12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

多可町議会 2020-12-18 12月18日-03号

事業では、山際の立木を広範囲に伐採し、小規模な土砂流出箇所には簡易防災施設、いわゆるかごを設置しているところでございます。しかしながら、採択要件において5ヘクタール以上の団地を設定し、団地内の所有者全てに土地使用承諾書を提出いただくという要件がありますので、地元集落承諾書の取得に苦慮はされているところと思っております。

市川町議会 2017-12-22 平成29年第5回定例会(第3日12月22日)

そして、一番下にはかご工を設置して土どめのかわりとしております。  次のページをお願いいたします。こちらがB工区の縦断図になります。水平距離にして90メートル、高さが60メートル、のり勾配が1対1.5となっております。こちらのほうは、植生基材の吹きつけを5センチする予定にしております。  次のページをお願いします。こちらの図面がのり面展開図になっております。

猪名川町議会 2015-03-12 平成27年生活建設常任委員会( 3月12日)

1カ所につきましては、内馬場地区でございますが、大型鋼製かご擁壁工事といたしまして、高さ3メートル、延長30メートルの工事を行うものと、もう1カ所、北田原地区につきましては、ロックネット設置工事といたしまして、高さ14メートル、延長10メートルの設置工事を行うものでございます。  次に、6款商工費、1項1目商工業振興費、本年度予算額2,054万2,000円でございます。

豊岡市議会 2013-09-09 平成25年第4回定例会(第2日 9月 9日)

また、本市の具体的な事例なんですけども、数多くの事例は有しておりませんけども、まず福田の山田川河川整備なんかもその一例じゃないかなというふうに考えておりまして、そのほか河川復旧事業護岸工事におきまして、かご護岸をつくったり、また空隙の構造を持つコンクリートブロックを採用したりと、その他河川に張りコンクリートを施工しないなど河川環境に配慮を行っているところでございます。

市川町議会 2010-02-17 平成22年第1回臨時会(第1日 2月17日)

かご工、変更前なしでございます。変更後225メートル。  排水構造物工U型側溝ほか906メートル、変更後921メートル。  水路改修工水路かさ上げ工変更前84メートル、変更後、変更前に同じでございます。  舗装工。車道、変更前3,400平方メートル、変更後2,880平方メートル。歩道、1,460平方メートル、変更後1,190平方メートル。  道路附属施設工

市川町議会 2008-03-11 平成20年第2回定例会(第2日 3月11日)

災部分大型かご工で施工しております。そして、取りつけのところは、先ほど議員さんがお話しされていた土のうの部分で取りつけして施工している状況でございます。以上です。 ○議長(木村 靖夫君)  11番、岩﨑敬三君。 ○11番(岩﨑 敬三君)  全然ちょっと話が食い違ってね、全体を土のう積んであるんですよ。見てなかったら仕方ないと思いますので、次に進みます。  

豊岡市議会 2007-09-11 平成19年第4回定例会(第3日 9月11日)

それで、今回の工事につきましては、のりじりに今言われましたとおりに、かごによりますのりめ工が実施されます。ところが、この山田川につきましては大変周辺、軟弱な地盤ということでございますので、国交省の方にもその辺について十分配慮してもらえるように、対策を講じていただくようにお願いしておるところでございます。以上です。 ○議長(古谷 修一) 24番、森田議員

香美町議会 2005-12-12 平成17年第6回定例会(第3日目) 本文 開催日:2005年12月12日

その際のかごの崩壊、側溝、それから敷地内水路、雨どい等が破損いたしておりますので、これらの復旧工事費を追加させていただいております。  それから、次の村岡有機センター運営費362万4,000円でございます。これは特に本年の収支見込みを考慮しまして、運営費が不足いたしますので、300万円を追加するものでございます。  

  • 1