177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

香美町議会 2019-12-16 令和元年第114回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年12月16日

これは、ミリ波レーダーやカメラで前方車両や人物を検知し、その情報をもとに衝突の危険があると判断すれば、状況に応じてドライバーに警告、さらに危険になるとブレーキが自動的に作動し、衝突を事前に回避したり、事故時のダメージを軽減する装備のようでございます。  搭載により道路を横断する歩行者との衝突回避や高齢ドライバーの運転ミスによる事故の防止を図ろうとするものでございます。

伊丹市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会−12月09日-03号

本市におきましても、市内4カ所の雨量計を整備するとともに、河川監視カメラ気象庁警報気象予報、あるいは降雨レーダーや国、県の河川水位や降雨情報、また消防司令所からのカメラ映像等により最新の情報を得るとともに、市の避難情報や被害状況、災害対応等の情報フェニックス防災システム等により関係機関共有するなど、情報システムの整備を進めております。  

洲本市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

まず、自動運転車の定義でございますけれども、一般的には、人間が運転操作を行わなくとも、レーダーやGPS、カメラなどで周囲の環境を認識して、自律的かつ自動で走行できる自動車と言われております。また、日本の自動運転の定義は、独自の定義はなく、アメリカに本部を置きますSAEという非営利団体が策定した自動運転の定義を採用しているところでございます。  

豊岡市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第2日 9月 9日)

ただ、このシステムにつきましては、気象台レーダー解析による雨量情報を使っておりまして、こちらの精度のほうは年々向上しておるというふうに認識をしておりますので、結果的にシステムにこのレーダー解析情報が反映されているというふうに考えているところでございます。私のほうからは以上です。 ○議長(関貫久仁郎) 都市整備部参事

小野市議会 2019-06-24 令和元年第417回定例会(第3日 6月24日)

また、レーダーやカメラが障害物を認識して、警告音を出したり、ブレーキがかかる、俗にいうサポカー、これは大変高額ですので、購入していただくわけにもなかなかいかないと思います。特に、高齢者の方は、車のあちこちが少々へこんでいても、長く乗っておられます。地域のお声がけ、助け合いなどが少々難しい部分も出てきております。

加古川市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第5号 3月11日)

建設部長(東保弘一)   道路補修事業の委託料、路面下空洞調査委託料についてですが、次年度の調査100キロメートルの調査内容といたしましては、空洞調査探査車に登載したレーダー探査機によりまして走行しながら野外検査を行い、取得したデータ解析して、空洞の可能性を判定することとしております。

加古川市議会 2019-03-01 平成31年総務教育常任委員会( 3月 1日)

日米地位協定により2013年2月22日、安倍首相とオバマ大統領による会談で、北朝鮮ミサイル問題に関し、TPY−2レーダーを追加配備することで、京都に米軍基地建設合意をしました。2012年10月1日には、米海兵隊輸送機MV−22オスプレイが沖縄普天間基地に強行配備されました。その後2018年5月1日、米空軍特殊作戦機CV−22オスプレイが首都圏東京の横田基地に配備されました。

伊丹市議会 2018-09-11 平成30年9月11日文教福祉常任委員協議会−09月11日-01号

それから分野別レーダーチャート、設問別状況をお示ししております。設問別状況につきましては、全ての設問をお示ししておりまして、伊丹市、兵庫県、全国の結果をお示しし、グラフの下にはそれぞれの領域についての伊丹の子供たちのよくできているところと課題を、白丸、黒丸で示しております。これが6ページ、7ページからずっと教科領域別に続いております。

神戸市議会 2018-03-01 開催日:2018-03-01 平成30年予算特別委員会第1分科会〔30年度予算〕(企画調整局) 本文

それ以外の分野につきましても,例えば環境の分野におきまして,京と気象レーダーが得られるデータを組み合わせることで,実際のゲリラ豪雨の動きを詳細に再現するようなシミュレーションなどにも成功しているということで,気象予報力のモデルの向上,精度の向上などにも寄与しているというふうに伺っております。

伊丹市議会 2017-10-31 平成29年10月31日文教福祉常任委員協議会-10月31日-01号

2番目は、分野別のレーダーチャート、つまりは読むこと、書くこと、話すこと、聞くこと等々それぞれの分野についてどれぐらいできてるかというとこでございます。これも全国と伊丹市をあわせて書いております。  8ページには、設問別状況としまして、それぞれの設問を例示して書いております。そこに、伊丹市と兵庫県と全国を横向けの棒グラフで書いております。数値につきましては、伊丹市と全国だけしか書いておりません。

神戸市議会 2017-09-19 開催日:2017-09-19 平成29年決算特別委員会第3分科会〔28年度決算〕(消防局) 本文

それから,レーダーとかソナー,それから赤外線カメラやナビゲーションシステム,そういったものを搭載をいたしまして,監視能力も図ってきたわけでございます。  神戸は港とともに発展してきたまちでございます。委員御指摘のとおり,神戸港安全対策は十分当消防局といたしましても大きな使命であると認識しておりますので,今後ともこういった船舶火災への対応強化に努めてまいりたいというふうに考えております。  

西宮市議会 2017-06-29 平成29年 6月(第 9回)定例会-06月29日-06号

具体的には、弾道ミサイルの発射を警戒管制レーダーなどで探知し、組織内でミサイル情報共有し、必要に応じ指揮官が迎撃を指示します。指示を受け、海上自衛隊のイージス艦が迎撃ミサイルによって、ミッドコース段階、つまり、ロケットエンジンの燃焼が終了し、慣性運動によって宇宙空間を飛行している段階の弾道ミサイル破壊します。

淡路市議会 2017-03-14 平成29年第66回定例会(第4日 3月14日)

それは単に発掘調査だけでなく、出土した鉄器や土器などの科学的な分析、また樹木が茂っている山林でも上空から地形を詳しく知ることができるような赤外線レーザー測量とか、また発掘せずに地下の様子を見ることができるようなレーダーの探査、そういったこともあわせまして、多様な調査手段を効果的に用いて、さらに詳しく調べていきたいと考えているところでございます。 ○議長松本英志)  打越 齊君。

神戸市議会 2017-02-28 開催日:2017-02-28 平成29年予算特別委員会第3分科会〔29年度予算〕(危機管理室) 本文

簡単な操作で多くの媒体を使って多くの市民の方へ行き届くような形で情報を伝達するという,そういう操作性のところが一番特徴になるのかなというふうに思っておりまして,一方では土砂災害,特にゲリラ豪雨等は,気象観測技術の進展によるところが非常に大きく影響しておりまして,昨年といいますか,平成27年から国立研究開発法人情報通信研究機構──NICTという組織がございまして,ここといわゆるフェーズドアレイ気象レーダー