216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

丹波市議会 2018-09-21 平成30年予算決算特別委員会( 9月21日)

決算書232ページの観光振興事業の件ですが、様式5の観光振興事業をちょっと見させていただいた中で、特定財源の名称及び金額の中に、観光施設整備事業補助金過年度返還金1,067万9,000円やら、補助金返還加算金の観光施設分やら公衆便所分が入ってるんですが、今後、その返還金に関しては、明確に方向性がはっきりしていないというようなことを聞いとるんですが、その辺の扱いで、ここにはっきり金額的なものが出てきてるんで

加古川市議会 2018-09-14 平成30年福祉環境常任委員会( 9月14日)

中村亮太委員   冊子4の144ページ、環境衛生費の環境衛生事業ですが、公衆便所清掃委託料約180万円で、市内3カ所ありますということですが、篠原市民トイレはわかるのですが、JR神野駅と厄神駅のトイレも利用者のほとんどはJR利用者ですが、市が清掃をすることについての考え方について教えてください。

姫路市議会 2018-06-27 平成30年6月27日経済観光委員会−06月27日-01号

◆問   美化業務課の事務分掌について、し尿処理事業と久保町公衆便所に関する事業をまとめることはできないのか。 ◎答   今後検討させてもらいたい。 ◆問   古紙やエコパークあぼしでの可燃ごみを焼却した際、金属類が出た場合の売却益は歳入のどの部分に含まれているのか。 ◎答   美化部所管の諸収入に含まれている。

丹波市議会 2018-03-22 平成30年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会( 3月22日)

うち、1枚目の一番右下の欄をごらんいただけたらと思うんですが、うち262件について不正受給が認められ、補助金総額では4億3,994万2,200円、このうち観光施設整備事業、観光公衆便所整備事業、野生動物防護柵集落連携設置事業については、市が参考値として再算定した出来高ではございますが、全11事業で合計の過払いとして、2枚目ごらんいただいたら、2枚目の最下段の一番右端でございますが8,272万8,600

尼崎市議会 2018-03-01 平成30年  3月 議会報-03月01日−07号

△議案第1号 平成30年度尼崎市一般会計予算 ◆(藤野分科員) 190ページの衛生費のし尿処理費の公衆便所清掃事業費ということで前年度に比べ1,260万ふえてるんですが、その中の一部については提案型事業委託制度により清掃業務を実施するとなってるんですけども、この内容的にはどういうことを提案してもらって、委託範囲を広げてるんですか。

尼崎市議会 2018-03-01 平成30年  3月 議会報-03月01日−03号

次に、経済環境局及び農業委員会におきまして、産業廃棄物等関係事務手数料条例の一部改正に関しては、2以上の事業者による産業廃棄物の処理に係る特例制度が創設された理由、本市で特例認定を行う見込み、一般会計予算に関しては、公衆便所清掃事業に対する提案型事業委託制度の提案内容、二酸化炭素排出量の計算方法、二酸化炭素排出量を削減することによるメリット、産業分野におけるワンストップ窓口の必要性、29年度に実施

丹波市議会 2018-02-27 平成30年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会( 2月27日)

平成28年度丹波市観光施設整備事業補助金及び丹波市観光公衆便所整備事業補助金のうち、大杉ダム自然公園に係る8件の補助金交付につきまして、市の不正受給の調査結果、及び本市補助金の不正受給に係る調査特別委員会の調査結果も踏まえまして、申請時の補助金交付申請書や見積書、実績報告時の領収書の偽造など、欺罔行為が認められ、地元負担を逃れられ、補助金を搾取されましたため、前大杉ダム自然公園管理委員会会長を刑法

丹波市議会 2018-02-20 平成30年第95回定例会(第1日 2月20日)

次に、21ページの5項雑入、1目雑入で、今回の前山地域の補正補助金不正受給事案に伴います補助金交付金の返還金としまして、観光公衆便所整備事業補助金(過年度返還金)629万7,000円、観光施設整備事業補助金(過年度返還金)1,067万9,000円、地域づくり交付金(過年度返還金)61万8,000円をそれぞれ追加いたしております。  

丹波市議会 2018-02-15 平成30年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会( 2月15日)

まず、1点目は、本日の新聞報道でもございましたが、昨日の総務常任委員会でも副市長のほうから報告をさせていただいておりますが、平成28年度の観光施設整備事業補助金及び観光公衆便所事業補助金につきまして、刑事告訴に向けて丹波警察署のほうに検討資料のほうを提出をしております。  このことにつきましては、これまでの、この件について、警察との協議を続けておったところでございます。

丹波市議会 2017-12-21 平成29年第93回定例会(第5日12月21日)

された平成28年度丹波市一般会計歳入歳出決算の審議・審査過程において、丹波市監査委員から提出された平成28年度丹波市一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査意見書に記載のあった指摘事項について、本会議及びその後に設置された予算決算特別委員会で市当局にただしたところ、前山地区自治振興会が申請して、実質的には大杉ダム自然公園管理委員会が実施した丹波市観光施設整備事業補助金及び丹波市観光公衆便所整備事業補助金

丹波市議会 2017-12-19 平成29年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会(12月19日)

○企画総務部長(村上佳邦君) 平成28年度の丹波市の観光施設整備補助金7件と、それから、平成28年度の観光公衆便所の整備補助金の1件につきまして、さる13日の丹波市補助金の不正受給に係る特別委員会のほうで、12月8日付で交付決定の取り消しと補助金の全額の返還を命じる返還命令書を前山地区自治振興会並びに大杉ダム自然公園の管理委員会連盟宛てに郵送したというふうに御報告をさせていただいておりました。  

丹波市議会 2017-12-13 平成29年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会(12月13日)

そのうちの、まず1点目でございますが、平成28年度の丹波市観光施設整備補助金並びに観光公衆便所整備補助金につきまして、12月8日付で現在の自治振興会長並びに大杉ダム自然公園管理委員会の会長宛てに補助金の交付決定の取り消しと並びに補助金全額について返還命令を、通知をいたしております。  返還の額は、合わせまして1,697万6,000円の補助金

丹波市議会 2017-11-27 平成29年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会(11月27日)

お手元の資料の1ページ目に平成28年度観光施設整備事業、観光公衆便所整備事業工事費算定資料(参考)というのをごらんいただきたいと思います。前回の特別委員会の際に提出した資料から変更している点につきましては、この資料の4番目と7番目の工事の査定設計額と、出来高認定額の欄の修正をいたしております。

丹波市議会 2017-11-13 平成29年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会(11月13日)

それでは、お手元の観光施設整備事業、観光公衆便所整備事業工事費算定資料、参考という資料をごらんいただきたいと思います。  この資料につきましては、先ほど申し上げましたように、平成28年度に市が補助金を交付した観光施設等の8件の補助事業に係る工事費を市の積算基準によりまして、工事費の算定をした参考資料でございます。

丹波市議会 2017-11-01 平成29年市補助金の不正受給に係る調査特別委員会(11月 1日)

参考人は、平成28年度当時、産業経済部長として恐竜・観光振興課を所管されておりましたが、前山地区自治振興会の名義で大杉ダム自然公園管理委員会観光施設整備事業補助金及び観光公衆便所整備事業補助金により実施された事業には、どの程度、関係しておられましたでしょうか。  参考人