運営者 Bitlet 姉妹サービス
4362件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 また、交通渋滞については、配送ルートのシミュレーションを行った結果、混雑が予想される国道250号をルートから外すことにより問題はないと考えているが、交通事故があった場合等の迂回ルートについては今後検討を重ねていきたい、とのことでありました。   もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 よくドラマなんかでありますように、連帯保証人になったばっかりに財産とられてしまうとか、そういうのがありますので、例えば免許の更新時だとか教習所で見るような悲惨な交通事故のDVDのような、そういうものをつくって啓発活動をされたら、怖いなとか、おどすわけじゃないんですけども、そういうような意識を持ってもらえると思うんですけどどうでしょうか。 ○今里朱美 議長   志水市民局長。 もっと読む
2018-12-04 上郡町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) ○総務課長(田渕幸夫君) 自動車等の事故の場合は、損害賠償の額を定めたり、和解するという場合は、議会の議決が必要ということでございまして、交通事故等の場合は専決処分の事故の指定をさせていただいています。その上で、専決処分の上、議会に報告するというような報告の手順がございます。  それ以外の事故につきましても、国の懲戒処分の公表基準に準じまして、町の懲戒処分の公表基準を定めております。 もっと読む
2018-11-22 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第1日11月22日) 年度赤穂市介護老人保健施設事業会計決算認定について   認第12号 平成29年度赤穂市水道事業会計決算認定について         (一括上程、委員長報告、質疑、討論、表決)  日程第5   報第15号 専決処分の報告について    専第9号 平成30年度赤穂市一般会計補正予算         (上程、説明、質疑、討論、表決)  日程第6   報第16号 専決処分の報告について    専第10号 公用車の交通事故 もっと読む
2018-11-16 洲本市議会 平成30年第6回臨時会(第1日11月16日) これら3件の専決処分につきましては、市長において専決処分することができるものとして、市議会の議決により特に指定されております事項の第1項、交通事故の損害賠償の額を定め、和解すること、及び第2項、法律上、市の義務に属する100万円未満の損害賠償の額を定め、和解することに該当するため、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、専決処分し、同条第2項の規定により、御報告申し上げるものでございます。   もっと読む
2018-10-05 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−10月05日-06号 議案の概要は、交通事故による被害の軽減を図るため、自転車利用時に乗車用ヘルメットの着用を努力義務化するとともに、県条例との整合性を図るため、条例の一部を改正しようとするものです。   もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 ただ,これ認知症の診断を受けられた方が交通事故に遭われた場合,これについては自賠責保険のほうから,例えば死亡であったら100万円,傷害であってもある程度の保険金が支払われるということが1つ,これもケースが非常に多いですから言わせていただきたいと思ってございます。   もっと読む
2018-10-04 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 4日) これにつきましては、高齢者の交通事故が増加していることから、川西警察や町内の自動車学校の協力をいただきまして、平成29年10月19日に65歳以上の高齢者を対象といたしましたシルバー安全運転講習会を実施したものでございます。  次のページ、56、57ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 また、市では、交通安全の注意喚起看板を販売事業者から購入し、交通事故が多い箇所などに設置をしています。それらの看板につきましては、注意を喚起する黄色と黒色を基本とし、背景と文字が対称色となるよう配慮しています。   もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 ただ、一方でいろいろと通行阻害になっている部分、また死角ができて交通事故を誘発しかねん場所、これらは市民の方々とのお話し合いであったり先ほどお話が出ました通学路の安全点検でも指摘されて、実際改良している部分もあります。我々としては、やはり緑を守りながらというこだわりはありますが、確かにそういう危険な場所については臨機応変な対応も考えていくべきというふうに思っています。  以上です。 もっと読む
2018-09-21 姫路市議会 平成30年9月21日総務分科会−09月21日-01号 ◎答   公用車で交通事故を起こして、相手方からもらった分と、三菱自動車の燃費不正事件により追加的に税金を徴収しないといけなくなったので、その事務経費を求償したものである。 ◆問   公用車の保険は一括で入っているのか。また、それはどの科目から支出しているのか。 ◎答   財産管理費の市有財産保険料の中に車両と建物の分が含まれている。 もっと読む
2018-09-20 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月20日) 地方圏の自動車交通の特徴として、自ら自動車を運転する高齢者の割合が多く、高齢者の交通事故は増加しています。車を運転することのできない高齢者は、日常生活において不便な思いをしていることが多く、例えば買い物をするために非常に不便な思いをする買い物難民の増加等が問題視されています。  このような地方圏の交通不便地域に住む高齢者等に向けて、地域公共交通による移動手段は喫緊の課題となっています。   もっと読む
2018-09-18 加古川市議会 平成30年建設経済常任委員会( 9月18日) 具体的な使い方としては、このダミー人形を使ってトラックで交通事故の状況を再現する、そうしたことで事故に遭ったら痛い、危ないという使い方をしています。 ○玉川英樹委員   わかりました。高齢者の件ですが、例えば高齢者の運転による大きな事故など、警察関連の話になるかもしれませんが、市としては、数値などは押さえているのでしょうか。 もっと読む
2018-09-12 宝塚市議会 平成30年 9月12日産業建設常任委員会−09月12日-01号 歩行者の方だったりでもずっとスマホを見ていて信号がわからなかったということで、思わず信号無視をしてしまったということで、外国、どこの国だったか忘れましたけれども、ヨーロッパの国なんかでは道路と横断歩道の際にランプで通行可とか、いろんなそういう標示をされているところもあるとテレビで見たんですけれども、やっぱりスマートフォンの操作というのは、これから交通事故を考える上で、大きな問題になっているんですけれども もっと読む
2018-09-10 加古川市議会 平成30年第4回定例会(第2号 9月10日) 交通事故と同じで、あすは我が身なのです。先ほど申しました愛媛県高浜地区での事例を参考に、それぞれの家庭で、避難行動、避難場所を明確にし、それを実践する防災訓練が必要です。 もっと読む
2018-09-10 西脇市議会 平成30年総務産業常任委員会( 9月10日) 専決第7号は公用車と原動機付自転車との接触による交通事故に係る人身関係となり、相手方は1名となります。相手方への治療費、慰謝料等につきまして資料のとおり確定しましたので報告しております。なお、同一事故で発生しました物損関係は3月議会において報告しております。以上でございます。 ○坂部委員長   説明は終わりました。何か質疑等ございませんでしょうか。 もっと読む
2018-09-07 宝塚市議会 平成30年 9月 7日産業建設常任委員会-09月07日-01号 これらのことから改正案の1点目といたしまして、年齢に関係なく、自転車利用者がヘルメット着用に努めるよう条例改正し、交通事故による被害の軽減を図っていきたいと考えています。  2点目です。 もっと読む
2018-09-05 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第2号 9月 5日) 次に、こども発達支援センターでは、今後の事業や方向性に関する質疑の中で、センター長より、センターでは、1日に40台から50台の車が出入りしており、近隣北側の県道においては、一部道路が狭隘状態であり、センター出入り口においても、交通事故の発生を危惧している。看板設置等、安全確保に取り組んではいるが、十分な対策とまではまだ言えないと感じている。 もっと読む
2018-09-03 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月03日-01号 まず、議案第83号宝塚市自転車の安全利用に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、交通事故による被害の軽減を図るため、自転車利用時に乗車用ヘルメットの着用を努力義務化するとともに、県条例との整合性を図るため、条例の一部を改正しようとするものです。   もっと読む
2018-08-21 加古川市議会 平成30年建設経済常任委員会( 8月21日) 例えば加古川署管内の軽犯罪の総数や当て逃げ、ひき逃げの交通事故の解決事案など、ある程度数字で発信しないと効果というものはとてもわかりにくいと思います。実際に保護者などがその数字を見て必要性があるということをわかってもらわないと駄目だと思うのです。絞り込んでの発信は無理かもしれませんけれど、ある程度通常警察が出しているデータとして、市が発信していくのが大事かと思います。 もっと読む