2747件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

加西市議会 2025-06-13 06月13日-02号

それから売却のほうの単価でございますが、これにつきましは、応募をする際に坪単価10万円という形で提示をしておりますので、その金額を基本にそこから買収にかかった費用、それから造成にかかる費用、それからインフラ整備をする費用等を勘案いたしまして、市が負担しております調査設計等の必要経費を回収して利益が出るような価格というものを進出企業のほうと協議をしながら決定していきたいというふうに考えております。 

多可町議会 2024-12-17 12月17日-03号

もはや社会インフラともなっているスマホは子供らにとって使い方次第では大きなリスクを伴います。今こそ正しい教育が必要です。SNSの機能の理解、SNSの特性、チャンスとリスク、SNSで被害に遭わないための対策を具体的に教えるべきときではないでしょうか。ネット上でよい人と悪い人を見分けるのは大人でも至難のわざだと思われ、人生経験の少ない子供には不可能です。

三田市議会 2023-06-19 06月19日-03号

都市部にはなくて三田市にある強みとして、ゆったりとした空間、各地域にバランスよく配置された公園、広々とした学校のグラウンド、整備されたスポーツ施設などが上げられ、スポーツを楽しむ上でのインフラの整備状況は阪神間でも指折りであると言えます。 スポーツには教育効果があり、子どもたちを心身ともに健全に成長させます。そして、スポーツにはコミュニティ形成効果があります。

川西市議会 2022-11-28 12月09日-04号

具体的には、SDGs未来都市の選定、地方創生SDGs官民連携プラットフォームなどを推進、東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博を通じたSDGsの推進、先進技術を活用した地域の活性化、スマート農林水産業の推進、防災の主流化、質の高いインフラ海洋プラスチックごみ対策地域循環共生圏づくり、気候変動対策、省エネの推進です。 

川西市議会 2022-05-24 06月17日-04号

◆22番(小山敏明) 当該地区の隣接している市街化区域は、用途変更されて住宅街区としてインフラ整備されています。 お手元の資料でもございますが、道路区画等もされているんですけれども、実は市道認定がされないまま現状の状態になっています。

尼崎市議会 2021-09-12 09月12日-03号

今後、少子高齢化等により、自治体財政はより一層厳しさを増す中、公的負担を抑制しながら公共施設インフラの維持、また指定管理や土地活用を効率的かつ効果的に実施する必要があり、そのためにも、今後、PPP/PFIの手法の活用が求められます。 ここでお伺いいたします。 現在、国もPPP/PFIの活用を推進する中、地域プラットフォームをどのようにお考えでしょうか、お答えください。 

尼崎市議会 2021-06-14 06月14日-04号

水道市民の命や暮らしを守る最も重要なインフラです。その点、水道事業を守ってこられた職員の方々は、誇りを持って業務を遂行されてきたのではないでしょうか。スペシャリストである現場の職員と専門性の高い技術を、とにかく人を減らという理由で手放すというのであれば、人員的にも、技術の継承面やモチベーション的にも、事故災害など緊急時において、現場の深刻な事態に即応できなくなるのではないかと危惧しています。

加東市議会 2020-12-17 12月17日-02号

これは、概算事業費の算出に際しまして、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建てかえ及び大規模改修単価として、総務省が公表しておりました公共施設及びインフラ資産の将来の更新費用の試算における単価、これを適用していること、計画策定時と比較して市場価格や労務単価が大きく上昇していること、学校教育委員会の所管施設において、維持管理していく上で必要な比較的少額な修繕工事を計上していなかったことなどが

三田市議会 2020-12-16 12月16日-04号

また、三田市の強化項目として、自動車の利用が多いという点に着目して、車から排出される温室効果ガス削減のために、公用車燃費の10%向上や次世代自動車充電インフラ整備を進めているところであります。しかしながら、COOL CHOICE運動自体の市民の皆様への啓発活動については十分と言えない状況でございます。

三田市議会 2020-12-13 12月13日-03号

三田市は、ニュータウン開発を初め,都市開発によるさまざまなインフラ整備を進めてきました。その借金の返済があるのは当然のことですが、もう30年が近づこうとしております。返済の額である公債費はいつごろから楽になっていくのでしょうか、その見通しについてお聞かせください。あわせて、長期の財政収支見通しについてもお尋ねいたします。   既に予定されている公共施設建設があります。

尼崎市議会 2020-12-11 12月11日-02号

住まいを構えるとなると、インフラ整備に莫大な資金が必要ですが、企業にとって必要と思えば、下水や電気への整備は民間が行うはずです。 ここで心配な点があります。工場、倉庫の音の問題です。

加西市議会 2020-12-10 12月10日-02号

◆5番(深田照明君) 先ほど総合計画の最上位計画につながっていくというお話ですが、その政策過程に応じて、国の補助金とかインフラ整備に国の補助金が交付される見込みというか、そういう流れはどうなんでしょうか。 ○議長(土本昌幸君) ふるさと創造部長。 ◎ふるさと創造部長千石剛君) 今回の地域計画の策定というもの自身についての補助制度はございませんので、加西市の単費による策定となります。

多可町議会 2020-12-03 12月03日-01号

11ページ2項ICTインフラの整備、1号自治体情報システムの効率化の文中、取り組み内容の1項目め、地域コミュニティーサイト等を削除し、ICTを活用したシステムの導入について調査研究し、新たな住民サービスの構築、業務の効率化等を推進するに変更しております。そして、2項目め、情報システムの共同化等により、効率化及び住民サービスの向上を図るを削除しております。

加東市議会 2020-12-02 12月02日-01号

◆1番(北原豊君) ページ数打ってないんであれなんですけれど、2のICTインフラの整備というところで、そういう情報共有化するとかというのがあるんで、クラウドすれば共有化できるのになぜ加東市だけクラウド化したのか。 ○議長(小紫泰良君) 先ほどと同じことになりますので。 ございますか。              (「なし」の声あり) ○議長(小紫泰良君) これで質疑を終わります。 

川西市議会 2020-10-12 12月06日-03号

また、自治会加入率も年々下がってきていますし、水道などのインフラの老朽化も進行している。このようないろいろな問題が山積している状況にございます。 このようにいろいろな問題があるわけですけれども、川西市として現状で何が一番問題なのか。それが今ひとつ見えてきません。

多可町議会 2020-09-20 09月20日-03号

ドローンは手軽に運用でき、機動性も高いことから、近年では空撮を初め測量インフラの点検などに既に利用されており、今後もさまざまな分野に活用範囲が広まるものと考えております。その中でも、熊本地震九州北部豪雨、昨年度の西日本豪雨等の大規模災害発生時に、これまで非常に困難であった二次災害のおそれやアクセスが非常に悪い場所の状況把握が、迅速にしかも安全に可能になることは特に有効と考えております。

加西市議会 2020-09-10 09月10日-02号

改めて確認ですけれども、今のご説明でインフラ整備等の、当然付帯する道路整備だったり必要なんですけれども、この負担区分についてはあくまでもこの売却の価格の中にいわば事業者がその点についても、負担をするという前提になっているという理解でよろしいんでしょうか。 ○議長(土本昌幸君) 都市整備部長