運営者 Bitlet 姉妹サービス
4160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 免許証返上者、その予備軍、ひとり暮らしの高齢者、低所得者などの声は切実であります。  繰り返し増車・増便など拡充を求めてきましたが、9月議会で、2人の議員が一般質問で取り上げ、市長は、公共交通の充実を図るため、ゆらのすけの増便を検討してまいりますと答え、喫緊の研究課題から実施に向けた検討へ決断されました。  今回は、現段階における検討内容についてお尋ねします。   もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 お考えをお聞かせください  次に、特別支援学校教諭等免許状を保有する教諭の確保についてお聞きします。   もっと読む
2018-11-29 宝塚市議会 平成30年11月29日産業建設常任委員会−11月29日-01号 ◎岡田 農政課長  野生動物をこの法律、鳥獣保護管理法に沿って市民生活の生活環境に悪影響、もしくは、農業被害があった場合、そういう被害の訴えをもとに捕獲をした場合、これも狩猟免許を持った、本市でございますと猟友会に委託をしておるんですけれども、免許を持たれた方が、できるだけ動物が安楽に死ぬといいますか殺処分できるような配慮をしながら殺した上で、カラスであればクリーンセンターへ持ち込みをしておると伺ってございます もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 31年度につきましては,麻薬小売業許可に係る事務,そして覚醒剤原料の届け出に係る事務,管理栄養士及び栄養士免許の申請受理・交付事務,そして薬剤師免許の申請受理・交付事務,こういった事務について移譲を予定をしているわけでございます。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) (1)の救急救命士免許取得、救命士研修についてですけれども、兵庫県救急救命士養成所での研修内容に、救急救命士養成研修、それと国家試験受験とあります。1人の研修で期間が130日に対し、259万3,969円が事業費として使われております。この259万3,969円、事業費の内容ですね、使われ方について、お伺いいたします。 ○前川委員長  久野総務係長。 もっと読む
2018-10-11 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月11日) ○名田子育て健康課長  過去にですね、大型免許を取得するということで、そういう支援をした方はいらっしゃったんですけれども、なかなか実際、お仕事がないということで、違う職業につかれているという方はございますが、支援したお金を返していただくということはございません。 ○前川委員長  他にございませんか。  田渕委員。 もっと読む
2018-10-05 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 5日) 教員の免許状を持っていらっしゃる方については、1時間1,800円の時給、それから、免許を持ってない方については1,500円の時給ということでお支払いをしておるところでございます。この活動については、各学校によって週に1回行ってあり、2回であったり、また、子どもたちの様子を見て、1時間であったり、2時間であったり、各学校に応じてそれぞれの取り組みをされているところでございます。  以上です。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 29 ◯三木保健福祉局長 今,副委員長言われましたとおり,先ほどお答えしました全国初の神戸モデル,3点の特徴を持っているわけでございますけども,その2点目の事故救済制度について,認知症の方が運転された場合はもちろんですね──これ実際,認知症の方というのは運転免許上の要件としては失格条件なんです。 もっと読む
2018-10-04 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月 4日) ○釣委員  ちょっと質問の中で市民病院とか福祉会館ではできないかと、やっぱり今、入場券の絡み、身元確認であれば免許証等、できれば何もなければ、生年月日とそのぐらいやったら、できると思うんやけれど、その辺がやっぱり個人情報、個人情報と言うてきているけれど、投票率アップのためには入場券、もしくは免許証、保険証ぐらいやったら、身元確認になると思うんやけど、やっぱりその辺でもまだ難しいのか。 もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 しかしながら、今後、老朽化が進む中、運転免許証の返納など、公共交通問題はますます深刻になってきます。  そこで、今回試験運行の結果について、検証と今後の取り組みについて答弁を求めます。  道路整備について。  ア、市道1508号線、いわゆる農免道路と市道1509号線の整備について、進捗状況等、答弁を求めます。  (3)宝塚自然の家についてです。   もっと読む
2018-09-26 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第4日 9月26日) 自動車免許証の自主返納者が年間100人を超える状況になり、公共交通空白地域の解消、不便地域の解消は急務であります。市内には、まだまだ公共交通空白地域が残されています。従来の路線バスの運行についても、市民からはさまざまな意見が出ています。高齢者や交通不便地域の住民の足である公共交通の充実に向け、スピード感を持って早期に実施されることをあわせてお願いを申しておきたいと思います。   もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) 例えば、交通違反や3年・5年の免許証更新の機会に、警察との情報共有や連携は考えられないかお伺いします。  第3項目、議案第41号 平成30年度小野市一般会計補正予算(第2号)について、次の2点について、お伺いします。   もっと読む
2018-09-20 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月20日) 免許証返納者は、今年と去年だけで316人であります。これらの方のことをどのように考えているのか。最近、高齢者の交通事故が毎日のように報道されている現状があります。  地域新聞によりますと、自主返納した人が5年前に比べ、6倍以上に増加したことがわかったということですが、これらの方の実態をどのように見ているのでしょうか。伺います。  その4は、市民アンケートを実施すべきである。 もっと読む
2018-09-19 姫路市議会 平成30年9月19日文教・子育て分科会−09月19日-01号 また、私立の教育・保育施設職員の処遇改善に対して経費の一部を助成したり、保育士資格または幼稚園教諭免許状のいずれかを持つ人に対して併有するための資格取得支援を行ったり、幼稚園教諭免許の更新にかかる費用を補助するなど、さまざまな取り組みをしてきた。 ◆問   資料16ページの当初予算にはなかった子育て支援特別対策事業費補助金1億5,100万円余りの内容について説明してほしい。 もっと読む
2018-09-19 猪名川町議会 平成30年第391回定例会(第2号 9月19日) しかし、近年は、高齢者の早期の運転免許返納がより求められるようになってきています。このような状況から、本町では今年度から高齢者外出支援事業hanicaグランドパス65、高齢者向け阪急バス全線フリー定期券ですけれども、これの購入費助成が始まり、現在10数名余りの方が利用されていると聞いております。   もっと読む
2018-09-19 姫路市議会 平成30年9月19日文教・子育て委員会−09月19日-01号 ◆問   議案第98号は、放課後児童クラブの専従者で教員免許を更新していない人に更新してほしいということなのか。 ◎答   これまで「資格を有する者」と規定されていたが、教員免許の更新制が始まって以降、免許を更新しているのかそうでないのかが不明確であった。今回、「免許状を有する者」という条文に変わったので、更新しているかどうかにかかわらず、免許状があれば支援員の対象になることを明記した。 もっと読む
2018-09-18 姫路市議会 平成30年9月18日文教・子育て委員会−09月18日-01号 小学校はクラスがえができること、中学校はクラスがえとあわせて、免許外の担当がなくなるためにこの学級数が必要ということだが、免許外の担当が必要になる基準は24学級以下なのか。 ◎答   定員の配当基準というものがあり、中学校の場合、9学級であれば教頭を含めて15人の教員が配置される。例えば6学級の場合は教頭を含めて10人となるので、免許外の担当が発生する可能性が出てくると考えている。 もっと読む
2018-09-12 姫路市議会 平成30年第3回定例会-09月12日-04号 例えば、道路交通法では、自転車による車道右側通行は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金となっておりますが、実際に適用された場合には、運転免許による反則金制度がないため、検挙という扱いになることなどを含めて教育も必要ではないでしょうか。 もっと読む
2018-09-12 宝塚市議会 平成30年 9月12日産業建設常任委員会−09月12日-01号 こういうことから、自転車が手軽で便利な乗り物で運転免許証が不要なために、そういった道路交通法上の軽車両としての認識が低いということが考えられると思います。  もう一点目の高齢者の事故がふえているということにつきましては、高齢者は加齢によりまして身体機能が低下し、判断する能力が低下しているというふうなことが学者の指摘がありますので、そういったことが原因であると考えております。 もっと読む
2018-09-11 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第2日 9月11日) 続きまして、消防団の『準中型免許』取得支援についてお伺いをいたします。  消防団の人手不足が深刻になっていますが、全国の消防団にある車両の3割以上が、昨年3月の道路交通法改正後に取得した普通免許で運転できない状況にあるという報道がされました。普通免許で運転できる車両は、昨年の改正前は5トン未満というものでありましたけれども、改正後は3.5トン未満に引き下げられました。 もっと読む