15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

加西市議会 2019-09-11 09月11日-03号

施策の内容といたしましては、基本的な取り組みとして地域におけるネットワーク強化自殺対策を支える人材育成市民への啓発周知、生きることの促進要因支援、児童・生徒へのSOSの出し方に関する教育を推進する、重点施策としては、一つとして1番目に高齢者への支援として地域包括ケアシステムを活用した高齢者支援介護家族に対する支援高齢者への生活支援充実、生きがいと役割を実感できる地域づくり、2つ目として

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

次に、生きることの促進要因というところがございまして、これをふやす取り組みを行われていますが、一番の成果としては何がありましたでしょうか。生きることの促進要因、自殺対策の現状のところで。 ○議長(関貫久仁郎) 健康福祉部長。 ○健康福祉部長久保川伸幸) 非常に大きな形でのお尋ねですので、どう答えていいかちょっとわかりにくい部分もございますが。

明石市議会 2019-03-05 平成31年文教厚生常任委員会( 3月 5日)

計画では、計画策定会議の意見も取り入れ、生きることの包括的支援として自殺対策を推進するために、生活困窮精神疾患の未治療など、生きることの阻害要因を減らし、信頼できる相談相手地域における居場所をつくるなど、生きることの促進要因をふやすことを通じて、自殺リスクである生きづらさを低下させることを特徴としております。  

宝塚市議会 2019-01-16 平成31年 1月16日文教生活常任委員会−01月16日-01号

基本施策1としては、「地域におけるネットワーク強化」、2として、「自殺対策を支える人材育成」、3つ目は、「市民への啓発周知」、4つ目は、「生きることの促進要因への支援」というものです。  それから次、8ページは重点施策ということで挙げております。これは、基本施策を踏まえまして、さらに具体的な支援について施策を定めたものです。

伊丹市議会 2018-12-14 平成30年12月14日文教福祉常任委員協議会-12月14日-01号

次のページの基本施策3つ目の(3)、生きることの包括的な支援でございますが、自殺リスクは失業や多重債務などの生きることの阻害要因が、自己肯定感や信頼できる人間関係などの生きることの促進要因を上回ったときに高まりますので、促進要因をふやす取り組み阻害要因を減らす取り組みの双方の取り組みを実施することで、多方面から包括的な支援を行います。  

姫路市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会-12月03日-02号

さらに、計画では自己肯定感や信頼できる人間関係危機回避能力などの向上を図る、生きることの促進要因への支援の中で、未遂者への相談支援体制充実を図っていくことといたしております。  また、遺族ケアにつきましては、遺族からの相談に応じるとともに、必要に応じて、自死遺族の会などの支援機関などを紹介をし、ケアが受けられるように対応をいたしております。

明石市議会 2018-09-21 平成30年文教厚生常任委員会( 9月21日)

そのような状況の中で、生きることの阻害要因である生活困窮いじめや孤立、鬱病などの心の病気の未治療などを減らし、生きることの促進要因である信頼できる相談相手を見つける、地域における居場所をつくることなどを通じて、自殺リスクである生きづらさを低下させるような、生きることの包括的支援として記載のとおり4つの柱により計画を策定します。  

播磨町議会 2018-03-13 平成30年 3月定例会 (第2日 3月13日)

大綱では、過労や生活困窮いじめなどの「生きることの阻害要因」を減らし、自己肯定感や信頼できる人間関係などの「生きることの促進要因を増やすことで「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指す」ことを基本理念に掲げています。  人が自殺に至る過程は、非常に複雑で難しい面があり、複合化しています。自らを追い込み、深刻化してしまう前に「SOS信号」をきちんと受けとめられることが求められます。

宝塚市議会 2017-09-27 平成29年第 3回定例会−09月27日-02号

ところが、今回の大綱で強く強調されているのが生きることの促進要因、自殺に対する保護要因をふやすこと、だから、1次でも言いましたように、生きるための施策の拡充が大切なんだということが指摘されていると思うんです。自殺対策の本質が生きることの支援であるということですから、その辺を踏まえて御答弁もいただきたいというふうに思うんです。  

猪名川町議会 2017-06-19 平成29年第386回定例会(第2号 6月19日)

○1番(岡本信司君) 答弁の中にもありましたように、日本大学文理学部によります平成26年3月発表のコミュニティスクール指定促進要因阻害要因に関する調査研究によりますと、コミュニティスクール指定された学校では、指定前にコミュニティスクールに対して課題と感じていたことが指定後には解消されていると報告されています。答弁のとおりでございます。

三田市議会 1993-09-13 09月13日-02号

通産省が8月に発表いたしました「大型小売店販売統計速報」によりますと、この7月百貨店スーパーを合わせた販売額は前年同月比5%減と、14カ月連続して減少となり、円高差益還元セールなどの販売促進要因があったにもかかわらず減少となっておるところでございます。業態別では百貨店が5.8%の減で17カ月連続減ということであり、スーパーは3.8%の減で12カ月連続の減となります。

  • 1