6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

芦屋市議会 2021-01-29 01月29日-01号

効果額の均衡につきまして、西宮市さんは削減効果を同じくする。額で申し上げると6対4ということでございました。 それで芦屋市は削減効果額が5対5ということで、当初両市で確認してきたことを遵守しているということでございます。 2の効果額の活用でございます。西宮市さんは効果額を当時65億円にしたということがございました。

西宮市議会 2017-04-24 平成29年 4月24日民生常任委員会-04月24日-01号

「委託料については、ゴミ排出量割を基本とし、イニシャルコスト経費削減効果が同等となる費用を加え、地域の環境改善に配慮するための費用等を加えて徴収すること」。つまりは、思いやり予算的に西宮市にも均等に割ったよという分以上の費用を徴収していただきたいということです。  「リサイクルについては、費用効果など合理性を考えて協議すること」。

西宮市議会 2017-04-05 平成29年 4月 5日民生常任委員会-04月05日-01号

①で、試算では、焼却施設建設費につきましては均等割35%、破砕選別施設については40%まで上げれば、両市経費削減効果が同等となるというのがわかりました。  ここで下のグラフを見ていただきたいんですが、これは、焼却施設建設費について、経費削減効果を表現したものです。左側の縦軸の目盛りが各市の負担額をあらわしております。

明石市議会 2011-09-21 平成23年文教厚生常任委員会( 9月21日)

(2)の経費削減でございますが、平成23年度当初予算の1億187万2,000円より3,689万5,000円削減した6,497万7,000円の提案がされておりまして、現行予算からの削減効果は36.2%でございます。  議案書の1ページをお願いいたします。  3の指定期間平成24年4月1日から平成29年3月31日までの5年間でございます。

明石市議会 2009-12-09 平成21年文教厚生常任委員会(12月 9日)

(2)の経費削減でございますが、指定管理料につきまして現行の7,908万7,000円より128万7,000円削減した7,780万円の提案がされておりまして、現行指定管理料からの削減効果は1.6%でございます。  議案書の1ページをお願いいたします。  指定期間でございますが、平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間でございます。

  • 1