45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日総務常任委員会-11月08日-01号

◆中尾孝夫 委員   前回の本件についてのやりとりの中で、地域力の向上、例えば地域自治の話をさせてもらいました。その折にやの委員が、まちづくり協議会とはどんな関係にあるのか、何なのかというふうな質問をされました。それに対して、私はちょっと間違ったような返答をしたかもしれません。

西宮市議会 2019-10-10 令和 元年10月10日総務常任委員会-10月10日-01号

その一つが、ここで言う地域自治というふうなことです。地域自治地方自治法に規定されていることでありまして、各地区の住民の総意を得て、行政も入って一つの協議会みたいなのをつくって、そして、それをその区単位の中で行政に反映していくという、こういう制度ですけども、なかなかこれは難しいけれども、全国的にはそれをやっている市もあります。そういうような形にし ていくべきではないか。

西宮市議会 2019-09-12 令和 元年 9月12日総務常任委員会-09月12日-01号

ここで書いている地域自治地方自治法で規定された一つの仕組みですので、それをもし導入すれば、地域代表、もちろん役所代表、それで一つの集まりをつくって、そこでいろいろ行政について勧告というんですか、そういったものができる。それも尊重せないかんというふうなシステムなんですけども、こういったものはやっぱり形としてしていくべきと違うのかなというふうに思うんですね。

西宮市議会 2019-08-07 令和 元年 8月 7日総務常任委員会−08月07日-01号

それと、一番最後に言われておった地域の人たちと一緒に物事を考えてやっていくというのは、私がよく指摘しているのは地方自治法で書いてある地域自治という制度なんですね。これは、きちっと地方自治法に規定されておって、それぞれのエリアの中で住民代表役所代表が一つの協議会のようなものをつくって、そして熟議を重ねて、それを施策に反映するという、法的にそういう制度があるんですね。

西宮市議会 2019-02-28 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号

地域住民の意見を反映させつつ市長権限の分掌事務を処理するという、地方自治法第202条の4に規定する地域自治の設置が5次総にうたわれておりません。地域自治はその発言とマッチするように思われますが、どう考えているか。課題としている支所機能の考え方についてもあわせてお尋ねいたします。  2番目は、公の施設使用料の算定方法についてであります。  

香美町議会 2015-12-16 平成27年第89回定例会(第3日目) 本文 開催日:2015年12月16日

まず第1に、1、地域創生に向けて協働のまちづくり体制を強化すべきということで、地域自治における地域議会地方創生にフル活用すべきではないかということで、地域議会活動の充実、それから、協働のまちづくりの核として、形式的な諮問だけではなく協議会独自の活動ができる体制整備をぜひするべきではないかなと思っております。  続いて、各自治区と区長協議会地域議会の連携強化が必要ではないか。

香美町議会 2015-12-03 平成27年第89回定例会(第1日目) 本文 開催日:2015年12月03日

6ページの第2節、地域自治でありますが、合併協議で締結された地域自治の設置、その事務所である地域局、審議機関である地域議会についてその役割等について記載をいたしております。  7ページの第3節、歴史は、本町合併前の町域の変遷について記載をいたしておるところでございます。  

香美町議会 2013-12-12 平成25年第75回定例会(第2日目) 本文 開催日:2013年12月12日

◎徳田喜代子(4番) 体の不自由な方々がそういう避難をするということは、各地域自治で区長さんも把握していらっしゃると思いますが、近い将来南海トラフ大地震が発生するというふうに言われておりますが、国でも、去る11月22日に南海トラフ法というのが成立して津波対策支援には動き出した感がありますが、災害はいつ起こるかわかりませんので、私たちは、阪神大震災や3・11を教訓にして地震津波台風に対する風水害

豊岡市議会 2013-03-11 平成25年第1回定例会(第2日 3月11日)

地域議会の例にもお触れいただいたんですが、地域議会というのは、これは地方自治法で規定されておりまして、地域住民の意見を行政に反映させるため、自治体がつくる、地域自治ごとにもうける協議会。主な権限としては、首長等により諮問されたものについて審議し、意見を述べるというものでございまして、言うなれば、行政をやることについていろいろと地元の意見を言うということに実はとどまるものです。

香美町議会 2012-06-07 平成24年第66回定例会(第2日目) 本文 開催日:2012年06月07日

基本的には、やはり町が主導ということでなくして、町民と一体となってまちづくりをするということでございますので、今提案のありましたようなことに関しましても、やはり地域自治が一体となって、それに対して町も支援をしていき、その区が一体となった協力をしていただけるという方向というのが、今後そういう協働のまちづくりというものにつながっていくという考え方でございます。

姫路市議会 2011-12-12 平成23年第4回定例会-12月12日-04号

現在、制定を準備されております自治基本条例が予定されているわけでございますが、これを契機に、市民の自治意識が醸成されたときに、初めて地方自治の本旨の具体化としての住民自治、住民にも最も身近な課題を対象とする行政を住民自らが行うものとできるものとして考えておりまして、将来的にはまさしく議員の言われる総合計画地域ロックを原則基本地方自治法202条の4の地域自治及び第202条の5の地域議会の設置

香美町議会 2011-12-07 平成23年第62回定例会(第2日目) 本文 開催日:2011年12月07日

そういう中で、町は町長の権限に属する事務を分掌し、及び地域の住民の意見を反映されつつ、これらを処理するため、旧町の区域にあって、区域ごとに地域自治を設置したということになっておりますし、地域議会においては、地域自治の設置に関する協議ということの中で、協議の権限を規定しとるわけでございます。

淡路市議会 2011-06-02 平成23年第35回定例会(第5日 6月 2日)

次に、地域審議会の今後といいますか、自然消滅を迎えようとするのか、そのあり方を見直そうとしているのか、または地域自治について、導入していこうとしているのか、お尋ねをしていきたいと思います。  3点目としましては、たこフェリーの休止問題の経過、跡地利用計画、それに伴う高速バス便の創設について、お尋ねをしていきます。  それでは、第1点目から入らせていただきます。  

伊丹市議会 2010-09-22 平成22年第4回定例会−09月22日-04号

総計の基本構想にある地域主権住民自治の理念はそのとおりでありますが、仮に伊丹市が名古屋市のような地域自治を推進するのであれば、さまざまな課題も考えられるところです。  その課題の1つ目は単位についてです。基本構想では小学校区が単位となっていましたが、果たして伊丹市の場合、それが妥当なのでしょうか。

丹波市議会 2010-09-14 平成22年第44回定例会(第5日 9月14日)

やっぱり、そういうことを考えますと、例えば、前にも言いましたけれども、フィールドワークでやっぱり現場に入って、その地域の人と住民と一体となったようなもの、きめ細かいそういう防災マップ、だからその地域自治によっては、その自治区で決められたその場所へ避難するというようなことではなくて、逆に言えば、隣の村のそこに行ったほうが安全ですよというような場合もあるわけですから、これはやっぱりそういう中には行っていただいて

豊岡市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第2日 3月 8日)

糸魚川市では世界ジオパークの取り組みとジオパークを活用した交流人口拡大について、また上越市では市町村合併を契機に自治基本条例を制定し、旧市町村単位に地域自治を設置して地域固有の歴史、伝統、文化をそれぞれの地域において守り、生かすことで地域の活性化を促す取り組みが進められていました。  

豊岡市議会 2009-12-07 平成21年第8回定例会(第2日12月 7日)

そこで、地域における行政課題の検討、協議や行政との窓口機能として地域の意見を取りまとめたり、住民との協働によるまちづくりを進める機能を主体的に担ってもらえるような組織、具体的には小学校区、あるいは公民館単位に地域自治を構成して、そこに地域議会を設置することについてのお考えはないか、お聞かせをください。  またその際、集落支援員の導入方針についてもあわせて方向性をお聞かせ願います。