12623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

洲本市議会 2020-03-24 令和 2年第2回定例会(第6日 3月24日)

私自身もそれぞれの団体の新年の行事に参加をさせていただいて、挨拶では常に、今年は洲本市にとってはすばらしい年になりますというような挨拶を続けてまいりましたけれども、僅か2カ月もたたないうちに、こうして世界中が震撼し、大混乱を起こす新型コロナウイルスの問題で、本市にとりましても、まさに今、いつ議会BCPが発動されても不思議でないような状況の中で、次の新しい役員の方々に議会運営を託すということには、いささか

香美町議会 2020-03-19 令和2年第116回定例会(第6日目) 本文 開催日:2020年03月19日

3つ目が、公民館講座等の参加者の負担金徴収であります。大きな3点目として、問題がある予算でありますが、4点。まず1点。自然環境を壊すおそれのあるクリーンパーク北但の最終処分場の処理水の矢田川放流放置予算。2つ目が、人権問題で部落差別解消に逆行する人権教育推進事業予算。3つ目が、小代学校給食センターの廃止に向けての予算

洲本市議会 2020-03-09 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 9日)

140の国と地域から集まった若者が、国を代表する立場ではなく、同世代の一員として参加していたこと。議論の議事進行の多くを国連関係者ではなく若者たちが担ったこと。順番にスピーチする一般的な会議とは異なって、活発な議論が重視されたこと。国連のアントニオ・グテーレス事務総長が若者の議論を支える役目を務めたことであります。  

香美町議会 2020-02-28 令和2年第116回定例会(第3日目) 本文 開催日:2020年02月28日

それから、4点目の参加するメリットでありますけれども、これにつきましては、これまでから部分的にはこの圏域ではいろんな取り組みに参加して、観光でありますとか移住定住、結婚対策交通対策防災等取り組んでおりますけれども、連携中枢都市圏につきましては、連携する自治体の独自性を担保しながら、圏域全体のサービスの向上、福祉の推進を図っていくと。

香美町議会 2020-02-27 令和2年第116回定例会(第2日目) 本文 開催日:2020年02月27日

あわせて地域支援事業において、自立支援の観点から高齢者によりふさわしいサービス利用を提供することで、要介護状態となることの予防、または悪化の防止を図るとともに、元気な高齢者には介護等の担い手として社会参加することで積極的な健康づくりを推進していくこととしております。  

香美町議会 2020-02-25 令和2年第116回定例会(第1日目) 本文 開催日:2020年02月25日

鳥取県東部地域とは、これまでから観光、移住定住、防災結婚対策などの分野で連携してきておりますが、今後のつながりを視野に入れて、鳥取市を中心とする「因幡・但馬麒麟のまち連携中枢都市圏」へ参加することといたします。これにより、本町の持つ資源や特徴を生かしながら、観光産業交通をはじめとするさまざまな分野で連携、協力し、圏域の活性化に向けた取り組みをより効果的に推進してまいります。  

西宮市議会 2020-02-18 令和 2年 2月18日健康福祉常任委員会-02月18日-01号

というのも、参加している方を見たらわかるように、現場での歴戦の方が皆さんで見ていく、審議するという会ですので、本来、この資料に書いてあるより非常に濃い内容の話が中にあって、そこに参加していれば、傍聴していれば、もっと中で話し合われている内容がこれ以上にわかる機会になるんじゃないかなというふうに感じました。  

西宮市議会 2020-02-10 令和 2年 2月10日総務常任委員会-02月10日-01号

次に、今後の手続に関する大まかな流れについてですが、本日、御報告させていただいた内容を募集条件の骨子として公表し、一定、検討期間を設けた上で、参加希望者との対話を4月から5月にかけて実施いたします。対話結果については、参加事業者の名称は伏せて概要を公表させていただきますが、今回の対話への参加実績は、後の事業者公募の評価の対象とはなりません。  

西脇市議会 2020-02-10 令和 2年総務産業常任委員会( 2月10日)

やはり、それぞれのプライベートな分が多いんで、なかなか参加言うても、あ、ちょっとこの日は、あの日はという感じで、逃げるわけじゃないんやけども、そんなんでちょっと参加しづらいという方が多いんじゃないかな。  うちも日野でおっても、私も重点に参加はそこまでしてない、ちょろちょろとお呼びがかかったら寄って行ったりとか、何すんの、きょう何々するのと言ってお話があったら、それ参加するかという形で。

西脇市議会 2020-02-04 令和 2年議員定数調査特別委員会( 2月 4日)

総括として、今回のシンポジウムへの参加者は、市内の方231人、市外の方は64人で合計295人でした。かたい内容の割にはたくさんの方々に参加していただいたと思います。しかし、女性や若い人の参加は少なかった。北川先生の基調講演は、議会と市長の関係や議会のあり方など、とてもわかりやすかった。

西宮市議会 2020-02-03 令和 2年 2月 3日健康福祉常任委員会-02月03日-01号

◆佐藤みち子 委員   テーマ1の星印のところの「研究する上で必要と思われること」の例の次に「介護予防施策に参加されていない人の実態を把握する」と書かれているんですけど、参加されていない人の実態をどうやって把握するの。これのほうが難しいので、むしろ、今回行ったいきいき体操とかに参加されている人の実態を把握するほうが把握しやすいんと違うかなと思うんですけど。

西宮市議会 2020-01-31 令和 2年 1月31日議会運営委員会-01月31日-01号

この内容は、1月14日に、正副議長のもと、各常任委員会の正副委員長にお集まりいただきまして、そして、議運の正副委員長もオブザーバーとして参加させていただきました。その際に各常任委員会の委員長より、今の委員会運営の上でのさまざまな課題、あるいは改善点、あるいは御意見等々をいただきました。

西宮市議会 2020-01-29 令和 2年 1月29日健康福祉常任委員会−01月29日-01号

この事業は、高齢者の外出を促し、社会参加を図ってもらうことで、より健康に過ごしていただくことを目的としており、今後さらに高齢化が進む中、高齢者健康づくりへの施策の必要性はますます増してきます。今後につきましては、より効果的に健康づくりの事業として早急に見直す必要があると考えており、例えば健康ポイント事業など、高齢者社会参加を促し、健康寿命の延伸につながる事業を検討していきます。