運営者 Bitlet 姉妹サービス
17191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 宝塚市議会 平成30年12月19日行財政改革調査特別委員会−12月19日-01号 3番が、制度の見直し等により市民サービスの低下を招くおそれがある場合には、丁寧に市民の声を聴き検討・実施すること。  4番、ワーク・ライフ・バランスの実現や業務の効率化を目指して、給与体系も含め、組織の活性化を図ること。  5番そのまま、6番そのまま、7番そのままで、以下のところをまた執行部と。  寺本委員。 ◆寺本 委員  ちょっと5番の確認していいですか。 ○大川 委員長  はい。 もっと読む
2018-12-12 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第3日12月12日) ○(加藤順弘健康福祉部長)  本市では、平成29年4月に介護予防・日常生活支援総合事業への移行を完了しておりますが、移行対象となるサービスは、要支援1・2の介護予防サービスのうち、訪問介護と通所介護のみであり、これ以外のサービスにつきましては旧来どおり予防給付としての位置づけのままでございます。   もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) 本年3月より、マイナンバーカードを利用して、操作が簡単、自分の都合にあわせ証明書が取得できる便利な諸証明書コンビニ交付サービスを開始してございます。まずは、このコンビニ交付サービスの普及を図ってまいりたいというふうに考えているところでございます。  以上です。 ○(福本 巧議長)  14番 木戸議員。 ○14番(木戸隆一郎議員)  ありがとうございます。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 原則60時間以内を必ずということにすると、サービス残業のような事態が発生する可能性もある。  また、労基法の改正により、国の規則も変わると聞いている。月100時間が上限となるので、その範囲内で抑えるように対応を考えているところである。 ◆要望   毎年、4月と5月に月60時間以上の時間外勤務をしている職員が100人以上いる現状を仕方がないと言うのであれば、原則という言葉を使ってはいけないと考える。 もっと読む
2018-12-07 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第1日12月 7日) 次に、議案第77号 平成30年度洲本市介護保険特別会計補正予算(第2号)は、介護予防・生活支援サービス事業や総合相談事業等各種事業費や人事異動等による人件費の精査により、事業勘定で1,956万7,000円を、介護サービス事業勘定で2,197万1,000円をそれぞれ追加しております。   もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) 第1点は、障害福祉サービス事業所管理費についてであります。  委員から、施設管理運営費における役務費の増額は、さくら園における新規の受託業務によるとのことだが、受託業務の詳細内容について、ただしたところ、当局から、新たに受託した業務は、市内事業所よりラベルシール貼り、商品梱包作業であり、また、市外事業所より、服のタグの検品作業である。との答弁があった。   もっと読む
2018-12-06 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 6日) 厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制、すなわち地域包括ケアシステムの構築を推進しています。   もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 さらに、自動車の自動運転が一般化すれば、ネットショッピングなどeコマースの宅配配送の配達員不足や、公共交通における運転手不足も解決されるなど、住む場所にかかわらず質の高いサービスを受けられるようになると考えられています。   もっと読む
2018-12-04 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月04日-03号 また、この加古川市の見守りカメラについては、ビーコンタグ検知器が内臓されており、発信機を持たせた子どもや認知症のために行方不明になるおそれのある方について、どこにいるのかの位置情報や、いつ通ったのかの履歴を保護者やご家族に対してお知らせする見守りサービス機能があることから、非常に有効な対策が施されているとのことで、見守りカメラと呼ばれています。   もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 また、本年6月に施行されました生産性向上特別措置法に基づく、先端設備等の導入計画に係る認定を行い、製造業のみならず、商業、サービス業や観光など、他の産業の活性化を促進してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○今里朱美 議長   32番 伊藤大典議員。 ◆伊藤大典 議員   それぞれにご答弁ありがとうございます。   もっと読む
2018-11-28 宝塚市議会 平成30年11月28日文教生活常任委員会-11月28日-01号 ◎坂田 障害福祉課長  今回、障害児福祉計画の策定時におきまして、その当時の重症心身障がい児の方で、かつサービスを利用していない児童ということで、この5人というのを見込んでおります。 もっと読む
2018-11-27 赤穂市議会 平成30年民生生活委員会(11月27日) 財務課長                 渡 代 昌 孝     医療課長                 山 本 政 秀     介護老人保健施設事務課長         正 木 洋 志     総務課総務係長              宮 本 和 範     総務課管理係長              定 森 知 之     財務課財務係長              竹 田 勝 彦     医療課医事サービス もっと読む
2018-11-27 宝塚市議会 平成30年11月27日総務常任委員会-11月27日-01号 それともう一点、これは長年の懸案になっていたんですが、現在、6カ所のうち4カ所、山本会館、自然休養村センター、それから雲雀丘倶楽部、仁川駅前サービスステーション、この4カ所につきましては、勤務時間の関係がございまして、9時から5時15分となっておりまして、平成19年に勤務時間が5時半までとなったんですけれども、そのときに延長していないんです。 もっと読む
2018-11-26 宝塚市議会 平成30年11月26日産業建設常任委員会-11月26日-01号 本改正では、農業経営収入保険が新たに制度化され、農業経営者のセーフティネットとして整備されるとともに、あわせて農業共済制度も見直しがなされ、農業者へのサービス向上及び効率的な事務執行による農業者の負担軽減となるように改正されました。  この中で、農業者のサービス向上につきましては、選択肢がふえる、メニューがふえるということで、農業者の経営の状況によった保険の選択ができるようになったこと。 もっと読む
2018-11-22 宝塚市議会 平成30年11月22日文教生活常任委員会−11月22日-01号 これまで、国の障がい児支援については、複数の児童が集まる通所による支援が成長にとって望ましいとの考えのもとに、通所支援の充実を図ってまいりましたが、現状では、重度の障がいや重い疾病のために外出が著しく困難な障がい児に発達支援を受ける機会が提供されていなかったため、新たに障がい児の居宅を訪問して発達支援を行うサービスが創設されました。 もっと読む
2018-11-22 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第1日11月22日) さらに委員から、患者の送迎サービス実施の検討についてはどうか。とただしたところ、当局から、送迎サービス実施の検討については、コミュニティバスの運行状況や診療所の運営状況を加味し、バスの購入等費用面を勘案し検討したい。 もっと読む
2018-11-21 宝塚市議会 平成30年11月21日総務常任委員会-11月21日-01号 山本会館と西谷ふれあい夢プラザと雲雀丘倶楽部、仁川駅前サービスステーション、こちらのほうは午前9時から午後5時15分の開設になっておりまして、それにつきましても個別にそれぞれの期日前投票管理者、投票立会人の報酬額を定めているところでございます。   もっと読む
2018-11-19 宝塚市議会 平成30年11月19日行財政改革調査特別委員会-11月19日-01号 本日は将来を見据えたこの健全で持続可能な行財政運営を目指して、財政見通しにおける収支不足への対応、また働き方改革の推進による市民サービスの質の向上、そして将来を見据えた行財政運営という3つの柱によりまして、取り組みを進めるための方針を申し上げます。   もっと読む
2018-10-25 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月25日) ○長坂事務局長兼介護老人保健施設事務長  患者様の送迎につきましては、以前は医療法的にだめだということがあったんですけれども、それが可能だということで、まず透析からということで送迎サービスを始めさせていただいております。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) ○川本委員  1点、伺いますけれど、387ページの周辺地区図書館サービス事業、前年度に比べて多少前後していますけれど、低い数字ではありますね。やはり、今まで移動図書館が走っていた、走っていたためにこうなっているんですけれど、やっぱり移動図書館を復活することが必要だと思うんですね。周辺地区から見るとね。そのことについてどのようにお考えでしょうか。 ○前川委員長  高田図書館長。 もっと読む