8868件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高砂市議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会(第17日 3月27日)

本案は文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。  11番、迫川議員。 ○11番(迫川高行君)  文教厚生常任委員会に付託されました高議第7号、高砂市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めることについては、審査の結果、賛成多数で原案了承しておりますことをご報告申し上げます。 ○議長(今竹大祐君)  委員長報告は終わりました。  ご質疑並びにご意見ありませんか。  

赤穂市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第6日 3月27日)

厚生労働省は、「生計費」「賃金相場」「支払い能力」の3要素は均等だといいますが、実際は、「支払い能力」に偏重した審議が行われているようです。  世界で、「企業の支払い能力」を最低賃金の根拠にしているのは、先進国では日本以外にありません。「今すぐどこでも時給1,000円」を実現することは、日本経済全体の健全な成長にとっても緊急の課題です。

豊岡市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6日 3月26日)

子ども医療費につきましては、厚生労働省において子育て支援、地方創生の観点から、子ども医療費制度のあり方等に関する検討会の取りまとめの中で、子ども医療費助成制度は、国の制度として、全国一律の制度としてどこに住んでも同じであるべき、医療費無償化は子供の命を守る仕組みになっているとの意見を踏まえ、平成30年度より自治体の少子化対策の取り組みを支援する観点から、未就学児までを対象とする医療費助成については、

姫路市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-06号

○今里朱美 議長   厚生委員会委員長 有馬剛朗議員。 ◎有馬剛朗 厚生委員会委員長  (登壇)  ご報告申し上げます。  本委員会に付託されました議案について、3月11日、12日及び19日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました結果、お手元に配付の委員会審査報告書のとおり、いずれも原案を可決すべきものと決定いたしました。  

上郡町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第6日 3月25日)

平成30年度の自殺防止対策の事業も厚生労働省から補助金を出す。そういった団体には多かったら2,500万円まで出す。それはパソコンでのネット上での問題解決といったことに取り組んでくださいということも出ていますので、ぜひついているからこのお金をティッシュ配ったらいいんだという簡単な気持ちではなしに、自殺防止対策に対しては徹底して取り組んでいただきたいと思います。これは意見ですが、よろしいですか。  

西宮市議会 2019-03-22 平成31年 3月(第17回)定例会−03月22日-08号

当局の説明では、市費を投入するため、厚生労働省の規定と市の条例に基づいて運営されるとしています。しかし、民設民営の学童保育は、利益が上がらなければいつでも撤退することになります。さらに、利益を上げるために英語指導や音楽指導などのオプションをエスカレートさせる可能性もあり、市の学童保育に児童を預けることができない保護者は、オプション費用を負担せざるを得なくなるなどの懸念が生じます。

播磨町議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会 (第3日 3月22日)

松下嘉城厚生教育常任委員長。 ○6番(松下嘉城君)  ただいま議題となりました、発委第1号「学校給食費の公会計化を求める決議」について提案理由の説明をいたします。  委員会提出の議案書をごらんください。  発委第1号、平成31年3月22日、播磨町議会議長、奥田俊則様、提出者、播磨町議会厚生教育常任委員会委員長、松下嘉城。  学校給食費の公会計化を求める決議。  

猪名川町議会 2019-03-22 平成31年第393回定例会(第4号 3月22日)

その中でも申し上げましたけれども、賛成討論者も言っておりましたが、厚生労働省の中で行われております社会保障審議会の医療保険部会の中でももめているのが現状であります。全国健康保険協会は2割化を推進しておりますが、賛成討論者が申されたように、日本医師会などは大反対をしておるということで、非常に国のほうでも紛糾をしておるというのが現状であります。  

高砂市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第16日 3月20日)

それ、やっぱりある程度覚えとっていただいて、きっちりと高砂市議会として、文教厚生委員会でも、もうほんまいろいろともめまして、迫川委員長がきっちりと対応していただいて、当局のほうが6月議会でちゃんとそれを提案してくれるということで納得して、そういった形にできましたよね。

高砂市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第15日 3月19日)

ランニングにつきましては、つけられた地元の方と学校と協議の上でさせていただいておるというふうに認識しておりますが、ちょっと手元に資料を持っておりませんので、詳細につきましては、文教厚生常任委員会のほうでご報告させていただきます。 ○議長(今竹大祐君)  企画総務部長。

上郡町議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5日 3月19日)

問、生活支援の訪問介護の回数が厚生労働大臣が定める回数以上の場合は、居宅サービス計画を市町村に届け出なければならないとなったが、届け出をすれば回数は関係なくなるのか。答、介護保険は介護度ごとで支給限度額が定められているので、限度額までは利用可能となる。届け出回数は全国の平均回数を参考としており、居宅サービス計画が過剰なサービスとなっていないかを検討することとしている。

姫路市議会 2019-03-19 平成31年3月19日厚生委員会−03月19日-01号

平成31年3月19日厚生委員会−03月19日-01号平成31年3月19日厚生委員会 平成31年3月19日(火曜日) 厚生委員会 第3委員会室 出席議員  有馬剛朗、三木和成、蔭山敏明、白井義一、  川西忠信、塚本進介、竹中隆一、細野開廣、  苦瓜一成 開会                9時00分 意見取りまとめ (1) 請願第18号の撤回について ・請願第18号については、請願人からの取り下げの

姫路市議会 2019-03-19 平成31年3月19日厚生分科会−03月19日-01号

平成31年3月19日厚生分科会−03月19日-01号平成31年3月19日厚生分科会 平成31年3月19日(火曜日) 予算決算委員会厚生分科会 第3委員会室 出席議員  有馬剛朗、三木和成、蔭山敏明、白井義一、  川西忠信、塚本進介、竹中隆一、細野開廣、  苦瓜一成 開会                8時59分 意見取りまとめ           8時59分 ・分科会長報告について  分科会正副会長

川西市議会 2019-03-18 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月18日−06号

○議長(大矢根秀明) 次に、厚生文教常任委員長、報告を願います。  17番 平岡 譲厚生文教常任委員長。 ◆厚生文教常任委員長(平岡譲) (登壇)それでは、ただいま上程されました議案第2号 平成30年度川西市一般会計補正予算(第6回)のうち、当厚生文教常任委員会に分割付託されました部分についてご報告いたします。  

高砂市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第14日 3月18日)

今後、厚生労働省が立ち上げの支援マニュアルというのを作成するということを聞いておりますので、そのマニュアルに沿って準備も進めていきたいと考えております。 ○副議長(川端宏明君)  11番、迫川議員。 ○11番(迫川高行君)  ありがとうございます。  

赤穂市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第5日 3月15日)

妊婦が風疹に感染すると、赤ちゃんが心臓病、聴力障がい、白内障などになって産まれる先天性風疹症候群の発症の可能性があることを踏まえ、厚生労働省が予防接種法に基づく定期接種の対象にこの内容を加える政令改正を行いました。  ワクチンの効率的な活用へ、対象者はまず抗体検査を受け、抗体保有が基準を満たさない場合、予防接種を受けます。いずれも無料ですが、39歳から56歳の男性は働き盛りの世代です。

高砂市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例会(第13日 3月15日)

だから、それは専門の文教厚生常任委員会ででもきちんと議論をしていただいて、よく事後的なことを考えていただければいいと思うんですが、私からは、3点、1点目は、教員の働き方なんていう抽象的な表現ではなく、もっと具体的にきちんと表現してくださいよ。例えば、前から指摘しております業務改善計画をしっかり平成31年度中につくるとか、あるいはタイムカードに類するような仕組みをきちんと導入して実態を把握するとか。