運営者 Bitlet 姉妹サービス
9262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第6日 3月25日) 平成30年度の自殺防止対策の事業も厚生労働省から補助金を出す。そういった団体には多かったら2,500万円まで出す。それはパソコンでのネット上での問題解決といったことに取り組んでくださいということも出ていますので、ぜひついているからこのお金をティッシュ配ったらいいんだという簡単な気持ちではなしに、自殺防止対策に対しては徹底して取り組んでいただきたいと思います。これは意見ですが、よろしいですか。   もっと読む
2019-03-22 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号 当局の説明では、市費を投入するため、厚生労働省の規定と市の条例に基づいて運営されるとしています。しかし、民設民営の学童保育は、利益が上がらなければいつでも撤退することになります。さらに、利益を上げるために英語指導や音楽指導などのオプションをエスカレートさせる可能性もあり、市の学童保育に児童を預けることができない保護者は、オプション費用を負担せざるを得なくなるなどの懸念が生じます。 もっと読む
2019-03-19 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第5日 3月19日) 問、生活支援の訪問介護の回数が厚生労働大臣が定める回数以上の場合は、居宅サービス計画を市町村に届け出なければならないとなったが、届け出をすれば回数は関係なくなるのか。答、介護保険は介護度ごとで支給限度額が定められているので、限度額までは利用可能となる。届け出回数は全国の平均回数を参考としており、居宅サービス計画が過剰なサービスとなっていないかを検討することとしている。 もっと読む
2019-03-14 西宮市議会 平成31年 3月14日予算特別委員会民生分科会-03月14日-01号 ◎高齢者医療保険課長   国保で言うところの資格証ですけれども、そういうのは厚生労働省の方針によりせずに、いわゆる短期証――3カ月証とか6カ月証、そういうふうなものはございますけれども、資格証というのはございません。  以上です。 ◆佐藤みち子 委員   もう一つ、窓口で払う医療費なんですけど、今、75歳以上の人は原則1割で、現役所得並みの所得の人は3割ですよね。 もっと読む
2019-03-13 西宮市議会 平成31年 3月13日予算特別委員会総務分科会−03月13日-01号 (委員長) ■傍聴議員   な   し ■説明員(西宮市議会委員会条例第19条による) (総務局)   総務局長    坂 田 和 隆   総務総括室長  向   靖 弘   参事      幸 藤 京 一   総務課長    大 植   進   情報公開課長  村 本 和 宏   担当理事    山 本 晶 子   人事課長    久保田 和 樹   職員課長    菅   剛 志   研修厚生課長 もっと読む
2019-03-12 西宮市議会 平成31年 3月12日予算特別委員会健康福祉分科会−03月12日-01号 最後に、保健費は48億3,800万円で、職員数の増に伴う職員の給与費の増額や、厚生労働省から示された風疹に関する追加的対策事業に伴い予防接種事業経費が増額となったことなどにより、前年度に比べ1億7,200万円、3.7%の増となっております。   もっと読む
2019-03-08 西宮市議会 平成31年 3月 8日民生常任委員会-03月08日-01号 ◎商工課長   入っておりますのが、総務局では、市民税課、情報システム課、健康福祉局では、厚生課、法人指導課、こども支援局で子ども家庭支援課、市民局の市民第1課ないし第2課、そして産業文化部の商工課、以上の課になっております。 もっと読む
2019-03-07 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日) ○2番(本林宗興君) 町長、ここで認定農家が34名、そのうち約10名前後の大型、大規模耕作をやられておる方がおられるというのですが、この中で町長、あまり数字のことは聞きたくないのですが、実際、御夫婦とか、1人でやられている方がほとんどですが、この中でこれを業とし、従業員を置いて、保険・福利厚生なども充実してやられている農業の方は何人いらっしゃると思いますか。 ○議長(山本守一君) 町長。 もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日健康福祉常任委員会-03月07日-01号 法人の設立認可における審査では、厚生労働省通知により示されている審査基準や審査要領に基づいて、所轄庁である本市が判断することとなっております。  なお、本市では、資料に記載しております4点について審査を行っております。  資料の2ページをごらんください。   もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日教育こども常任委員会-03月07日-01号 (2)ですけれども、児童福祉法第40条に規定されております児童厚生施設でございます。  (3)ですけれども、「対象者、開館日等」ということで、利用対象者ですけれども、乳幼児から中学生まで、開館日は月曜日から土曜日までとなっておりまして、開館時間のほうは、4月から9月までは10時から18時、10月から3月までは1時間早い閉館の10時から17時までとなっております。   もっと読む
2019-03-06 上郡町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日) 厚生労働省は、健康、医療、介護の情報を一元管理するITCインフラの2020年度の本格稼働を目指すデータヘルス改革を掲げ、乳幼児期、学童期の健康情報の一元的活用の検討に取り組むことや、2020年度から検診データの提供の開始を目指すことが明記されました。  しかし、データヘルス時代の母子健康情報の利活用に関する検討会の中間報告では、まだまだ問題点が多く、引き続き検討するとなっております。 もっと読む
2019-03-05 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月05日-07号 国内メーカーでの製品化につきましては、2社が1月31日に厚生労働大臣の製造承認を受け、販売に向けて消費者庁の認可を待っている状況であり、また、他社も販売に向けて追随する見通しであると聞いております。   もっと読む
2019-03-04 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月04日-06号 厚生労働省が発表した外国人雇用状況によりますと、平成29年10月現在、全国の外国人労働者は約128万人、そのうち兵庫県では約3万人と公表されております。なお、本市の状況は公表されておりませんが、全国では、前年と比較し、約18%の増加、兵庫県においても、約25%増加していることから、本市におきましても外国人労働者が増加していることが推測できます。 もっと読む
2019-03-01 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月01日-05号 厚生労働省は、障害児通所支援の指導監査業務について、3年に1度実施するよう指導しています。しかし、移譲前となる県が実施した指導監査は、過去4年間で対象となる184カ所の事業所の約12%に当たる22カ所しか実施できていません。指導監査の目的は、事業所が利用者に対して児童福祉法に基づく基準に沿った適切なサービスを提供しているかを確認することです。 もっと読む
2019-02-28 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月28日-04号 新聞紙上で出ました記事、厚生労働省が児童虐待防止法を改正してDV対策を明記するという記事が出たわけですけれども、そのことですよね。国もやることが非常に遅かったと私は思います。しないよりは今やることが大切なんですけれども、それが出るまで待つのではなくて、やはりできることはやっていただきたいなと。それは非常に厳しい問題ですけれども、そうだと思います。   もっと読む
2019-02-27 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月27日-03号 厚生労働省の毎月勤労統計不正により、雇用保険や労災保険など、2,000万人を超える被害が生じています。過労自死で夫を失った寺原笑子さんは、労災認定には高いハードルがあり、被害者なのに何年も闘わないと認定されない、その上、国が数字をごまかして、二重、三重に国に裏切られた、怒りが抑えられないとおっしゃっています。 もっと読む
2019-02-26 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-02月26日-02号 市町村などの水道事業者は、人口減による収入減などで赤字体質のところが多く、老朽化した水道管の更新がおくれ、厚生労働省の発表によると、40年の耐用年数を超えた水道管の割合は、2016年度末に全国で平均14.8%、更新率は0.75%で、全て更新するのに130年以上かかるペースになるとのことが発表されております。老朽化対策のおくれは、昨年の大阪府北部地震の際も注目されたところであります。   もっと読む
2019-02-26 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第1号 2月26日) 甲賀市は、人口8万9,560人、面積481.62平方キロメートル、議員定数24人、3委員会制(総務、産業建設、厚生文教)で、信楽焼、甲賀忍者の地として知られています。大阪、名古屋から100キロ圏に位置し、近畿圏と中部圏を結ぶ広域交通拠点に位置しています。甲賀市議会だよりは、A4判24ページとなっています。 もっと読む
2019-02-08 西宮市議会 平成31年 2月 8日健康福祉常任委員会-02月08日-01号 そういう場合に、その交付金自体、国、厚生労働省が出していくんやけども、介護保険課だけじゃなくて、やっぱり目的はこのフレイル予防、介護保険をなるべく使わんような取り組みを独自に考えなさいというもので、200億円国は出して、点数化されて西宮が評価されて、県の中では評価はよかったけども、それでも6,000万円か7,000万円。 もっと読む
2019-02-06 西宮市議会 平成31年 2月 6日民生常任委員会-02月06日-01号 ◎労政課長   毎月勤労統計につきましては、賃金、労働時間、雇用の変動を明らかにすることを目的に厚生労働省が実施する調査となります。この調査は大正12年から始まっておりまして、統計法に基づく国の重要な統計調査である基幹統計調査として実施しております。 もっと読む