4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

姫路市議会 2021-03-04 令和3年第1回定例会-03月04日-02号

ドナー候補者になり得るドナーは39万6,645人ですが、実際の骨髄採取は20歳以降となり、55歳になり次第、年齢超過で毎年2万人の方が登録取消しになるため、若い世代登録が求められております。  そこで1点目は、本市ドナー登録者数骨髄移植件数及び血液疾患罹患数について本市現状をお聞かせください。  次に、ドナー登録者を増やす対策についてお聞きします。  

加古川市議会 2020-09-11 令和 2年第5回定例会(第4号 9月11日)

ドナー候補者になり得るドナーは約39万4,000人ですが、実際の骨髄採取は20歳以降になり、55歳になり次第、年齢超過で毎年2万人の方が登録取消しになるため、若い世代登録が求められています。一方で移植を必要とする患者は増えており、需要と供給のバランスは年々厳しさを増しています。  そこで、ドナー登録者数骨髄移植件数について、本市現状をお伺いいたします。  

神戸市議会 2019-09-05 令和元年第2回定例市会(9月議会)(第5日) 本文

その理由としては,ドナーいわゆる臓器提供者数臓器提供施設数が少ないことが指摘されており,対策が急務であると考えられます。  このような状況を受けて,国におかれては,臓器を提供する権利臓器を提供しない権利移植を受ける権利及び移植を受けない権利を同等に尊重しつつ,臓器移植を国民にとって安全で身近なものとして定着させるため,次の5項目を実現するよう,強く要望することを提案します。  

神戸市議会 2006-12-01 開催日:2006-12-01 平成18年決算特別委員会第1分科会〔17年度一般・特別会計決算〕(行財政局等) 本文

次に,さい帯血移植でございますが,ご指摘のとおりさい帯血の中には骨髄液に含まれている造血幹細胞が多く含まれているので,さい帯血を利用して骨髄移植と同様の治療ができる,骨髄移植を必要とする患者さんの中には,骨髄バンクドナーが十分でないこと,コーディネートに時間がかかる等を理由に,希望をしても移植がなかなか受けられないという方がおられまして,このような患者さんが移植を受けることができる新しい治療がさい

  • 1