運営者 Bitlet 姉妹サービス
5773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 いずれにしましても、イベントに伴って必要となる交通安全上の警備につきましては、主催者において実施するものであると考えておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。  以上でございます。 ○今里朱美 議長   福田文化コンベンション施設整備担当理事。 もっと読む
2018-10-11 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月11日) それから(3)の交通安全施設関係では25件中25件、100%の処理。その他も18件中18で100%の処理ということで、ほぼちゃんと処理はされてるわけですけれども、この要望・苦情についてですけれども、これはどういう形で、まず寄せられているのでしょうか。そういうことをちょっと確認したいんですけど。  例えば、自治会を通して来ているのか、組や班、もしくは個人からの要望、苦情なのか。 もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) 中ほど、11款1項1目1節交通安全対策特別交付金、収入済額414万3,000円は、交通反則金から割り当てられた特別交付金で、交通安全施設整備の財源となっております。  22、23ページをお開き願います。下段、13款使用料及び手数料、1項5目土木使用料、収入済額8,323万9,455円でございます。1節住宅使用料、収入済額943万3,700円は、町営住宅32戸の家賃収入でございます。 もっと読む
2018-10-05 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−10月05日-06号 主な質疑として、スマートフォンを使用しながらの乗車の危険性について、電動アシスト自転車の加速の危険性に関する交通安全教育について、また、自転車利用時のヘルメット着用を努力義務とし、義務化をしなかった理由について、県で自転車保険の加入が義務化されたことについてなどの質疑がありました。  審査の結果、本議案は全員一致で可決いたしました。   もっと読む
2018-10-04 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 4日) 続きまして、交通安全対策費755万7,492円でございます。昨年より、約220万円増額しておりますが、主な原因は、昨年10月に発生いたしました台風21号によります、交通安全施設の倒壊に伴う修繕料や、隔年に実施しております交通量調査委託料が影響するものでございます。  主なものといたしましては、7節賃金、交通安全指導員賃金393万320円でございまして、同指導員2名分の賃金となってございます。   もっと読む
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 また、市では、交通安全の注意喚起看板を販売事業者から購入し、交通事故が多い箇所などに設置をしています。それらの看板につきましては、注意を喚起する黄色と黒色を基本とし、背景と文字が対称色となるよう配慮しています。   もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 なお、通学路上の安全性に課題が生じたといった場合は、学校、市教育委員会、市、県、警察の関係者で構成します宝塚市通学路交通安全推進会議におきまして、現場検証を行って必要な措置を講じるなど、安全性の確保に努めています。  当該児童クラブに対しましても、このような実例に基づきまして必要な指導を行っていきたいと考えています。  以上です。 ○三宅浩二 副議長  たぶち議員。 もっと読む
2018-09-21 姫路市議会 平成30年9月21日総務分科会−09月21日-01号 また、交通安全運動の期間中には、詰所に立って、注意喚起も行っており、事故を減らしていく努力をしている。 ◆要望   姫路市の看板を背負っているので、事故がないようによく注意してもらいたい。 ◆問   議案第86号 平成29年度姫路市財政健全化調整特別会計決算認定について、卸売市場事業特別会計貸付金として、約5億4,225万円を支出しているが、その内容を説明してもらいたい。 もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) この小野警察署の開署に合わせて、その東隣に小野市安全安心センターを平成28年1月にオープンさせ、警察署と連携が深い小野交通安全協会、小野防犯協会、小野自家用自動車協会の業務を集約し、交通、防犯に関する業務を一体的に実施する拠点を整備をいたしました。   もっと読む
2018-09-12 姫路市議会 平成30年第3回定例会-09月12日-04号 次に、3点目の加害者にさせないための自転車教育についてでございますが、保護者には、自転車保険の加入義務の啓発、児童生徒には、警察から発行されている交通安全だより等を活用し、引き続き適時性や発達段階に応じた安全教育を進めてまいります。  また、自転車免許の発行につきましては、現在のところ考えておりませんが、今後、他都市の事例等を参考に研究してまいりたいと思います。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-12 宝塚市議会 平成30年 9月12日産業建設常任委員会−09月12日-01号 ◎藤田 防犯交通安全課長  宝塚市の自転車の事故の発生率と兵庫県の事故の発生率につきましては、似たような数字になっておりますので、見ていると似たようなものになっておりますので、この資料で判断できると考えております。 ○たぶち 委員長  みとみ委員。 もっと読む
2018-09-12 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第3日 9月12日) この件については、昨年12月議会で質問させていただいた際に、都市整備部長より、平成26年に洲本市通学路交通安全プログラムが作成されており、現在はそのプログラムに基づいて市内にある13の小学校、それを2つのグループに分けて隔年にそれぞれの小学校の通学路を点検しているという状況です。この通学路点検の参加者については、学校関係者、保護者代表、または道路管理者、警察、自治会となっておりました。   もっと読む
2018-09-11 西脇市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月11日) 公債費    第13款 諸支出金    第14款 予備費  歳出の総括  【歳入】    第1款 市税    第2款 地方譲与税    第3款 利子割交付金    第4款 配当割交付金    第5款 株式等譲渡所得割交付金    第6款 地方消費税交付金    第7款 ゴルフ場利用税交付金    第8款 自動車取得税交付金    第9款 地方特例交付金    第10款 地方交付税    第11款 交通安全対策特別交付金 もっと読む
2018-09-11 洲本市議会 平成30年第5回定例会(第2日 9月11日) ○12番(先田正一議員)  次に、平成24年に、全国で登下校中の児童生徒が死傷する事件が相次いで発生したことから、本市では、洲本市通学路交通安全プログラムが策定され、各小学校の通学路における合同点検が実施されていることと思います。 もっと読む
2018-09-10 西脇市議会 平成30年総務産業常任委員会( 9月10日) 西脇市の南部地域から新庁舎、市民交流施設に向かう主なアクセス道路は、南から県道西脇三田線を右折いたしまして市道を南旭町下戸田線を通るルートになると考えておりますが、県道西脇三田線と市道南旭町下戸田線の交差点における右折車による渋滞と交通安全の対策として、新庁舎、市民交流施設の整備に合わせまして県道西脇三田線に右折車線を設置するよう県に働きかけております。 もっと読む
2018-09-10 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月10日-02号 そして、早急に危険予知を行い、予防措置を徹底するためにも、再度、通学路交通安全プログラムに基づく合同点検が有効に機能していくように随時改善していくべきだと思います。  また、子どもたちには、家庭教育、学校教育の中で、危険を予測して回避する能力を身につける安全教育の推進もあわせて実施することで、より安全が確保できると思います。  そこでお伺いいたします。   もっと読む
2018-09-07 宝塚市議会 平成30年 9月 7日産業建設常任委員会-09月07日-01号 現在、市内では認定こども園が4園あり、交通安全教室やその案内をしているところですが、今回の条例改正に際し、条例に明記するところでございます。  なお、今回の議案提出に先立ちまして、6月4日から7月4日、1カ月間、この案をパブリック・コメントにかけておりまして、市民の方の御意見をいただいたところでございます。  以上、説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願いいたします。 もっと読む
2018-09-03 姫路市議会 平成30年第3回定例会−09月03日-01号 第40款、交通安全対策特別交付金は1億206万3,000円で、293万7,000円の減収、第45款、分担金及び負担金は19億4,490万7,765円で、1億3,793万2,197円の減収となり、不納欠損額169万5,308円、収入未済額2,017万7,928円は児童福祉費負担金などでございます。   もっと読む
2018-08-10 赤穂市議会 平成30年幹線道路・河川整備特別委員会( 8月10日) 特に交通安全上、例えば、車が当たるような、例えばそれを大きく迂回しないと通れんようなということが、緊急的なものがありましたら、そのときにつきましては、そういう緊急手段として、撤去、伐採することは可能だと思いますけども、まずは第一義的に、まず土地所有者さんに切っていただくというのを踏まえてからだというふうに認識しております。 ○竹内委員長  前田委員。 もっと読む
2018-08-10 西脇市議会 平成30年文教民生常任委員会( 8月10日) そして、その他として、警察の関係に関しては、交通課、これは、年4回、事故防止等のキャンペーン、または、交通安全教室等の取り組みをされているということをお聞きしました。  生活安全課のほうでは、青パトで巡回しながら通学路の点検、また、防犯ネットの配信などをされておりました。   もっと読む