19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

尼崎市議会 2020-06-10 06月10日-02号

そういった中で、感染対策に十分留意しながら、今まで以上に平時の際の地域コミュニティーの絆を深めていただけるように、学びの機会や交流の場の確保、地域発意事業活性化等、また、災害時などの有事の際の取組にもつながるような見守り活動、こういったことについて、地域振興センターも一緒になって応援していけるように取り組んでまいる所存でございます。 ○副議長岸田光広議員) 宮城亜輻議員

尼崎市議会 2020-03-06 03月06日-03号

自治まちづくりに向けた地域振興体制の再構築についての考え方がまとめられ、地域発意取組が広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり地域とともにある職員づくりが柱として示されております。 ここでお伺いします。地域とともにある職員づくりとは、具体的にはどのような職員像を描かれているのでしょうか。イベントに参加するだけの職員では全く意味がないと考えますが、お考えをお聞かせください。 

尼崎市議会 2020-02-21 02月21日-01号

お互いの支え合いや地域コミュニティー重要性など、震災での経験、教訓を再認識するなかで、地域発意による取組地域力向上のための活動促進に力を入れていきたいと考えています。 令和2年度は、地域における防災体制の充実を支援する取組として、避難行動支援者避難場所位置情報を地図上で可視化できるシステムを導入し、災害時の支援関係者に対する迅速な情報提供体制構築を進めます。 

尼崎市議会 2019-09-13 09月13日-04号

地域発意による課題解決魅力向上取り組みを支援できている。こういう姿を目指しているのであります。 私の地元でも、大庄北生涯学習プラザが開設され、いよいよ本格運用となったわけであります。しかし、いざスタートしてみれば、尼崎自治まちづくり条例に沿った観点が全職員に理解されているのかと疑問というより不安になった点が散見されましたので、まず、施設面から指摘をしておきたいと思います。 

尼崎市議会 2019-09-12 09月12日-03号

ともにまちづくりを進めますとして、地域発意学びや活動支援、1、特色ある地域活動推進事業、2、生涯学習事業や小学校41校区に地域担当職員を配置して、地域学び活動を促進して地域課題解決に向けた取り組みを支援する、また、地域で育ち経験を生かす地域とともにある職員の育成としての研修事業があります。本市職員を飯田市に派遣して、稲村市長が積極的に進めている事業であります。 

尼崎市議会 2019-02-21 02月21日-01号

これらの取り組みにより、これまで実施されてきた活動はもとより、地域発意による課題解決魅力向上に向けた活動を支援していきます。そうした活動のアイデアや、ともに取り組む関係が生まれるような学び交流場づくりなどに地域予算を活用していきます。 31年度は、自治まちづくり推進に向け、総合政策局を新たに設置するなど、市の組織体制についても機能強化を図ります。 

尼崎市議会 2018-06-07 06月07日-03号

今取り組もうとしている地域振興体制の再構築取り組みは、そうした課題を乗り越え、従来の施策分野や官民の垣根を越えて、それぞれの持つ力がより発揮される基盤を築いていくため、地域発意取り組みが広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり地域とともにある職員づくりという3つを柱として取り組みを進めようとしているものです。 

尼崎市議会 2018-03-08 03月08日-04号

さらに、地域発意取組が広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり地域とともにある職員づくりという3つ観点から、まずは職員地域に密着し、あらゆる分野地域関係団体等をつなぐ役割を担うとともに、公民館地区会館といった施設区別を乗り越えて、学びきっかけとした活動の場を広げていく環境づくりを進めていく、そのためには、行政職員がそれにふさわしい体制行動をとっていかなければならない、このようにしています

尼崎市議会 2018-03-07 03月07日-03号

稲村市長は、施政方針の中で地域振興体制の再構築に取り組んでいくとした中で、地域発意取り組みが広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり地域とともにある職員づくりという3つ観点から、まずは職員地域に密着し、あらゆる分野地域関係団体等をつなぐ役割を担うと述べられ、また、行政運営に関する箇所では予算職員定数に限りがある中、より効率的な行政運営が求められている一方で、公共に対するニーズが高

尼崎市議会 2018-02-23 02月23日-01号

地域発意取組が広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり地域とともにある職員づくりという3つ観点から、まずは、職員地域に密着し、あらゆる分野地域関係団体等をつなぐ役割を担うとともに、公民館地区会館といった施設区別を越えて、学びきっかけとした活動の場を広げていく環境づくりを進めていきます。 

尼崎市議会 2017-12-07 12月07日-03号

今回の素案におきましても、地域発意取り組みが広がる環境づくり地域を支える新たな体制づくり、また、地域とともにある職員づくりという3つの柱を掲げておりますが、これは地域発意、つまり市民自主性主体性を尊重いたしますとともに、それを行政体制として、また職員として支えていこうとするものでありまして、こうした考え方のもと、さらに自治まちづくりを進めてまいりたいと考えております。

尼崎市議会 2017-12-06 12月06日-02号

今後につきましては、素案でお示しをいたしました3つの柱、1つ目地域発意取り組みが広がる環境づくり2つ目地域を支える新たな体制づくり3つ目地域とともにある職員づくりといった内容に沿いまして、市民の皆様の御意見等をお聞きする中で、実施に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。 ○議長丸岡鉄也議員) 岩田副市長

西宮市議会 2017-09-08 平成29年 9月(第10回)定例会−09月08日-03号

文教住宅都市らしい快適で美しい住環境や町並みの保全・向上のためには、地域主体となった地区計画の策定が、将来を見たまちづくり取り組みに欠かせませんが、地域発意により策定した地区計画面積は、全市街化区域面積の約9%となっております。また、近年、これらの取り組みに至る地区はわずかであり、このことが今後の課題であると考えております。

宝塚市議会 2013-06-04 平成25年 6月 4日産業建設常任委員会−06月04日-01号

◎西本 都市計画課長  安場団地は、過去に大岩谷と鶴見台と同様に、地域発意の中でまちづくり活動をして地区計画の導入に向けた動きが実はございました。ただ、その後、地域の中でなかなかその結成がうまく至らず、今現在まちづくり活動というのは行われていない。地区計画のほうは導入いたしておりません。  以上でございます。 ○たぶち 委員長  ほかに確認はありませんか。  藤本委員

  • 1