運営者 Bitlet 姉妹サービス
16716件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月19日-05号 委員会において、同施設の稼働まで2年余りとなっているが、北部学校給食センターの試行段階で出た、給食の時間内に配ぜんから片づけまでが終わらない等の課題や懸念される国道250号の交通渋滞について、どのように対応しようと考えているのか、との質問がなされました。   もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) また、歩道の考え方については、予測交通量等に応じてではございますが、基本的には、町なかに計画される道路という位置づけでございますので、両側歩道を整備していくこととしておりますが、片側が河川であったり、山であったりといった現状などに応じて片側歩道で決定されている路線、区間などもあるといった状況でございます。  以上でございます。 ○(福本 巧議長)  2番 近藤議員。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) この中で言うと、上位の関連計画などの修正、新洲本市総合計画が定められて、道路に関しては、第1章第3節、道路・交通網の整備というところで記載があります。こういった中で、今後の次期のマスタープランの策定スケジュールはどういったように進めるのか、お伺いしたいと思います。 ○(福本 巧議長)  太田都市整備部長。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 ◆問   介護や福祉、公共交通などの各分野では、計画策定や計画の見直しに当たり、独自にアンケートを実施すると思うが、ぜひ他部局の専門的な視点から見たアンケート結果なども参考にしてもらいたいが、見解を聞かせてもらいたい。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日建設委員会−12月10日-01号 当初は、同広場の東側を一般車ロータリーに、西側を公共交通関係車両のロータリーにすることで完全分離することを考えていたが、じばさんびるの利用や地元住民の生活を考えると、どうしても駅南大路からアクセスできる道路を整備しなければならないということになり、通路とあわせ西側一般車ロータリーを整備することになったものである。 もっと読む
2018-12-07 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第1日12月 7日) 課題である市内からの2次交通の充実を図るため、洲本バスセンターや洲本港から市内の観光地を結ぶ2点間輸送を行うものでございます。これらの事業開始は、本市に訪れる観光客の利便性の向上につながるものと期待しております。   もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日厚生委員会−12月07日-01号 会議室の利用可能人数等を考慮すると、決して駐車可能台数に余裕があるわけではないため、乗り合わせでの来館や公共交通機関を使っての来館を促すことを考えている。 ◆問   同会館は市の直営による運営とのことであるが、市役所の駐車場を使ってもよいのか。 ◎答   市役所の立体駐車場は市役所本庁舎等に用事がある人が利用するものであるため、管財課からは総合福祉会館の駐車場で対応するよう言われている。 もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 現在、市が市民の声を吸い上げ、運行計画に反映する場としては地域公共交通会議があります。14人の委員中、自治会など住民または利用者の代表から6人が出席されていますが、地域差もあり、多様な声、市民の声を聞くには少ないと感じます。その中にゆらのすけの利用者は何人おられるのでしょうか。この会議だけでは不十分だと思います。 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 そのため、内環状東線等現在周辺道路の拡幅整備を継続している現状で、定期的に行う車両通行どめは、交通渋滞等を発生させるなど周辺道路に与える影響が大きく、慎重に進めていくものであり、今後の検討課題であると考えております。  いずれにしましても、通行止めや車線規制等の道路使用許可は、交通管理者である警察の所管事項となるため、イベント主催者からの警察への申請が必要となります。 もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 次に、3点目の不測の事態を想定した各種対応についてでありますが、現在、台風などの災害時の対応として、観光案内所において交通情報の提供や航空券・ホテルのキャンセル手続支援などの個別対応を行うほか、観光庁が推奨している多言語対応の災害情報アプリケーションの紹介をしております。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 その対策として、本市の良好な交通アクセスや暮らしやすい気候風土、生活にかかるコスト面でのメリット、先進的な技術を持つ企業の集積などの情報を、地元の若者や大都市等で暮らす若者に伝えること、また、広域的な観点からの職と住に関する播磨圏域の市町間連携、就職や定住を促進させる取り組みに関する、産官学金労言の各主体の連携を進めていくことが重要であると考えております。   もっと読む
2018-11-29 宝塚市議会 平成30年11月29日産業建設常任委員会−11月29日-01号 ◎金岡 建設室長  今御指摘のとおり、現在のところは住宅がなく発生交通がなかったところに、住宅が張りついて発生すると。特に、奥から出てくる部分につきましての安全対策につきましては、現道6メートルに拡幅しまして、なおかつ、隅切りを5メートルとりながら、左右の視距については十分確保しているという形での開発指導を行っております。  以上です。 ○たぶち 委員長  大島委員。 もっと読む
2018-11-26 宝塚市議会 平成30年11月26日産業建設常任委員会-11月26日-01号 例えばですが、目の前の道が車が多くて歩きにくい、危ない、こういうような状況も、歩道をつけるために道路を広げていくだけでいいのか、何十メートルも何百メートルも広げて歩道をつけるだけでいいのかということではなく、例えば、その道路に入ってきます通過交通、余り関係ない通過交通を排除できるような、そういうような幹線道路を1本並行的につくることによって、そこに生活道路への通過交通の流入を排除することによって、安全 もっと読む
2018-11-22 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第1日11月22日) 年度赤穂市介護老人保健施設事業会計決算認定について   認第12号 平成29年度赤穂市水道事業会計決算認定について         (一括上程、委員長報告、質疑、討論、表決)  日程第5   報第15号 専決処分の報告について    専第9号 平成30年度赤穂市一般会計補正予算         (上程、説明、質疑、討論、表決)  日程第6   報第16号 専決処分の報告について    専第10号 公用車の交通事故 もっと読む
2018-11-16 洲本市議会 平成30年第6回臨時会(第1日11月16日) これら3件の専決処分につきましては、市長において専決処分することができるものとして、市議会の議決により特に指定されております事項の第1項、交通事故の損害賠償の額を定め、和解すること、及び第2項、法律上、市の義務に属する100万円未満の損害賠償の額を定め、和解することに該当するため、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、専決処分し、同条第2項の規定により、御報告申し上げるものでございます。   もっと読む
2018-10-23 神戸市議会 開催日:2018-10-23 平成30年総務財政委員会 本文 1つは,交通利便性が非常に高いということ。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) ○久野総務課総務係長  救命士養成研修につきましては、三木市にあります兵庫県救命士養成所に入校いたしております、研修所入校に係る交通費や日当などの旅費で約62万円ほど、養成所に支払います負担金が約168万円ほど、それから救命士の被服でありますとか入校に係りますテキスト代などの費用を合わせたもの、消耗品が約18万円、それから養成所に入校する前に義務づけをされております健康診断や抗体検査、予防接種などの もっと読む
2018-10-12 篠山市議会 平成30年第116回臨時会(第1号10月12日) また、本年は、ささやま医療センターの存続の協定もすることができましたし、公共交通の見直しも図ることもできています。  このように、市政を懸命に前に進めてきましたけれども、ここに大きく立ちふさがっているのが、この市名の問題です。 もっと読む
2018-10-11 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月11日) 歳出、2款1項7目企画費関係部分、企業誘致関係、交通利用対策事業、決算書56から59ページ、事務事業成果報告書52ページないし、7款1項3目観光費、決算書116から119ページ、事務事業成果報告書233から238ページについて、御質疑ございませんか。  田渕委員。 もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) 中ほど、11款1項1目1節交通安全対策特別交付金、収入済額414万3,000円は、交通反則金から割り当てられた特別交付金で、交通安全施設整備の財源となっております。  22、23ページをお開き願います。下段、13款使用料及び手数料、1項5目土木使用料、収入済額8,323万9,455円でございます。1節住宅使用料、収入済額943万3,700円は、町営住宅32戸の家賃収入でございます。 もっと読む