1510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西宮市議会 2020-04-10 令和 2年 4月10日議会運営委員会-04月10日-01号

一つには、4ページ、5ページ、6ページ、7ページ、そして8ページ、こういうところになりますけど、中核全体の57市中42市がマイク設備を既に実施、設置しておりますということです。そして、阪神8市におきましては7市が実施しておりますという、ほぼ大半の市が取り組んでおりますということ。  

西宮市議会 2020-04-06 令和 2年 4月 6日総務常任委員会−04月06日-01号

◆中尾孝夫 委員   これも市長が出席されたときに、例として、中核4市、それも兵庫県大阪府中核の連携、それも必要かもしれませんけれども、やっぱり一番の中心は、同じ都市としての性格、住宅都市としての性格を持っている阪神7市1町の広域化を再構築すべきではないか。以前法定の協議会というのがあって、それなりの活動をされていると。

西宮市議会 2020-03-23 令和 2年 3月(第 4回)定例会−03月23日-07号

本市のような中核は、保健所同様、設置市となることができます。私は、広域行政とは役割・性質の異なる、市民生活に直結した基礎自治体保健所児童相談所などの社会資源を持つことは極めて有効であり、重要であるとの考えを持っております。財政運営上の課題や人員確保の課題を整理しつつ、設置に向けて御検討いただきたいと要望いたします。  

伊丹市議会 2020-03-17 令和2年一般会計予算等審査特別委員会−03月17日-01号

今、全国的に各市が発表したり都道府県が発表したりいろいろでありますけれども、基本的には衛生行政をとり行っている保健所を設置する自治体公共団体がその所管のエリアの対策について責任を負うという形になっておりまして、近隣で申し上げれば西宮市尼崎市中核として保健所を置いておりますので市の責任においていろいろな対策を講じておりますが、阪神北地域、伊丹市、宝塚市、川西市等におきましては保健所を設置してない

西宮市議会 2020-03-13 令和 2年 3月13日予算特別委員会健康福祉分科会−03月13日-01号

病院改革担当部長   額が小さい、当然そういうことは思っていませんが、ただ、済みません、この土地のところについては、もともとこの土地を購入するときの交渉として、県のほうは尼崎市姫路市中核等では土地については地元自体が無償で貸与または提供、そういう形をとっているということで、ここについては地元の西宮市さんが用意してくださいということで、それを一定のんで協定を結んだということになりますので、当然

西宮市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日予算特別委員会健康福祉分科会−03月12日-01号

法人指導課長   まず、放課後等デイの指定に関しましては県の指定でありまして、今年度――令和元年度、本市のほうに中核でおりてきたところでございますが、その中で、全体の集団指導といいますか、それに類似したところで周知というところはできてないんですけれども、随時、実地指導の中で確認しているというところでございます。  以上です。

西宮市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日予算特別委員会総務分科会−03月12日-01号

企画費に関連をして行政経営の推進における内部事務の整理について、ふるさと納税について、中核連携のNATSについて、広報広聴費に関連して市民の声システム導入事業について、四つのテーマで順番によろしくお願いします。  1点目、内部事務の整理について、これは政策経営課さんになるかと思います。

西宮市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日建設常任委員会-03月11日-01号

また、参考といたしまして、一昨年に行いました中核アンケートにおきましては、設置の実績がない、あるいは設置の予定がないというのがそれぞれ約9割ございまして、一般的には消極的であるような傾向が見られました。本市としましては、多くの市がこのような傾向にあることを踏まえまして、今回、市が重要と考えるさまざまな視点から総合評価を行い、対象を厳選する見直しを行っております。  

西宮市議会 2020-03-10 令和 2年 3月10日健康福祉常任委員会-03月10日-01号

さらに、令和元年6月19日に改正公布された動物の愛護及び管理に関する法律――以下「改正法」と申し上げます――において、動物愛護担当職員としていた名称を動物愛護管理担当職員に改め、都道府県中核においては条例により動物愛護管理担当職員を設置することが義務化されたというものです。  次に、資料の2及び3の条例制定の目的、概要について御説明いたします。  

西宮市議会 2020-03-09 令和 2年 3月(第 4回)定例会-03月09日-06号

地方自治法第150条第1項では内部統制都道府県政令市に義務化を求める一方、第2項ではその他の地方公共団体には努力目標としていることから、中核である本市にとっては義務化はされていないにもかかわらず、都道府県政令市並みの実施を石井市長は決断され、さまざまな御苦労もあったかと思いますが、この4月からの運用開始にこぎつけたことは高く評価したいと思います。  

姫路市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会−03月05日-05号

現在、児童相談所の設置は、都道府県政令指定都市義務づけられていますが、政府として、中核への設置を強く促進しようとするものであります。人口53万人中核都市である本市としても、今まで以上に児童虐待対策に本格的に取り組む中心拠点となる児童相談所の設置に取り組むべきと考えます。ご所見をお伺いします。  次に、幼児教育保育無償化の拡充について。  

明石市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会 3月議会 (第3日 2月28日)

誰もが安全で快適に移動でき、暮らしやすいまちづくりを目指すことが、中核明石市の最も理想とするまちづくりであります。工夫されたトイレは、早朝から出勤される市民のために使用できるようになっているのでしょうか。授乳など、子育てスペースは、おむつを父親でも替えることができるのでしょうか。外国の方への対応はどうなっているのでしょうか。市の見解を問います。  

西宮市議会 2020-02-28 令和 2年 3月(第 4回)定例会-02月28日-04号

中核参加していないのは本市だけです。地方創生官民連携プラットフォームへの参加についてどのようにお考えですか。  大項目2、西宮市第3次環境基本計画について――以下「環境基本計画」と呼びます。  1、環境目標について。  環境基本計画は新環境計画の後継計画であり、2016年から2028年の本市の環境政策の大もとです。

明石市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会 3月議会 (第2日 2月27日)

児童虐待に関する事件や相談が急増していることから、明石市では、2019年4月に中核では3番目となります児童相談所を新設しました。とりわけ虐待等のリスクが最も高いと言われていますゼロ歳児に関して、市では、新規事業として、毎月、子育て経験のある配達員が月3,000円相当のおむつや赤ちゃん用品を配達し、定期的に母親と関わりを持ちながら、ゼロ歳児の見守り事業を実施することを発表されています。