運営者 Bitlet 姉妹サービス
41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 姫路市議会 平成30年9月19日文教・子育て分科会−09月19日-01号 ◎答   ひとり親に給付される児童扶養手当の申請については、住民票だけでは確認できない事実関係にある同居者がいない等を確認の上、認定支給している。 ◆問   資料4ページの負担金の収入未済額約1,500万円について、内訳を説明してほしい。 もっと読む
2018-06-14 宝塚市議会 平成30年第 2回定例会−06月14日-04号 人権の保障しなければならない一番大事なところですから、寄り添うというよりも、もう行政がその差別是正、事実のカップルと同じように扱うということをしていかないといけないと。行政の責任において実現していただきたいなと思います。   もっと読む
2017-09-25 伊丹市議会 平成29年第4回定例会(第7日 9月25日) 妊産婦や乳幼児はひとり親、若年親、事実、障害の有無、世帯の経済状況、異文化の背景など、それぞれの事情により養育上、支援を必要とする家庭に対しましては、こども未来部、健康福祉部、兵庫県伊丹健康福祉事務所、教育委員会、医療機関などの関係機関が連携し、ケース会議の開催や、虐待が疑われる場合は要保護児童対策地域協議会を開催し、情報の共有化を図りながら支援方針を決定し、安心して子育てできる環境づくりに努めてまいります もっと読む
2017-03-01 西宮市議会 平成29年 3月(第 8回)定例会-03月01日-04号 例えば民生委員・児童委員の証明事務には、児童扶養手当の申請時や更新時には、状況に応じて、父母による養育ができない理由と養育状況の確認や、申請者が解消したという事実が解消されたことの状況確認、遺族基礎年金、死亡一時金、未支給年金等の請求があった場合には、状況に応じて、死亡者と請求者の生計が同一であったことの確認や、請求者が死亡者と事実関係にあったことの確認などがあります。 もっと読む
2017-03-01 西宮市議会 平成29年 3月(第 8回)定例会-03月01日-04号 例えば民生委員・児童委員の証明事務には、児童扶養手当の申請時や更新時には、状況に応じて、父母による養育ができない理由と養育状況の確認や、申請者が解消したという事実が解消されたことの状況確認、遺族基礎年金、死亡一時金、未支給年金等の請求があった場合には、状況に応じて、死亡者と請求者の生計が同一であったことの確認や、請求者が死亡者と事実関係にあったことの確認などがあります。 もっと読む
2016-09-06 川西市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月06日−04号 といいますのは、入籍されている方もいらっしゃいますし、事実の方もいらっしゃいましょうし、それぞれのケースによっても背景が違うというのが実態だと思います。 もっと読む
2016-03-14 小野市議会 平成28年第400回定例会(第3日 3月14日) 児童扶養手当受給者に係るもの7件については、事実等の嫌疑がなかったものが3件、事実で資格喪失届を受理したもの2件、事実で認定請求を却下したものが1件、事実嫌疑で現在調査中のものが1件となっております。   もっと読む
2016-03-07 高砂市議会 平成28年 3月定例会(第 9日 3月 7日) そのあたり、やはり多様なことを認めておられる、今もそういうふうになっているわけですから、事実ということも含めて、私はもう少し検討が要るのではないかなと思いますが、また検討していただきたいんですが、そのあたりいかがでしょうか。   もっと読む
2015-12-17 高砂市議会 平成27年12月定例会(第 7日12月17日) そしたら、村社会位で事実みたいなことがなされたときに、村の人が結婚ということを認めてただけで、こんなもん姓の問題が家族の一体感に直結するというようなことは、古来は文化ではありません。  これはどうして出てきたかというと、明治の民法ができる100年以上前ですけど、できるときにそのような戸籍というのか、家制度というのがあったわけですね。 もっと読む
2015-12-08 西宮市議会 平成27年12月(第 3回)定例会−12月08日-05号 また、賃貸住宅で暮らしていたとしても、男女のカップルであれば、一方がもしお亡くなりになったとき、仮に婚姻関係がなくても、事実扱いで、残されたパートナーはその後もその賃貸住宅に通常は引き続き暮らせるんですが、同性であればすぐに退去を迫られるというのが通常のようです。公営住宅は、ほとんどの自治体で同性のカップルを家族とみなしておらず、入居要件が整備されていません。 もっと読む
2015-12-08 西宮市議会 平成27年12月(第 3回)定例会−12月08日-05号 また、賃貸住宅で暮らしていたとしても、男女のカップルであれば、一方がもしお亡くなりになったとき、仮に婚姻関係がなくても、事実扱いで、残されたパートナーはその後もその賃貸住宅に通常は引き続き暮らせるんですが、同性であればすぐに退去を迫られるというのが通常のようです。公営住宅は、ほとんどの自治体で同性のカップルを家族とみなしておらず、入居要件が整備されていません。 もっと読む
2015-09-25 三田市議会 平成27年 9月 予算決算常任委員会-09月25日−02号 ◎こども支援課長  児童扶養手当返納金、この返納理由としては事実の発覚によりまして返納が発生したというのが主な理由になっております。 ◆北本委員 ちょっとすみません、もう一回。 ◎こども支援課長  児童扶養手当返納金の発生理由としましては、事実のほうが発覚しまして、それに伴ってさかのぼって返納していただくというような理由になっております。 ○座長 よろしいか。 もっと読む
2015-07-01 尼崎市議会 平成27年 7・8月 議会報-07月01日−07号 先般の議会でも事実、婚姻関係にない方々を請願、採択を受けて、市のほうでもさまざまな事業について支援策をしてるんですけども、そのことはいいんですけども、児童扶養手当も所得制限はあるけれども、ひとり親、また養育者ですか、育てるということにおいては同じような内容だというふうに理解してるんですけども、最近、住まいの形態がすごく変わってきて、きちっと適切に支援を受ける人は受けてほしいんですけども、やはりどうしてもそうでない もっと読む
2015-07-01 尼崎市議会 平成27年 7・8月 議会報-07月01日−07号 先般の議会でも事実、婚姻関係にない方々を請願、採択を受けて、市のほうでもさまざまな事業について支援策をしてるんですけども、そのことはいいんですけども、児童扶養手当も所得制限はあるけれども、ひとり親、また養育者ですか、育てるということにおいては同じような内容だというふうに理解してるんですけども、最近、住まいの形態がすごく変わってきて、きちっと適切に支援を受ける人は受けてほしいんですけども、やはりどうしてもそうでない もっと読む
2015-03-18 宝塚市議会 平成27年度予算特別委員会−03月18日-05号 手話のことも一緒なんですよ、そういう多様な人たちが生きていく今の社会の中で、それぞれの生き方を寛容にお互いが理解し合えるという社会のためにも、この一つの第一歩のあれとして同性同士、異性であれば市営住宅も事実として入居を認めているのに、同性、男性同士とか女性同士やったら結婚しないからだめというようなことは、国連の人権規約委員会からも差別やと言われています。 もっと読む
2015-03-12 小野市議会 平成27年第395回定例会(第3日 3月12日) また、不正受給に関するものは2件で、児童扶養手当の居住地虚偽嫌疑と事実嫌疑でありました。居住地虚偽嫌疑に関しましては、適正化推進員の調査によって転居手続を行わないままでの受給であることが判明しましたので住所変更の指導を行った結果、適正な受給になっております。事実嫌疑に関しましては、調査の結果、嫌疑事実が認められませんでした。  不適切な費消に関する情報提供は、この間ゼロ件でありました。 もっと読む
2015-03-09 高砂市議会 平成27年 3月定例会(第 6日 3月 9日) 皆さんもそうでしょうし、多くの方々が庁内でいろんな形で子育てされたりとか、結婚あるいは事実されたりとか、いろんな形でされていくと思います。じゃあ150万円、200万円の給料で、しかもほか一切なし、退職金もなし、そのカップルが二人結婚しようとしたときに、いかに幾ら高砂市といえども困難かということ。   もっと読む
2014-12-08 豊岡市議会 平成26年第5回定例会(第2日12月 8日) 一つは、結婚しているカップルあるいは事実の方もありますけれども、そのカップルが産む子供の数をふやしていくこと、ここがまず一つポイントです。もう一つは、そもそもその子供を産むカップルの数が減ってきておりますので、このカップルをふやすこと。この2つ柱になるんじゃないかと思います。  まず最初に、カップルが産む子供の数をふやすことでありますが、実は非常に特徴的なことがございます。 もっと読む
2014-11-01 尼崎市議会 平成26年 11・12月 議会報-11月01日−04号 ◆(楠村委員) あと、前も言ってたんですけど、これをスタートする場合に、事実だとかそういう援助が必要でない方、そういう方は対象外ということでよろしいですか。対象外にしていく。例えばこれをスタートしていくとき。 ◎(政策課長) 事実の方は対象外でございます。 ◆(楠村委員) もう一個だけ。その対象外にする場合に、どういうふうなフィルターのかけ方をして、そこではじいていくかです。 もっと読む
2014-11-01 尼崎市議会 平成26年 11・12月 議会報-11月01日−04号 ◆(楠村委員) あと、前も言ってたんですけど、これをスタートする場合に、事実だとかそういう援助が必要でない方、そういう方は対象外ということでよろしいですか。対象外にしていく。例えばこれをスタートしていくとき。 ◎(政策課長) 事実の方は対象外でございます。 ◆(楠村委員) もう一個だけ。その対象外にする場合に、どういうふうなフィルターのかけ方をして、そこではじいていくかです。 もっと読む