37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

赤穂市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4日 6月27日)

断固反対という感情論だけではなく、赤穂市環境基本条例、赤穂市生活環境の保全に関する条例、あるいは、赤穂市自然環境の保全に関する条例、このような上乗せ条例横出し条例で、事に臨むという形も考えられると存じます。県との信頼関係を心配いたしますが、お考え伺います。  質問の(2)は、住民投票の実施についてでございます。  

西脇市議会 2019-03-11 平成31年総務産業常任委員会( 3月11日)

今後、西脇市の場合ですけれども、この上乗せ条例ということですけれども、目的が先ほど言いました形で距離規制であったり、そのものを法律を上回るというものではなくて、目的が違った形で規制をされているようですので、それも含めましてもっとしっかり考えたいと思っております。 ○林議長   法律を超える条例なんかつくれません。 ○浅田委員   法律が最上位やね。

神戸市議会 2018-10-05 開催日:2018-10-05 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(建設局) 本文

しかしながら,現状,これ以上の増量をする場合は,現行の基準では難しいということで,現在この基準につきましては,水質汚濁防止法に基づきまして県のBODと言われます汚れの指標の上乗せ条例がございますので,この豊かな海を推進する上ではこの条例の見直しが必要というふうに考えまして,現在,本市から県へ,このBODと言われる汚れの指標の規準を撤廃するよう提案をいたしておるところでございます。  

たつの市議会 2018-06-22 平成30年第3回たつの市議会定例会(第3日 6月22日)

○副市長(井上彰悟君)  これはなかなか法制的に難しい話でございまして、法律上乗せ条例を作るということはかなりの規制が加わってきます。環境の関係の条例にいたしましても、国の基準を上回る場合は警察署協議も必要ですし、そもそもそれがだめだということ。ここについては即答はしかねますけれども、まずもって難しいというお答えしかできないと思います。 ○議長(角田 勝議員)  10番赤木和雄議員

姫路市議会 2018-06-14 平成30年6月14日厚生委員会−06月14日-01号

条例上乗せ条例横出し条例といったものも認められている。国の省令だということだが、本市の特性上、介護医療院に身体的拘束等の適正化の指針の整備を任せるのでは条例として弱過ぎると思うがどうか。 ◎答   当該条例厚生労働省省令に基づいて定めており、本来全国で統一された基準である。地域の実情に応じて参酌している部分は、サービス提供に関する記録の保存期間暴力団等の排除に関する基準の2点である。  

西宮市議会 2017-12-08 平成29年12月(第11回)定例会-12月08日-04号

上乗せ条例はつくっても意味がないというのは、このマニフェストをつくったときから今村市長は知っている話でしょう。市会議員の時代にそういう質問もされてましたよね。なのに、無秩序マンション開発から西宮の住環境を守るんですということを言ったんですよ。ということであれば、無秩序マンション開発がいろんな被害を広げているということを認識した上で、これを解決しますということじゃないですか。

丹波市議会 2017-12-07 平成29年産業建設常任委員会(12月 7日)

先ほどから申し上げております水質汚濁防止法というのは排水基準であって、飲料用に適する、適しないというような基準値ではございませんので、水質汚濁防止法上は0.1ミリグラムなんですけど、県で上乗せ条例というのがありまして、ヒ素の場合ですけども、県では0.05ミリグラムというような数値、それを上回って排水してはいけませんよというような条例もございます。

西宮市議会 2017-11-22 平成29年11月22日議会運営委員会-11月22日-01号

条例とかも、当然、御承知のとおり、上乗せ条例になっちゃうので、法的に原則現金支給ですというものになっているのを条例禁止ということはできないので、今現在、現金支給を希望している方に対してそれをどうこうというのは基本的にはできなくて、本人がだったらいいよという形にならない限りはちょっと無理なんですという話なんです。

西宮市議会 2017-03-01 平成29年 3月(第 8回)定例会-03月01日-04号

これは、必ずしも上乗せ条例には当たらないんですね。細かい、もっと小さい、例えば、兵庫県が50ヘクタールでも、西宮市は3ヘクタールにしようと思ったらできなくはないという、そういう形になっているんじゃないか──これは後で、法制の方とか、いろいろ聞かないといけないんですけれども、そういうつくりも可能なわけですよ。  

赤穂市議会 2015-11-27 平成27年第4回定例会(第2日11月27日)

9月議会で、市長が上乗せ条例つくるんだ、12月議会目指してということで思っているのかもしれないです。それ以前に、じゃあ臨時会でも開いてやっていただいたらよかった。業者は着工してませんよ、事前準備をしてませんよ。9月、10月の段階で、この条例、そしたら上げて、臨時会開いてやってもらったらよかった。そしたら適用できるじゃないですか。何で言われなかったんですか。

赤穂市議会 2015-09-17 平成27年第3回定例会(第4日 9月17日)

もう1点、昨日の市長の答弁の中で、上乗せ条例、現状のこの条例行為があるんですが、それに加えて、こういったもの規制できる、それが県条例なのか市の条例なのか、できれば、市でそういうのを具体的につくっていただきたい、提案していただきたいなと思うんですが、そのお考えについてお聞かせください。 ○議長(家入時治君) 市長。

赤穂市議会 2015-09-16 平成27年第3回定例会(第3日 9月16日)

やっていかないといけないというのは、例えば要綱であるか条例であるか、条例であれば、上乗せ条例横出し条例というのは、どの程度まで許されるのか、それは法律的な検討もしないといけないですけども、そういうようなことで、やっぱりいろんな条件をつけていく。ワンクッション置いて、一遍そこで、もう一遍考えていただくと。

播磨町議会 2015-09-09 平成27年 9月定例会 (第3日 9月 9日)

②マイナンバー実施に向けて、町として横出し・上乗せ条例など住民にとって不利益になることはありませんか。  ③セキュリティ対策の考え方をお尋ねします。  ④番号通知事務や専門的な相談体制確立には職員体制の整備、充実が不可欠です。人的体制の考え方についてお尋ねします。  以上、よろしくお願いします。 ○議長(藤原秀策君)  横田 一教育長

淡路市議会 2015-05-19 平成27年第57回定例会(第2日 5月19日)

2として、市町村が前項の条例を定めるに当たっては、次に掲げる事項について、厚生労働省令で定める基準に従い定めるものとし、その他の事項については、厚生労働省令で定める基準を参酌するものとするということになっているわけで、ここで問いたいわけですけれども、省令はあくまで従うべき基準ということでありまして、この従うべき基準というのは、私は最低基準であり、それを満たしていれば、上乗せ条例というのは、当初条例

姫路市議会 2015-03-06 平成27年3月6日経済委員会−03月06日-01号

◎答   他都市では条例で住民同意を得ることを許可要件としているところもあるが、環境省はこれを上乗せ条例であると判断し、改めるよう指導を出している。地元の企業しか事業を行えないとすることが上乗せ条例になるのかは検討していないが、法に触れるような内容を規定することはできない。仮に法に触れる部分があるとなると見直しを行うよう通知があると考えられる。当面はこの条例を運用させていただきたい。

淡路市議会 2014-09-03 平成26年第54回定例会(第2日 9月 3日)

市長の中にもあったように、私、初めにも言わせていただきましたけれども、国基準に従うもの、かつ参酌して決めるもの、こういうものがあるわけですけれども、パブリックコメント等をしなかった理由は、国基準に沿っているやつが大半なんだということで、基本的には、市独自の上乗せ条項というのは恐らくこの条例を見ましても、暴力団排除に関するものが入っているのかなというふうには思うわけなんですけれども、実情に本当に合った上乗せ

西宮市議会 2014-07-02 平成26年 7月 2日市民文教常任委員会-07月02日-01号

学校施設計画課長   条例化につきましては、いわゆる上乗せ条例というんですけれども、法に規定をされている以上の規制をするようなもの、そういったことについては、他都市でもそれに関する訴訟自治体のほうが敗訴するというような事例などもございますので、なかなか条例化というのは難しいのかなというふうに考えているところでございます。  以上です。 ◆中尾孝夫 委員   それじゃ結構です。

小野市議会 2013-03-11 平成25年第384回定例会(第2日 3月11日)

その要点は、第1に幸福追求権生存権保障をないがしろにする可能性が否定できない、第2に生活保護法との関係で上乗せ条例の可能性があること、第3に市民に対して情報の提供を促し憲法に抵触する過大な責務を課していること、第4に社会福祉主事の業務の一部を推進員にゆだねる必要性、合理性はないこと、第5に受給者が市民の監視に置かれることを容認し、プライバシー権の侵害となることなどを列記されて、本条例は少数の経済的弱者

西宮市議会 2012-09-07 平成24年 9月(第 6回)定例会-09月07日-04号

この規制に法的拘束力を持たせることを個人感情としては期待したいのですが、この要綱の趣旨をそのまま条例化することは、上乗せ条例になることから、宝塚市や奈良市におけるパチンコ店出店規制条例の失敗などを顧みても、現実的には難しいと言わざるを得ません。  しかしながら、やはり事業者にマンション開発の自粛をお願いするだけでは問題解決になりません。

  • 1
  • 2