運営者 Bitlet 姉妹サービス
11557件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月21日-06号 次に、教育費では、私立幼稚園就園奨励費対象の年齢別園児数と見込みを上回った園児数が問われるとともに、国庫支出金が減額となる理由がただされ、本案は原案どおり可とすべきものと決しました。  次に、議案第111号、伊丹市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、選挙運動用ビラの上限枚数が問われ、本案は原案どおり可とすべきものと決しました。   もっと読む
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 当局の答弁によりますと、同支援事業は国庫補助事業であることから、国の補助基準額に基づき算出したものである、とのことでありました。  第2点は、保育士等定着支援一時金給付事業についてであります。   もっと読む
2018-12-13 姫路市議会 平成30年12月13日予算決算委員会−12月13日-01号 当局の答弁によりますと、同支援事業は、国庫補助事業であることから、国の補助基準額に基づき算出したものであるとのことでありました。  第2点は、保育士等定着支援一時金給付事業についてであります。   もっと読む
2018-12-13 伊丹市議会 平成30年12月13日総務政策常任委員会−12月13日-01号 ◆加柴優美 委員  認定こども園の整備事業費が今回計上されているんで、その関連で伺っておきたいと思うんですが、1点目は、今回示されている国庫補助金の関係なんですが、学校施設環境改善交付金ということで、補助率が3分の1で1億5800万円ということで、対象金額でいえば、ざっと4億7000万円なんですが、事業費全体としては南部こども園と西部こども園、合わせて22億円で、22億円の全体の事業費のうち4億7000 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) もともと、現行の国保制度がスタートした当初、政府は、国民健康保険は被保険者に低所得者が多いこと、保険料に事業主負担がないことなどのため、どうしても相当額の国庫負担が必要であるということを認めています。これは社会保障制度審議会に1962年に勧告されたと聞きました。  自民党政権は、1984年の法改正で国保への定率国庫負担を削減したのを皮切りに、国庫負担を抑制し続けてきました。 もっと読む
2018-12-10 加古川市議会 平成30年福祉環境常任委員会(12月10日) 次に、歳入、14款、国庫支出金について質疑を行います。冊子番号1の11ページ及び12ページをごらんください。ご質問をお受けいたします。               (「なし」の声あり) ○西村雅文委員長   この件についての質疑を終結いたします。次に、歳入、15款、県支出金のうち所管部分について質疑を行います。冊子番号1の11ページ及び12ページをごらんください。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日建設委員会−12月10日-01号 ◎答   白浜地区については、今後、八家川に雨水を排出する八家川第5ポンプ場、第6ポンプ場の敷設を国庫補助事業として実施していくが、ポンプ場や雨水貯留施設の設置、排水路の改良等を総合的に行うことで、地区全体の浸水対策につなげていきたいと考えている。 ◆問   今回新設する排水路はどの程度の雨量まで耐えられるのか。 ◎答   10年確率で最大雨量49.5ミリメートルまで耐えられる計算となっている。 もっと読む
2018-12-07 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第1日12月 7日) 次に、第60款国庫支出金では、生活保護のうち医療費扶助の大幅な増に伴う国庫負担金の増や8小学校へのエアコン設置に係る国庫補助金の増などにより、1億2,296万9,000円を追加しております。  次に、第65款県支出金では、農業土木施設災害復旧費補助金やひょうご地域創生交付金の追加交付などにより、1億1,546万7,000円を追加しております。   もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) その後、国庫がかなり削られてきて、現在に至って、その削られた分の相当分が被保険者加入世帯にかぶさってきているというのが実態なんです。今言われたように、確かに企業の負担がない。その分は誰が負担すべきか、おのずと公費でもって補填しないといかんのじゃないかと思うんですが、その点はいかがでしょうか。 ○議長(瓢 敏雄君) 西田健康福祉部長。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日経済観光分科会−12月07日-01号 ◎答   同公園の整備に当たり、工区の分割方法や、工事期間中の公園利用者の通行と安全の確保、同公園整備事業を国庫補助事業として行うための事業費の平準化や、工事期間について調整を行った。 ◆問   実施設計のおくれにより、姫山公園整備の予定に影響は出ないのか。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) 国庫補助金導入と単独事業、それぞれの市財政負担の比較、それに対する評価。リース方式と買い取り方式の財政負担の比較とそれに対する評価。  小項目3、「工事発注方式について」。  日本共産党加古川市議団として、以前から市内の経済振興のためには市の財源が流出しないようにするため、一括発注でなく、市内業者に個別発注することを求めています。 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 航路事業の持続性を高めるためには、国庫補助金などの導入を初め、利用促進やコスト縮減に資するあらゆる方策を運航事業者とともに検討していくことが不可欠であり、加えて、近年の我が国における深刻な人材不足は航路事業においても例外ではないことから、人材確保に向けて、待遇や労務環境の改善を行っていくことも喫緊の課題と考えております。 もっと読む
2018-12-04 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第1号12月 4日) 第1表歳入歳出予算補正ですが、歳入につきまして、地方交付税では、普通交付税の交付額が決定したことにより9,672万9,000円を減額し、国庫支出金では、生活困窮者自立支援事業費負担金などで156万5,000円を追加し、県支出金では、ひょうご地域創生交付金や地域介護拠点整備費補助金などで5,803万9,000円を追加し、市債では、子育てプラザ整備事業債や臨時財政対策債などで2億6,614万5,000円 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 次に、2点目の無償化に係る本市の負担額についてでございますが、本市の教育・保育施設の利用者負担額が無償化されることに伴う市費への影響について、今年度の実績から算定をいたしますと、 利用者負担額収入の減と施設型給付費の増、それに伴う国庫負担金・県負担金収入の増により、差し引き約6億2,000万円の新たな負担が生じるものと推計をいたしております。   もっと読む
2018-12-03 伊丹市議会 平成30年第6回定例会−12月03日-01号 まず、議案第108号、平成30年度伊丹市一般会計補正予算(第7号)についてでありますが、本案は9月補正予算編成後の情勢の変化に対応するため、国庫支出金、基金繰入金及び地方債等を主な財源といたしまして、所要の措置を講じようとするものであります。 もっと読む
2018-11-29 赤穂市議会 平成30年総務文教委員会(11月29日) ○関山総務課長  今回、設計委託を減額させていただいた大きな理由といたしまして、今年の1月に文部科学省より、今後、大規模改造を実施する場合の国庫補助を採択する要件といたしまして、長寿命化計画となります、個別計画を策定しておくことが前提となるというような通知をいただいております。 もっと読む
2018-11-27 赤穂市議会 平成30年民生生活委員会(11月27日) もう1点は、委託料で102万8,000円とあるんですが、本来、国民年金事務については、年金機構いわゆる国がもつべきなのに、財源としては補正額が48万8,000円、国庫支出金の財源内訳では62万8,000円と、ちょっと持ち出しが出てきてるように見えるんですが、その辺の関係についてはどうでしょう。 ○木下委員長  岸本年金担当係長。 もっと読む
2018-11-26 姫路市議会 平成30年第4回定例会−11月26日-01号 国庫支出金、市債は、歳出でご説明申し上げました事業費の財源として、制度に基づき計上したものでございます。  繰越金につきましては、今回の補正に係る所要一般財源を補正しようとするものでございます。   もっと読む
2018-11-26 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第2日11月26日) 財政面からお伺いしておきたいんですが、国庫が2,400万ついたということもあって、事業化に向かってるんでしょう。市債と一般財源合わせましても9,600万ですか。こうした財政面で無理はないのか。どこか、例えば道路橋梁の修繕費とか、そういった割と身近な予算が削られてきてますので、その辺のやりくりがあるんだと思うんですが、その辺の考え方をお聞きします。 ○議長(瓢 敏雄君) 尾崎総務部長。 もっと読む
2018-11-26 姫路市議会 平成30年11月26日予算決算委員会−11月26日-01号 ◆問   国庫補助はいつわかったのか。 ◎答   現在開かれている臨時国会の中で、支援制度が提案されるということで聞いていた。 ◆問   国庫補助金をとりに行くためには、10月末が期限ではなかったのか。それはわかっていたのではないのか。 ◎答   今回の補正予算についても、そのスケジュールにのっとって補正予算を要求する形で手続を進めているところである。 もっと読む