運営者 Bitlet 姉妹サービス
2224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 西宮市議会 平成31年 3月13日予算特別委員会教育こども分科会−03月13日-01号 ◎学校管理課長   まず、使用実態なんですけども、大体終業式であったり始業式でそれぞれ1時間程度の使用があったりですとか、また、基本的に夏季はプールであったりとかで、体育の授業自体が水泳をやっているんですけども、一方で体力テストを体育館で行ったりとかそういうときにも使用していると聞いております。   もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日教育こども常任委員会-03月07日-01号 小規模学校がだめなら、学力テスト日本一の秋田県や福井県は、中心都市以外はほとんど小規模学校です。小規模校ですばらしい成果を上げています。  また、忍耐に乏しいとか短気だという人もいるようですが、昨年甲子園を沸かせた金足農業の生徒の皆さんの多くは小規模校出身です。もっとも、西宮と違って30人以下学級が多いんですけどね。  さらに、小規模校解消が義務教育学校設置に結びつく必然がわかりません。 もっと読む
2019-03-07 西宮市議会 平成31年 3月 7日総務常任委員会-03月07日-01号 2019年初めから実施設計を行い、その後、製造とテスト、翌2020年度当初にはクラウドシステムによる試験運用を開始し、実際の災害で利用しつつ改善を図っていく計画です。12月ごろの第二庁舎の姿完成からシステム機器の組み立て設置や職員研修を経て、2021年3月末に完成予定となっております。   もっと読む
2019-03-06 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月06日-05号 これは、中学生が校舎から飛び降り自殺するという痛ましい事件があり、その原因に全国学力テストでのよい成績を維持するために、それを追い求める学力偏重主義があり、それを議会が全会一致で見直そうとしたものでございます。  これは福井だけの問題とは言えないと思います。この意見書には日本の学校教育の根本的な問題が凝縮されていると思いますが、このことについて教育委員会ではどう理解されているのか、お伺いします。 もっと読む
2019-03-05 播磨町議会 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 5日) 178、コンビニ交付システム更新用テスト手数料返還金の減は、手数料の確定によるものです。197、福祉医療に係る高額療養費等給付調整金は、決算見込みにより増額するものです。200、大阪府北部を震源とする地震応援経費の増は、昨年6月に発生した大阪北部地震において、家屋被害認定業務のため派遣した職員2名に係る経費が措置されたものです。   もっと読む
2019-03-05 稲美町議会 平成31年第253回定例会(第3号 3月 5日) そして、2級のほうはまたちょっと費用がアップしますけれども、実技を含む実践的な内容で、筆記テストに合格しなければならないんですが、どなたもそういう心得や心の場面があれば可能な状態であります。やはり、役場のほうには高齢者の方や障がい者、ベビーカー利用者などなど、外国人などさまざまな方が来庁されます。 もっと読む
2019-03-04 姫路市議会 平成31年第1回定例会−03月04日-03号 この準備期間中に充分なテストを実施することでシステムトラブルは起こらないものと考えておりますが、システム対応だけでなく、改元に伴う書類や帳票等の取り扱いなど、運用面においても、市民の皆様に戸惑いが生じないように対応をしてまいります。   もっと読む
2019-03-04 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月04日-06号 エコノミック・パートナーシップ・アグリーメント――EPAで、インドネシアとベトナムとフィリピンから、介護に関しては、5年間の在留資格で来てもらって、3年間、現場で勤めてもらって、テストを受けて、オーケーならなるよというやつ。それと、平成29年には、9月に在留期間の介護というやつもつくって、11月には、今度は技能実習生制度にも出してきて、そして、今回の新しい入管法の改正ですね。 もっと読む
2019-03-01 姫路市議会 平成31年第1回定例会-03月01日-02号 議員お示しの新体力テスト結果の比較につきましては、国・県よりも数値が低いものの、体力向上1校1実践運動を始めた平成27年度と本年度の本市結果を比較いたしますと、小学校で96項目中79項目、中学校で48項目中29項目の種目で記録が向上しております。 もっと読む
2019-03-01 西宮市議会 平成31年 3月(第17回)定例会-03月01日-05号 特に、現行のセンター試験では、英語の配点は、筆記試験が200点、聞き取りが50点ですが、2020年度から始まる新テストでは、筆記と聞き取りの配点を同じにすることが検討されております。さらに、将来的には民間試験の活用も検討されていることから、これまで以上に聞く・話すを重視したコミュニケーション力、発信力を高めさせる必要があると考えております。   もっと読む
2018-12-14 淡路市議会 平成30年第76回定例会(第4日12月14日) 全国学力学習状況調査、いわゆる学力テストというのが毎年実施されておるかと思います。文部科学省のほうから、この調査の目的と実施要領というのが出ているかと思います。  この出ている教育施策のこの学力テストに対して、教育施策の成果の改善であったり、あるいは教育に対する検証改善のサイクルの確立はどのようになっているのか、どのように進んでいるのかについて伺いたいと思います。 もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) ○(本條滋人教育長)  来年度よりテスト的にモデル地区を定め、地域参画による運営を取り入れ、内容を充実してまいりたいと考えております。地域の方々との交流活動などの取り組みを推進することは、子供たちの社会性、自主性、創造性等、豊かな人間性を育てるとともに、地域コミュニティの醸成にも寄与するものと考えております。   もっと読む
2018-12-10 西宮市議会 平成30年12月(第16回)定例会-12月10日-04号 平成27年10月26日、本市中学校の教員が170名のテスト解答用紙を紛失し、報道されました。平成27年11月22日、本市中学校の女性教員が男子生徒に侮蔑的なあだ名をつけて、それが原因で不登校を招いてしまったという報道がされました。昨年4月25日、本市小学校教員がスーパーで万引きし、懲戒免職処分となりました。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日文教・子育て委員会−12月07日-01号 ◆要望   全国学力テストの点数を上げるように言っているわけではない。小中一貫教育のこれまでの成果や今後の課題について検証してまとめてもらいたい。 ◆問   全国学力・学習状況調査の中で、「今までに受けた授業の最後に、内容を振り返る活動をよく行っていたと思いますか。」という質問があり、中学校の実施割合が低い。先生が授業のどのあたりが重要なのかを生徒に伝えていないということなのか。 もっと読む
2018-12-06 西宮市議会 平成30年12月(第16回)定例会-12月06日-02号 幾ら調整指数で差をつけているといっても、テストをしているわけじゃないですから、その人の置かれた状況だけで判断しているわけですから、不公平な状態なんですね。  こういう状況でありながら、市長に問いたいんですけども、全く救いの手も差し伸べずに来年の4月を迎えるおつもりであるということで理解しておいてよろしいですか。質問です。 ○議長(町田博喜) 答弁を求めます。 もっと読む
2018-12-05 加古川市議会 平成30年第5回定例会(第2号12月 5日) ゆとり教育は徐々に広がり、一部で話題になりました円周率の話などもありましたが、国際的なテストで学力低下が見られたこともあり、批判の高まりの中で文部科学省は脱ゆとりへとかじを切りました。平成20年から21年に授業時数の増、指導内容の充実、小学校外国語授業の導入を行い、ゆとり教育の中で行われていました総合的学習、また土曜日の休業などはそのままに確保せねばならない時間がふえたことになります。 もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 今後、施工段階におきましても、これらのスタッフとともに、さまざまなジャンルの音楽、催し物に対応できるよう、3Dシミュレーションや各種音響テストなどを駆使しつつホール性能を高めるほか、議員ご指摘のミキサー、アンプ、スピーカーなどの音響に係る諸機材等についても早期から十分な検討を行い選定を進めるなど、国内の著名なホールに比肩する、すばらしい音響を持つホールとなるよう努めてまいります。   もっと読む
2018-11-19 西宮市議会 平成30年11月19日健康福祉常任委員会−11月19日-01号 チェックの内容自体は丸々パクらせるというか、まねさせていただいたら、指輪っかテスト西宮版みたいな、指輪っかと言うておったらええと思うんです。誰にもばれないので。なので、指輪っかテストやというてやってもらって。あとは、やってもらうような場所だけの問題やと僕は思っているんですね。誰がこれを展開していくのかと。いきいき体操の場所に行ってもしやるとしたら、既に体操に来ている人じゃないですか。 もっと読む
2018-10-09 伊丹市議会 平成30年第5回定例会−10月09日-09号 第3に、2017年度も参加した全国学力テストと市独自の学習到達度調査の問題です。市教育委員会は、学力テストは全てではなくあくまでも学力の一つの側面だとしながら、計算問題をあと1問全員が正解できれば、伊丹は上位点に達するところまで来ている、と、学力テスト至上主義的姿勢を年々強めています。 もっと読む
2018-09-28 伊丹市議会 平成30年一般会計決算審査特別委員会−09月28日-01号 実際に、これだけ学力を上げなければならないというのは、一般的にはそのとおりなんだけども、毎年1回の学力テストにかなり全体としても力を注がれている中で、学校としては、この4月に学力テストがされてるんだけども、その前にはさまざまな準備というか、これは一定やっぱりやられているなというのは容易に想像つくんですけども、学力テストに対する準備ですね、準備というか。 もっと読む