229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三田市議会 2023-06-19 06月19日-03号

私も市内警察、あるいは各団体と、あるいは学校と一緒になってやります交通安全対策委員会委員長も兼ねておりますので、そういう意味では私の立場からも特に警察協力をいただきながら、また学校関係の方々への啓発に対する積極的な取り組みを改めてお願いをするとともに、市も危機管理が窓口であります従来の交通安全協会との役割分担が少し変わりまして、かなり直接的に市が安全教育にかかわる部分も出てきました。

三木市議会 2020-09-10 09月10日-02号

それに関しましては、双方向のやり取りが必要になるために、危機管理の人手が足らないという、そういった部分もあるようでなかなか難しい、費用的にも人数的にも難しいというふうにお聞きはしているんですけれども、例えばAIを活用した防災アプリの活用というのが今注目されております。市民からの災害情報収集はもちろん、避難支援では災害時に知りたい情報AIが自動応答するというものです。

洲本市議会 2020-06-16 令和 2年第4回定例会(第2日 6月16日)

○13番(笹田 守議員)  ただいま、副市長より今後の組織の方針、またリーダーシップの在り方についてお聞きいたしましたが、兵庫県内状況につきましては、令和2年5月31日現在、市の場合は29市中19市、町の場合は12町中3町、合わせまして41市町中22市町において、危機管理室または危機管理設置があります。  

三木市議会 2020-06-16 06月16日-03号

3つ目は、危機管理体制についてであります。 現在、新型コロナウイルス感染症対策担当課危機管理となっていると思います。これからの季節においては災害も多発することが予想されます。現在の職員体制と強化の必要性についてお尋ねいたします。 4つ目は、自治会活動についてであります。 コロナ禍において、自治会長、区長さんにおいてはさまざまな御苦労があると思われます。

たつの市議会 2020-03-24 令和 2年第1回たつの市議会定例会(第5日 3月24日)

次に、危機管理所管分について、委員から、防犯カメラ設置補助事業について、補助費内訳及び令和年度申請状況を伺う。また、防犯カメラ設置を奨励するような取り組みはしているのかとの質疑があり、当局からは、補助費内訳としては、県補助金上限8万円、市補助金上限8万円、残りが設置団体の支出となる。令和年度は16団体が申請されている。

加西市議会 2020-03-11 03月11日-04号

総務部長山本和孝君) 新型コロナウイルス感染症対策については総務部危機管理を中心として総務部のほうで取りまとめ全体の行動をというところで取りまとめをさせていただいております。しっかり市民の皆様の安全・安心を確保できるように誠意あらゆる対策を講じながらやってまいりたいという覚悟でございます。 以上でございます。 ○議長土本昌幸君) 井上議員。 ◆7番(井上芳弘君) わかりました。 

加西市議会 2020-03-09 03月09日-03号

今のところ危機管理管理防犯灯につきましては、合計9本設置してあり、合計12カ所の街路灯防犯灯設置というような状況でございます。 今後の対応としましては、この場でも何度か答弁させていただきましたが、今年度増設、そして今年度の補正、そして来年度の当初予算を合わせて300基を超える部分について、防犯灯の新設、増設をしたいというふうに考えております。

三木市議会 2020-03-09 03月09日-04号

しかしながら、危機管理職員数は、以前行政視察で訪問した都市とは雲泥の差があったと記憶しています。危機管理は、災害時だけの仕事ではなく、日常業務も多忙な日々を送っていると推察するものです。防災まちにふさわしい職員数を確保して、市民安全安心を守っていかねばならないと考えるところです。 そこで、次の3点についてお伺いいたします。 初めは、防災マップの更新について。 

赤穂市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第4日 3月 6日)

現在、気象については、環境課において、市内9カ所で風向・風速を、そのうち1カ所では、気温雨量等を、また危機管理担当において、市内7カ所で、気温雨量等を、消防本部において雨量を測定しております。また、大気水質調査については、環境調査事業において、市内8カ所の大気汚染監視観測所による大気監視千種川等市内河川地先海域等水質調査を定期的に実施しております。  

稲美町議会 2020-03-03 令和 2年第257回定例会(第2号 3月 3日)

防犯対策としまして、危機管理では、今年度から、高校生を含め自転車利用者の多い道路につきましては、計画的に防犯灯増設を行っているところです。  続きまして、質問事項3、母里地区人口減対策についてお答えいたします。  市街化調整区域人口減少対策として、土地利用緩和型の地区計画及び兵庫県の特別指定区域指定を受けた田園集落まちづくり事業の2つの規制緩和に取り組んでいるところです。

川西市議会 2020-02-19 02月27日-02号

市の危機管理、防災士会のご協力によりまして、学校施設をずっと回らせていただいて、各教室も見せていただき、ここがこのようになる、ここがこのようになる、ここで寝るとか、どういうふうな状況で鍵をあけるとか、いろいろ現場を見て、やっぱり何度も何度も訓練することが非常に大事かなということを思いました。 

加西市議会 2019-12-10 12月10日-02号

また、同様に危機管理より防災ネットで配信する場合もございます。現状では、SOSネットワーク事業としての定期的な訓練は実施しておりませんが、年に1回、関係機関代表者にご参集いただいてSOSネットワークの会議を実施し、認知症行方不明者事案に係る情報共有と検証を行う中で実際の対応に生かせるよう調整を行っているところでございます。 ○議長土本昌幸君) 深田議員

川西市議会 2019-11-28 12月09日-04号

◆2番(麻田寿美) ですので、指導しても例えば、またちょっと提案としてなんですが、非常用食料備蓄品アルファ米とかそういうのを、今現在は危機管理出前講座とかというところでお配りされてると思うんです。それも結構だと思うんですけれども、一部やはりそういうフードバンクに提供するであるとか、実質、フードバンクから食料をいただくとアルファ米とか入っているんですね。

加古川市議会 2019-10-21 令和元年建設経済常任委員会(10月21日)

その情報を聞きながら、私どもも現場のパトロールをしたり、危機管理等と調整をして、広報等状況を報告していきたいと考えております。 ○桃井祥子委員   今回の台風20号で千曲川の堤防が決壊して、下水処理場が泥水にのまれてしまい14万人以上の下水処理ができなくなったという状況でした。下流の尾上町には下水処理場もあります。もし決壊した場合、そういうところの影響があることも地元はわかっています。