運営者 Bitlet 姉妹サービス
5104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) そのがんを治療することにより、死亡のリスクを軽減することができます。  欧米、特にアメリカでは、国を挙げての取り組みにより、死亡率が大きく減少しております。がん検診の受診率が70から80%と言われるのに対しまして、日本では30から40%にとどまっております。本市における検診の現状についてお伺いをいたします。 ○(福本 巧議長)  大橋健康福祉部参事。 もっと読む
2018-12-06 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 6日) そういたしますと、当然、要介護リスクが高くなってくる後期高齢者人口、今後増加し続けていきます。その一方で、生産年齢人口は継続的に減少していき、そのギャップが拡大し続けるということが言われております。また、答弁にもありましたように、単身世帯等の増加により生活支援ニーズ、これが急速に高まってくることも予測されております。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 このプログラムは、糖尿病が重症化するリスクの高い医療機関の未受診者・受診中断者について、関係機関からの適切な受診勧奨、保健指導を行うことにより治療に結びつけるとともに、リスクの高い通院患者に対して保健指導を行い、人工透析等への移行を防止することを目的としています。 もっと読む
2018-11-29 宝塚市議会 平成30年11月29日産業建設常任委員会−11月29日-01号 ◆みとみ 委員  同時に入ることができないリスクマネジメントという部分では、農業者の方にとってのデメリットというものはどういうふうに考えたらよろしいんでしょうか。 ○たぶち 委員長  岡田課長。 ◎岡田 農政課長  収入保険にありましては、先ほど御指摘いただきました、自然災害にも対応できる。 もっと読む
2018-11-22 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第1日11月22日) 市民は、カードを持つことのリスクを感じています。無理やりカードの取得を押しつけるマイナンバー制度を到底認めるわけにはいきません。  その2は、安室ダム水道用水供給企業団負担金・出資金の4,488万1,000円です。ダム建設費85億円の負担割合は、建設費利水に係る35.9%を2市1町で4対4対2の負担をしています。 もっと読む
2018-11-06 姫路市議会 平成30年11月6日文教・子育て委員会−11月06日-01号 ◎答   懸念については新聞等でも報道されているが、機材が調達できないから期限までに工事が終わらなかったということが起こらないように、できるだけ市場調査を徹底してリスクがないように事業を進めていきたいと考えている。 もっと読む
2018-10-04 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月 4日) ○大隅選挙管理委員会書記長代理  身元確認のことももちろんそうなんですが、選挙には二重投票というリスクが存在しますので、例えば同じ日に少しタイムラグがあったとしても、2カ所の期日前投票所に同じように現れてしまった場合に、そこの部分を投票日のように名簿で直接名消しという方法では、そういった複数箇所に同時に現れた場合に、存在を特定できないというリスクがあるので、期日前投票はシステムを導入しております。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 94 ◯分科員(岡田ゆうじ) 歯周病っていうのは全身病でありまして,これ,まさに歯科医師会のこのパンフレットにあった──けさ置いてあったもんですから,何なのかなと思うんですが──大変重要なことなのでお見せしたいと思うんですけれども,歯周病が及ぼす全身へのリスクということで,糖尿病はリスクが2倍,がんはリスクが1.24倍,そして脳梗塞が1.63倍,狭心症・ もっと読む
2018-10-03 宝塚市議会 平成30年10月 3日文教生活常任委員会−10月03日-01号 たまたまほかの人から紹介をいただいて僕もその時間に見ることができて、大変注目されている、全国に先駆けてお薬をたくさん出すのを控えていく取り組みを地域でやっていこうということで、65歳以上の方が6種類以上のお薬を飲んでいる率が3割超え、そのことによってめまいとかふらつきで転倒してけがをするといって、また医療にかからなあかんリスクを負うという話で、そういう念のために出しておこうというお薬の出し方を変えていこうということで もっと読む
2018-09-28 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号 化学療法センターについて2次質問したいと思うんですが、化学療法は、心機能に悪影響を与えやすく、心筋梗塞や脳卒中などの循環器病のリスクを高めることが知られておりますけれども、これも2018年7月の読売新聞にも掲載されていたことなんですけれども、市立病院はいろんなリスクに対してどのような対応をされているのか、聞かせてください。 ○三宅浩二 副議長  明石病院事業管理者。 もっと読む
2018-09-27 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-03号 ◎上江洲均 教育委員会事務局理事  スポーツ振興公社が指定管理者で、そことの基本協定でリスク分担というところですが、原則としては、スポーツ振興公社は1件当たり60万円未満までを公社が負担し、それ以上は市ということになっております。  以上です。 ○北野聡子 議長  中野議員。 もっと読む
2018-09-26 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-09月26日-02号 もちろん人によって違うけれども、健康な人でもそのときの体調によって、お昼間の生活状況によって夜、熱中症のリスクというのは高まったりするわけですし、誰もが熱中症になる可能性があると思うんですが、人それぞれだということで、特に全世帯に要るものではないというような御回答でした。   もっと読む
2018-09-21 小野市議会 平成30年第413回定例会(第3日 9月21日) 一方、小児のインフルエンザ予防接種等の任意接種は、個人の感染予防が主目的であるものや、有効性と安全性等について、国が認めていないため、副反応が発生するリスクも含めて、個人の判断と責任により実施すべきものとなっております。  国は、乳幼児がインフルエンザワクチンを接種した場合の発症予防効果を20%から60%であると公表しております。   もっと読む
2018-09-20 姫路市議会 平成30年9月20日総務委員会−09月20日-01号 ◆問   ポスターの掲示について、ここ最近、異常に強い風が吹いているが、リスク管理はどのようになっているのか。 ◎答   ポスター掲示場のリスク管理については、掲示場設置の仕様書で対応している。風でも飛ばないような頑丈なものをつくっているが、昨年の衆議院議員選挙時には、台風が接近したため、危険な場所については取り外した経緯がある。リスク管理の重要性は認識しており、今後も適切に行っていきたい。 もっと読む
2018-09-20 小野市議会 平成30年第413回定例会(第2日 9月20日) まず、がんの怖さについての発信というふうなところからさせていただきたいんですが、がんの、乳がんの危険性が高いリスク要因の中で、エビデンスがあるものを少しご紹介させていただきますと、初経年齢が早い方、閉経年齢が遅い方、出産経験がない方、高齢出産の方、授乳歴がない方、高身長の方、閉経後の肥満、それから遺伝、これらの根拠が今あるわけですけれども、ただし、これらのリスクを有する方でも発症しないこともありますし もっと読む
2018-09-20 赤穂市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月20日) 健康寿命の延伸と医療費抑制を推進するにあたって、ポピュレーションアプローチとした場合に健康に関心がある方が多くなる可能性はありますが、ハイリスクアプローチとして、特定保健指導対象者と非肥満のリスク保有者などを対象者として推進することを検討してはと考えます。   もっと読む
2018-09-19 猪名川町議会 平成30年第391回定例会(第2号 9月19日) それがかなわなければ、漏水等のリスクを抱える可能性が大きくなっていくのです。  水道事業は、水道法第6条第2項により市町村経営が原則であるとともに、地方財政法第6条により独立採算が原則となっています。また、安全・安定的な水の供給をしていくことも求められています。 もっと読む
2018-09-19 姫路市議会 平成30年9月19日文教・子育て委員会−09月19日-01号 ◆問   乳幼児健診に来ない、保育所や幼稚園にも行っていない子どもたちが、最も虐待を受けるリスクがあるのではないか。東京都の死亡事例も、転居後は保育所等に行っていなかった。  赤ちゃん全戸訪問や3歳児健診等は約98%という高い訪問率、健診率であり、リスクがあるのは2%ほどである。そこを確認するのが大事だと思うが、どのようにしているのか。 もっと読む
2018-09-13 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第4号 9月13日) 高齢者肺炎球菌ワクチン接種は、肺炎球菌による肺炎の重症化や死亡のリスクを減らすために、平成26年10月から予防接種法による「定期予防接種」に位置づけられました。この肺炎球菌ワクチンは、頻度の高い23種類の肺炎球菌を混合したワクチンで、肺炎リスクの高い高齢者において、肺炎予防効果と医療費抑制効果が示されています。 もっと読む
2018-09-12 篠山市議会 平成30年第115回定例会(第3号 9月12日) しかしながら、何かそういう将来に向けて、そういうリスクを今の者が負うていかな、つけを先に回しておくんだというような考え方ではちょっといかがなものかなと思うわけです。そうした中、例えば、特別交付税。この分を既年の状況を見ると、平成27年では、8億7,000万円の当初予算に対して13億と、4億3,000万円ほど特交がふえておるわけですね、3月末に。 もっと読む