7019件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2020-02-12 令和 2年 2月12日議会運営委員会-02月12日-01号

学校が育てたい子供像や目指すべき教育のビジョンを保護者地域共有し、目標の実現に向けともに連携・協働していくコミュニティ・スクールの導入を進めます。本事業では、パイロット校において、現行の教育連携協議会法定の要件を備えた学校運営協議会に移行させ、そこで話し合われた課題の解決に向けた地域学校協働活動が充実するよう、より包括的・機動的な協働活動を推進してまいります。  

西宮市議会 2020-02-10 令和 2年 2月10日総務常任委員会-02月10日-01号

暫時休憩をいたしまして、西宮市行政経営改革の実行計画の案につきまして、質問、質疑、確認、意味の共有を中心に時間をとらせていただきました。次回の3月6日からいよいよ本格的な論争の口火を切ってまいりたいと思います。議会も始まりますので、お忙しいところだと思いますが、格段の準備をもって臨んでいただきますよう、お願いいたします。  

西宮市議会 2020-02-06 令和 2年 2月 6日民生常任委員会−02月06日-01号

委員の皆さんで共有という形でいいですか。 ◆八木米太朗 委員   もちろんそうです。もちろんそうやと私は思いますけど。あとは委員長判断で。 ○川村よしと 委員長   ぜひ共有したいと思うので、よろしくお願いします。  ほかにございませんか。    (「なし」と呼ぶ者あり) ○川村よしと 委員長   なければ、本件はこの程度にとどめます。  

西脇市議会 2020-02-04 令和 2年議員定数調査特別委員会( 2月 4日)

委員間内で共有するものでしょう、今、私が聞いた限り。そこまでこだわらなあかんのですか、それ。 ○村井正委員長   私は、感じるのは、 ○村岡委員   高瀬主幹のほうから後ほどその議事録が回ってくるのに、これはどれぐらいの重きがあるのかというのが私は、高瀬委員もおっしゃってましたけれど、よくわからないんですよ。

西宮市議会 2020-02-03 令和 2年 2月 3日健康福祉常任委員会-02月03日-01号

ただ、個別の職員にどれだけ差が出てくるのか、プラス・マイナスも含めてになろうかと思いますけれども、そういった試算をするためには、一定その職員個人情報というものも県と共有してその差というものを求めなければいけないということになります。現段階ではまだそういったところについては、職員組合との交渉もございますので、そういった手続を踏んでの差額の算定というような形になろうかと思います。  

西宮市議会 2020-01-31 令和 2年 1月31日総務常任委員会-01月31日-01号

そういった視点も大事だし、業務改善はもちろん協力できるものは協力していきたいというそういうようなお話も多々出ましたけれども、水の将来といいますか、阪水とか県水とか自主水源とか、それから、将来避けられないかもしれない料金値上げとか、そういうことについて、近づいてきてからわっとやるのではなくて、中長期的に何か改善していったり、先を見通していったり、情報共有したりというようなことを求めておられました。

西宮市議会 2020-01-16 令和 2年 1月16日議会運営委員会−01月16日-01号

単に金額やらかかりそうな時間のボリュームで単純割りしたというのは意外と正直なんじゃないかなというふうに思っていて、こういうふうに関連するものを集めなあかんやろうというのやったら、集めて、例えば全局長とその委員会メンバーでの何か新しい協議の場をつくるとか、合同事業とか、あるいはこれとこれは関連するんと違うかという両局を呼んでこちらから何かを委員会の中でやるとか、一緒にしていることの意義をもうちょっと共有

神戸市議会 2019-12-27 開催日:2019-12-27 令和元年文教こども委員会 本文

ただ,今もございましたように,いわゆる情報共有なり,あるいは聞き取りといった状況の中で,これまで幹部職員が答弁をしてきたわけでございますが,その中に,そういうふうな虚偽答弁なりという受けとめ方をされても,いたし方のないような,そういう答弁であったということにつきましては,非常に申しわけなく思っております。  

篠山市議会 2019-12-26 令和元年第120回師走会議(12月26日)

また、私たち議員は、市民代表する公選の身として、市民職員痛み共有しながら協力し、行財政改革の推進と魅力あるまちづくりを進め、丹波篠山市再生の目的達成のため行動しなければならないとの姿勢をよりあらわすために、今任期中は、期末手当を10%減額しています。  昨今、地方議員のなり手不足が叫ばれています。

丹波市議会 2019-12-26 令和元年第105回定例会(第7日12月26日)

それぞれ文書共有システムに登録しておりますので、ごらんおきください。  以上で、諸般の報告を終わります。  ここで市長より行政報告の申し出がありますので、これを許可いたします。  市長。 ○市長(谷口進一君) (登壇) おはようございます。ただいまから行政報告を申し上げます。  諸般につきましては、別紙資料として一覧表でお手元にお配りいたしておりますとおりでございます。

西宮市議会 2019-12-23 令和 元年12月23日総務常任委員会-12月23日-01号

ビジョン策定の目的としまして、昭和3年に市制で2代目となる本庁舎が六湛寺町に建設されて以来、周辺地区は官公庁街として発展し、多くの公共施設建設されてきましたが、これから本格的な人口減少社会を迎える中で、多様化する行政ニーズに応え、これまで培ってきた本地区の魅力をより高めるために、空間整備の方針である本庁舎周辺再整備ビジョンを作成し、行政市民、事業者などさまざまな担い手が目指すべきまちの将来像を共有

姫路市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会−12月23日-05号

2つに、懸案事項が発生した場合の議会への報告について、報告できる内容に限界があることは理解するものの、情報共有という観点からも、できるだけ速やかに報告するよう努められたいことを要望いたしました。  以上のとおりであります。  議員の皆さんにおかれましては、本委員会の決定にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。 ○阿山正人 議長   厚生委員会委員長 汐田浩二議員

伊丹市議会 2019-12-20 令和元年12月20日総合計画検討特別委員会−12月20日-01号

現在の国の動向ですが、平成26年12月に国は日本人口の現状と将来の姿を示し、人口問題に関する国民の認識の共有を目指すとともに、今後取り組むべき将来の方向を示した長期ビジョンを提示しました。また、長期ビジョンを踏まえ、2015年度を初年度とする、今後5カ年の政策目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめたまち・ひと・しごと創生総合戦略を策定いたしました。

篠山市議会 2019-12-20 令和元年第120回師走会議(12月20日)

この間、市民主体で立ち上がった「ハッピーバースプロジェクト」では女性たちが妊娠・出産体験を共有し、「バーストラウマ」(出産時の心の傷)に気づき、心を回復させることの重要性を啓発しています。また、子育て世代包括支援センター「ふたば」では、「お産応援窓口事業」として、助産師による妊娠・出産・産後のトータルな支援に取り組まれているところです。  

篠山市議会 2019-12-19 令和元年第120回師走会議(12月19日)

市として全力で取り組むべき課題であることからも、本格運行を前にして、4地区を初め、バス停から遠距離の交通空白地域もあり、今後取り組みを考えている地区も含めて課題を明らかにし、共有するための会議を開催すべきと考えますが、市長の見解を伺います。  そして、交通問題を地区だけに任せず、市が主体的・積極的に取り組むことが必要です。

淡路市議会 2019-12-19 令和元年第81回定例会(第6日12月19日)

このあたりが議会共有していて、議会として分離していくべきだということになれば、またそれは別のところで話し合っていただかんとあかんかなと。あくまで委員会としては、これをやりました。ただ、意見はありましたということだけ申し上げておきます。  それから、2つ目のことにつきましては、深める議論があったかということでございますが、その辺についての質疑は出ておりません。

たつの市議会 2019-12-19 令和元年第5回たつの市議会定例会(第2日12月19日)

市といたしましては、里道及び水路は古くから、その多くが地域住民の日常生活に密着した共有財産であることから地域の皆様に感謝しつつ、法定外公共物の維持管理を引き続きお願いしたいと考えております。  いずれにいたしましても、地域と市が協働し、適正な管理に努めていく所存でございます。  次に、3点目のご質問の揖龍南北幹線道路大鳥踏切以北区間の整備とその後の取組経過についてお答えいたします。  

篠山市議会 2019-12-18 令和元年第120回師走会議(12月18日)

また、行政との協働により、さまざまな地域課題の解決に向けて、日ごろより地域活動を担っている構成団体等の活動支援や、新たな取り組みに関して地域の中で人材を募ったりしながらネットワークを広げ、地域力の向上を目指していく組織であることを、広く市民の方に再認識をしていただく必要があるのではないかということですが、年に3回のまちづくり連絡会において、各まち協の新たな取り組みや各地区の情報共有し、協力いただける