能な市政運営を可能とするための行財政改革等を進めてまいります。  

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

当局の答弁によりますと、具体的な活動内容は、それぞれの地域が持つ地域資源や課題によって異なることから、これまで本市で行われてきた提案型協働事業等から幾つかの具体例を提示するほか、既に実績のある先進市において取り組まれている活動の紹介を行い、それらを参考に各地域から具体的な提案をしてもらい、共同して実施していきたい、とのことでありました。  

上郡町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第6日 3月25日)

○企画政策課長(宮下弘毅君) これにつきましては、播磨科学公園都市の定住自立圏の負担金事業でございまして、上郡町が音頭をとりまして、圏域全体に広がる観光資源地域資源を発信するためのものでございまして、上郡町が負担するんですが、財源は全てたつのからの負担金と御理解いただいたらと思います。 ○議長(山本守一君) 梅田君。