29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

加古川市議会 2017-06-16 平成29年福祉環境常任委員会( 6月16日)

そして先日、6月14日に開催された理事会で新しい理事長に元加古川教育長の山本が選任されましたのでご報告させていただきます。 ○小林直樹委員長   ご質問ございませんか。                (「なし」の声あり) ○小林直樹委員長   この件についてのご質問、ご意見等を終結いたします。採決いたします。

養父市議会 2016-06-14 2016年06月14日 平成28年第79回定例会(第1日) 本文

今回推薦する方は、西村、高岡けい子氏、竹内悦子氏の3名でございます。いずれも引き続き人権擁護委員として推薦するものであります。3名の方々とも、本市の住民で、人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある方々ですので、再度人権擁護委員として推薦したく存じます。なお、各委員の任期につきましては、平成28年10月1日から平成31年9月30日までの3年間であります。  

伊丹市議会 2016-03-25 平成28年第1回定例会−03月25日-09号

これらは、いずれも荒牧財産区管理委員の選任についてでありまして、現委員であります林 亨氏、工野光信氏、沖田忠良氏、寺田勝重氏、渡邊正夫氏及び阪上 博氏の任期が来る3月31日をもって満了いたしますので、沖田忠良氏、寺田勝重氏、渡邊正夫氏及び阪上 博氏については引き続いて、また、林 亨氏及び工野光信氏の後任といたしましては、新たに阪上安信氏及び田中 を適任と考え、荒牧財産区管理委員に選任しようとするものであります

淡路市議会 2015-03-13 平成27年第56回定例会(第4日 3月13日)

さらに、東京大学名誉教授の西尾 は、「当時は合併を推進する立場だったが、結果を見ると、大失敗だったと言わざるを得ない。それぞれの地域の自治を守る方策を考えるべきだった」と述べました。  さらに、西尾氏は、自身を道州制の慎重論者だと述べた上で、現在国会で議論されている道州制議論には反対だと表明しているようであります。  何でも自治体権限をおろせばいいというものではない。

西宮市議会 2014-09-05 平成26年 9月(第14回)定例会−09月05日-03号

これは、法律用語ではなく、東京大学名誉教授の西尾が、2000年の地方分権一括法の前後から、憲法93条の期待する議事機関としての役割を果たせていない日本の地方議会に対して、市長事務部局に比肩し得るようなより精力的な政策活動を期待するという意味において使ってこられた言葉であり、私も、議員であったころから、その文脈において申し上げております。

丹波市議会 2014-07-24 平成26年不正事務処理・不正入札事件調査特別委員会( 7月24日)

それでは、それにつきましては先ほど名前が出ておりました、もう一度申し上げますが、丹波市消防本部課長梅垣、それから丹波市消防本部課長谷口直氏、それからもう1人、丹波市消防救助第2係係長松尾恒伸氏、この3名について証人として、この委員会に来ていただくということでよろしいでしょうか。           

伊丹市議会 2014-07-08 平成26年7月8日総務政策常任委員協議会−07月08日-01号

なお、伊丹市文化振興財団におきましては、前理事長であります石原煕の任期満了によります退任に伴いまして、お手元の資料に差し込んでお示ししておりますとおり、7月1日付で新理事長に川村貴清氏が就任しておりますので、よろしくお願い申し上げます。  その他詳細につきましては、各法人より御説明申し上げますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

加西市議会 2013-09-03 平成25年  9月 定例会(第248回)-09月03日−01号

基調講演として、「地方議会改革」と題して東京都市研究所理事長の西尾から講演を受けるとともに、市民自治の実現と地方議会への期待について、パネルディスカッション方式の討論会を拝聴いたした次第であります。  続いて、7月16日には東播淡路市議会議長会が会長市として洲本市の総会を開催させていただきました。

養父市議会 2013-06-06 2013年06月06日 平成25年第62回定例会(第1日) 本文

今回推薦するのは、西村、高岡けい子氏、竹内悦子氏の3名でございます。西村氏、高岡氏につきましては、引き続き人権擁護委員として推薦するものであります。また、竹内氏につきましては、本市の人権擁護委員として平成13年10月から長年にわたり御尽力を賜りました田渕喜久子氏の後任の委員として、新たにお願いしたいと考えております。

西宮市議会 2013-03-04 平成25年 3月(第 8回)定例会-03月04日-04号

ここでは、1999年に出版された江本の著書、「水からの伝言」や「水は答えを知っている」、その他これに類似した事案についてお聞きします。  「水からの伝言」という本、この本です。皆様、御存じでしょうか。話題になったので、知っている方もいるかとは思うんですが、私は、ボーイスカウトの指導者をしておりまして、2004年、2005年のころ、小学生の低学年を中心としたカブスカウト隊の隊長をしていました。

高砂市議会 2012-03-15 平成24年 3月定例会(第11日 3月15日)

請求代表者、宮先一の入場及び登壇を許可いたします。  それでは、産業廃棄物処理施設に関する住民投票条例について、15分以内で意見を述べてください。  請求代表者、宮先一勝君。            (請求代表者 宮先一勝君 登壇) ○請求代表者(宮先一勝君)  おはようございます。ちょっと風邪をひいていまして、お聞き苦しい点があろうかと思いますけど、ご勘弁いただきたいと思います。  

高砂市議会 2012-03-12 平成24年 3月定例会(第 8日 3月12日)

これにつきましては、この3月8日付条例制定請求代表者、宮先一から地方自治法第74条第1項の規定によりまして、産業廃棄物処理施設の設置計画に関する住民投票条例制定の請求がありましたので、同条第3項の規定によりまして、意見を付し提案するものでございます。  それでは、請求されてまいりましたその要旨及び市長の意見を読み上げまして提案とさせていただきます。  まず、請求の要旨であります。  

篠山市議会 2010-12-02 平成22年第75回定例会(第3号12月 2日)

日置中西邸のプロジェクトについては、中西啓の御厚意で、空き家となっている古民家を無償貸与の申し出を受けたことから、市がこれを無償で借り受けた上に、ノオトに貸し付けをいたします。ノオトがこれを活用して、都市農村交流施設及び特産加工販売施設として整備・運営しようというものでありまして、これも特産創造や観光誘客の面で意義のある公民連携事業であると考えています。

高砂市議会 2010-06-22 平成22年 6月定例会(第 6日 6月22日)

○22番(橋本芳和君)  議会運営委員会に付託されました陳情のこと、産業廃棄物処理施設建設の問題に決着をつけるための住民投票条例の制定を求める陳情、荒井町小松原1-14-3-102、中西一智氏、荒井町新浜2-19-9、井奥雅樹氏、高砂町浜田町2-15-2、宮先一から提出されております陳情につきましては、審査の結果、賛成少数により不採択と決しておりますことをご報告申し上げます。

加西市議会 2009-12-08 平成21年 12月 定例会(第229回)-12月08日−02号

請願第4号国道372号整備早期事業化の実現に向けてについて、請願者国道372号整備早期実現化促進会議、下里地区代表区長岩田、九会地区代表区長松尾三代治氏外8,205名につきまして紹介議員代表しまして提案説明をさせていただきます。内容につきましては、請願の要旨を朗読して請願理由とかえさせていただきます。  

伊丹市議会 2009-07-03 平成21年第4回定例会−07月03日-07号

本案は、副市長の選任についてでありまして、現副市長であります石原煕の任期が来る7月10日をもって満了いたしますので、その後任といたしまして新たに川村貴清氏を適任と考え、副市長に選任しようとするものであります。  何とぞ本案に御同意くださいますようお願い申し上げます。 ○議長岡本廣行) 説明が終わりましたので、質疑に入ります。  質疑のある方はどうぞ。────ございませんか。  

豊岡市議会 2009-05-14 平成21年第3回臨時会(第1日 5月14日)

選挙管理委員に、浮田一雄氏、正見英子氏、副田、畠中隆夫氏、以上4名を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました4名を選挙管理委員の当選人と定めることについてご異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(岡谷 邦人) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました浮田一雄氏、正見英子氏、副田、畠中隆夫氏、以上4名が選挙管理委員に当選されました。  

姫路市議会 2009-02-20 平成21年第1回定例会−02月20日-01号

議案第56号、市川町外三ケ市町共有財産事務組合議会議員の選出につきましては、市川町外三ケ市町共有財産事務組合議会議員の任期が本年4月30日をもって満了することに伴い、選挙区から推薦のありました平石ほか11名を選出しようとするものでございます。  議案第57号、市道路線の認定及び廃止につきましては、41路線を市道として認定するとともに、3路線を路線認定がえにより廃止するものでございます。  

  • 1
  • 2