13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

洲本市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3日 6月26日)

そうすると、これから淡路広域行政事務組合の中で協議していくというふうに思うんですけれど、現時点において、3市の分別種類の違い、あるいは料金格差がありますね。きのう少し問題になりました淡路市とやまなみ苑の場合については、期間を設けて、10月以降、1年半、料金を抑えるというような話。この3市の分別種類の違い、あるいは料金格差について改めて伺いますが、今後どのようにしていくつもりなのか。

香美町議会 2011-09-07 平成23年第60回定例会(第2日目) 本文 開催日:2011年09月07日

昨年度から取り組んでいる分別種類細分化、それに伴う収集見直し距離が遠くなることから運搬体制見直しなど、課題は多くあります。収集運搬見直し収集運搬経費の削減、27年度のごみの量の実績が広域への本町の持ち出しに反映されことを踏まえて、ごみ減量には取り組まなくてはなりません。前回の質問時には町長は委員会を立ち上げて検討していただくという答弁でございました。

伊丹市議会 2010-06-18 平成22年第3回定例会−06月18日-05号

議員御案内のように、本市ごみ分別は8種11分別分別種類が非常に多いことから、市民皆様にも多くの負担をおかけするとともに、ごみステーション分別指導をしておられるクリーンいたみ推進員自治会皆様方にも大変御苦労をおかけしているところでございますが、本市分別区分につきましては平成6年度に古紙、古布類を、また、平成9年度に瓶、ペットボトル、紙パック分別収集を開始いたしました。

豊岡市議会 2010-06-14 平成22年第2回定例会(第2日 6月14日)

これは市民がどこまで分別し、行政がどこまでさらに分別し、さらに専門的な分別をどういうふうにするかというふうなことを考えた結果が、今市民は6分別、それで行政がその後行う部分、それから市民団体が行う廃品回収資源ごみ回収、こういったものの分別種類をすべて分別種類に分けますと現実には21分別となってると。先ほど、市長が申しましたように、ごみ減量もピーク時に比べて34%減ってると。

香美町議会 2009-12-09 平成21年第43回定例会(第2日目) 本文 開催日:2009年12月09日

距離が遠くなることから、町内収集運搬体制見直し分別種類細分化などが課題だというふうに認識しております。分別種類が増えれば、収集運搬方法も変わってきます。22年度から予定している今までの燃えるごみと、その他紙製容器包装とに分別する予定というふうに聞いております。分別種類を増やすと同時に、私は減量にも取り組んでいかないと、ごみ問題は解決していかないとの思いをしております。

篠山市議会 2005-12-21 平成17年第45回定例会(第3号12月21日)

課題といたしましては、市全域902箇所のごみステーションから回収できる能力を持った企業があるのか、また、分別種類の増加により、内容物の点検やゴミステーションの設置されていないところがあるため、回収計画策定等が考えられますが、市民へのサービスを低下させないため委託に向け条件整備を図りたいと存じます。  谷議員におかれましては、何とぞご理解を賜りますようお願いを申し上げまして、答弁といたします。

姫路市議会 2001-03-06 平成13年第1回定例会−03月06日-03号

その他プラスチック紙容器包装につきましては、多種多様なプラスチック製品等から対象となる容器包装分別したり、食品残渣の洗浄など市民皆様に新たな負担をかけるとともに、分別種類がふえることによるごみステーション確保等も必要となり、また回収した容器等を中間処理することにより、新たなリサイクル経費が必要となる等、多くの課題が残されております。  

  • 1