運営者 Bitlet 姉妹サービス
7345件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第3号 3月27日) 政治活動・選挙運動は、選挙が公正・公平に行われるように、公職選挙法によって定められたルールに従って行わなければなりません。選挙については、さまざまな規制が加えられていますが、それでも選挙には多額の費用がかかり、腐敗の大きな原因とも言われています。金のかからない選挙を実現し、候補者間の選挙運動の機会均等を図る手段として、選挙公営制度が実施されています。 もっと読む
2019-03-20 神戸市議会 開催日:2019-03-20 平成31年市会運営委員会 本文 (委員長) 議案として提出されているので…… (平井理事) それは委員長の判断でされるというルールなのか。 (委員長) 議案として提出されているので,それを今回拒むということはしないということである。 (長瀬委員) これは質疑も何もできないのかということなのか。 (委員長) 質疑はできる。 (長瀬委員) 今からできるのか。 (委員長) 質疑通告をいただくことになっていたが。 もっと読む
2019-03-15 西宮市議会 平成31年 3月15日予算特別委員会建設分科会−03月15日-01号 そういう業者さんとの食事とかは、もちろん禁止はしてはるとは思うんですけども、市の現在のルールといいますか、それはどないなっているのか、教えてください。 ◎道路建設課長   このたびの不祥事、まことに申しわけございませんでした。 もっと読む
2019-03-14 西宮市議会 平成31年 3月14日予算特別委員会総務分科会−03月14日-01号 次の災害対策事業では、全戸配布する防災マップを最新の情報に更新し、土砂災害や洪水など災害の種類ごとに避難所開設のルールをわかりやすく表示します。また、避難所で使用する段ボールベッドやプライバシーテント等の備蓄を加速します。  3段下の防災情報システム整備事業では、第二庁舎整備に合わせて構築する防災情報システムの実施設計に着手します。   もっと読む
2019-03-14 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第5号 3月14日) ○11番(杉本充章) (登壇)  もうすでに懲罰委員会をするというふうに決まってしまった後だったと思いますので、そのままルールに従って進めていっているということでございます。 ○議長(赤松愛一郎)  2番、辻元誠志議員。 もっと読む
2019-03-14 西宮市議会 平成31年 3月14日予算特別委員会民生分科会-03月14日-01号 ◎国民健康保険課長   厚労省は、国民健康保険料の賦課限度額につきまして、医療費の増嵩が続く中で高所得者にも応分の負担を求めて、負担が重いと言われる中間所得層に配慮するために、この限度超過世帯割合が1.5%に近づくように段階的に引き上げる運用上のルールを適用しているとされております。 もっと読む
2019-03-14 西宮市議会 平成31年 3月14日予算特別委員会建設分科会−03月14日-01号 これは、実は従前より、地区計画とか景観重点地区などのルールづくりを行うであるとか、総合的な住環境の改善のためのまちづくり計画を策定する地区に支援を行う制度としてまちづくり助成要綱というものがございまして、事業を実施してきたものでございまして、これを活用してまちづくり協定の策定についても支援を行うということを考えてございますが、現状2地区において取り組みが進行している状況でございまして、来年度予算といたしましては もっと読む
2019-03-14 篠山市議会 平成31年第119回定例会(第2号 3月14日) 続きまして、水道事業会計補正予算におきましては、工事の管種に違いがあるが、ルールなどはあるのかとの質疑に対し、道路の種別や重要度などにより決定している旨の回答がありました。  続きまして、農業共済事業会計補正予算におきましては、大豆共済の被害申告及び支払い金額の状況に関する質疑に対し、本年度の被害申告は148筆で、その内訳は、台風による風水害が一番多く96筆、それに係る病害が17筆あった。 もっと読む
2019-03-13 西宮市議会 平成31年 3月13日予算特別委員会健康福祉分科会−03月13日-01号 だから、これはワン・イヤー・ルールみたいなもので、1回だけはできるけども、それをずうっと続けるってできへんのと違うの。そんなことないか。 ◎中央病院事務局長   地方公営企業法の理念と申しましょうか、考え方は、病院での収益をもって費用を賄えと。ただし、不採算部門については一般会計等からの繰り入れは許されるというのが建前でございます。 もっと読む
2019-03-13 西宮市議会 平成31年 3月13日予算特別委員会総務分科会−03月13日-01号 国の基準なのか、それを受けた市のルールなのかどうか知りませんけど、私は、通勤手当について物すごく疑問を持ってます。  私は大昔、職員の時代があって、車で通っておって、しかしバスの定期代をいただいた時代もありました。もう何十年も前の話ですけども、そのときは全然問題になりませんでしたけども、ここ10年、20年、よくよく出てます。   もっと読む
2019-03-12 播磨町議会 平成31年 3月定例会 (第2日 3月12日) その中で、ルールとして町の繰り入れを行うということができるのであれば、それは続けていきたいと思っております。 ○議長(奥田俊則君)  松岡光子議員。 ○13番(松岡光子君)(登壇)  今そういう返事でしたのですが、播磨町には基金があります。それの基金の額は、先ほども聞きましたけれども、今回変動はなくて前年と一緒ということで、この基金の使い方を今後どのように考えていらっしゃいますか。 もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日教育こども常任委員会-03月07日-01号 決まりごと、ルールというのをつくられるんだったらわからないでもないですけど、その辺はどうですか。今答弁していただいた、前倒しのようなことはしません。だけど、制度としてはやれる。 もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日総務常任委員会-03月07日-01号 ただ、お願いしておきたいのは、先ほども言いましたように、市民感覚で、7年間の経過措置をつくったときに、7年間たったらこうなりますよということをはっきり決めておいたら、激変緩和なんかしなくて済んだと思うので、こういうルールをつくるときは、しっかりと先のことも読んでやっていただきたい。今後こういうことがないようにしていただきたいということをもって、賛成させていただきます。 もっと読む
2019-03-06 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月06日-05号 健康ということで、医療費無料だからといって、必要なものは仕方がないにせよ、やはり我々が健康のために留意をしている、そういったルール、マナーも、しっかりと、これらはケースワーカーの方々によって指導していただくべきと。特に喫煙については、こういうふうな世界的な、また国内全国的な風潮からすると、きちんとした指導をしていくべきと考えますが、そのあたりいかがですか。 もっと読む
2019-03-06 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第4号 3月 6日) ○議長(赤松愛一郎)  ルールにのっとってしっかり進めていきたいと思います。  14番、大路 恒議員。 ○14番(大路 恒)  議長のおっしゃるルールとはどういうようなルールなんでしょうか、お尋ねしたいと思います。 ○議長(赤松愛一郎)  昨日、まだ書面が出てませんけども、懲罰動議が出て9名の賛同者がおられました。 もっと読む
2019-03-05 播磨町議会 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 5日) ○8番(神吉史久君)  率直に9グループというのはかなり多いなという感じを受けたんですけども、そういった中で、例えば、先ほど話のあった税務グループでいうと、確定申告時という、ある程度繁忙期というものがあって、そういった長い間勤務していただくことが必要な時期があるのは理解できるんですけども、そういった本当に数カ月の間のものを、数カ月本当に忙しい時期があるところが、1年間通してのルールの中におさまるというような もっと読む
2019-03-05 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第3号 3月 5日) そのため、ペットとの同行避難を行う飼い主の方には、平常時には、1点目としましてケージを怖がらないように慣らしておく、2点目としまして各種ワクチンの接種や寄生虫の駆除を行う、3点目としましてペット用の避難用品の確保を行うなど事前準備を行っていただくとともに、災害時にはリードやケージで管理する、決められた場所で飼い主が責任を持って世話をする、避難所の居住部分にペットを持ち込まないなど、避難所のルールを守 もっと読む
2019-03-05 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月05日-04号 このたびの市場法改正、卸売市場法の改正を受けまして、今後、これらの取り決めにつきまして、卸売業者、仲卸業者、また開設者で協議をし、決定していくものでありますが、今回の改正趣旨は市場ごとにそのルールを決めるとはなっておりますが、全くなくしてしまうというものではございません。業者同士、また開設者としても、その思いを十分協議した上で、ルール決めをしていきたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2019-03-04 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第2号 3月 4日) ③外国人住民自立のための資源物とごみの分別ルール、日本語教室、子育て支援情報、また、地域住民との交流のため地域のルール、お祭りや清掃などの行事、暮らしに密着した地域づくり等を多言語化による情報提供を行うことで、外国人住民の自立支援や地域社会交流への参加を促す大きな効果が生まれると考えますが、いかがですか。   もっと読む
2019-03-04 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月04日-03号 とした上で、「連携を促すルールづくりや、財政支援、あるいは、連携しない場合のリスクを可視化するなどといった手立てが不可欠だ。」と指摘しています。  一方で、圏域という単位で一くくりにし、幅広い連携を進めれば、やがては弱い自治体は飲み込まれてしまうおそれもあり、「合併と変わらない。」 もっと読む