たつの市議会 > 2019-05-16 >
令和元年第2回たつの市議会臨時会(第1日 5月16日)

ツイート シェア
  1. たつの市議会 2019-05-16
    令和元年第2回たつの市議会臨時会(第1日 5月16日)


    取得元: たつの市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-13
    令和元年第2回たつの市議会臨時会(第1日 5月16日)        令和元年第2回たつの市議会臨時会議事日程(第1日)                        令和元年5月16日(木)午前10時開会 1 開会あいさつ(議長・市長) 2 開会宣告 3 開議宣告   日程第1 会議録署名議員の指名(11番 和田美奈議員、12番 高岸博之議員)   日程第2 会期の決定(5月16日(木)の1日間)   日程第3 議員提出第1号 たつの市中小企業等振興基本条例制定について                             (提案説明から表決まで)   日程第4 承認第1号 専決処分した事件(たつの市税条例等の一部を改正する条例        制定について)の承認を求めることについて                             (提案説明から表決まで)   日程第5 議案第43号 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条              例の整理に関する条例制定について                             (提案説明から表決まで)  (日程追加 議長辞職について)  (日程追加 議長選挙について)  (日程追加 副議長辞職について)
     (日程追加 副議長選挙について)   日程第6 常任委員の指名について   日程第7 議会運営委員の指名について  (日程追加 特別委員補欠委員の指名について)  (日程追加 同意第1号 たつの市監査委員選任の同意を求めることについて)  (日程追加 揖龍保健衛生施設事務組合議会議員の補欠選挙)  (日程追加 揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙)  (日程追加 播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙)  (日程追加 西播磨水道企業団議会議員の補欠選挙)  (日程追加 西はりま消防組合議会議員の補欠選挙)   日程第8 委員会の閉会中の継続審査について 4 閉会宣告 5 閉会あいさつ(議長・市長)           会議に出席した議員   1番 楠   明 廣      2番 船 引 宗 俊   3番 堀     讓      4番 宗 實 雅 典   5番 肥 塚 康 子      6番 木 南 裕 樹   7番 柏 原   要      8番 野 本 利 明   9番 松 本 良 三     10番 赤 木 和 雄  11番 和 田 美 奈     12番 高 岸 博 之  13番 松 下 信一郎     14番 内 匠 勇 人  15番 柳 生 陽 一     16番 桑 野 元 澄  17番 三 木 浩 一     18番 永 富   靖  19番 角 田   勝     20番 名 村 嘉 洋  21番 畑 山 剛 一     22番 横 田   勉            会議に欠席した議員              な  し          議事に関係した事務局職員 議会事務局長                西 田 豊 和 副局長                   安 積   徹 主幹                    河 原 直 也 主幹                    矢 本 博 文 副主幹                   竹 北 嘉 子       地方自治法第121条の規定による出席者 市長                    山 本   実 副市長                   井 上 彰 悟 医監兼医療支援部長兼市民病院事務局長    毛 利 好 孝 理事兼総務部長               連 佛 忠 司 理事兼企画財政部長             菅 原 昌 則 市民生活部長                佐 用 永 喜 健康福祉部長兼福祉事務所長         冨 井 静 也 産業部長                  小笠原 欣 吾 都市建設部長                梶 本 秀 人 都市政策部長                野 本 浩 二 上下水道部長                谷   晴 視 新宮総合支所長               小 川   宏 揖保川総合支所長              野 勢 孝 幸 御津総合支所長               西 川   廣 総務部参事兼総務課長            石 井 和 也 総務部参事兼情報推進課長          山 根 洋 二 企画財政部参事兼財政課長          森 本 康 路 会計管理者兼会計課長            東 元 千代子 市税課長                  堀   謙一郎 教育長                   横 山 一 郎 教育管理部長                田 中 徳 光 教育事業部長兼歴史文化財課長        冨 井 俊 則 選挙管理委員会事務局長           横 田 政 人 代表監査委員                岸 田 信 行 監査事務局長                横 田 政 人 揖龍公平委員会委員長            山 口   昇 揖龍公平委員会書記長            横 田 政 人 農業委員会会長               猪 澤 敏 一 農業委員会事務局長             土 井 富 生               開 会 あ い さ つ ○議長(角田 勝議員)  開会に先立ちまして、一言ご挨拶を申し上げます。  新緑がまぶしく、爽やかな初夏の風を感じる好季節を迎えました。本日、ここに令和元年第2回たつの市議会臨時会が開会の運びとなりましたことは、まことにご同慶に堪えないところであります。  さて、今期臨時会は、既にお手元に配付しておりますとおり、市長より付議されました承認案件及び条例制定のほか、議会といたしましても議員提出による条例制定議案を付議いたしております。これらはいずれも重要な案件でありますので、議員各位におかれましては、それぞれの議案に対し慎重なるご審議により適切、妥当なるご決定を賜りますとともに、議事運営につきましても格別のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会のご挨拶といたします。  市長。               市 長 あ い さ つ ○市長(山本 実君)(登壇)  開会に先立ちまして、一言ご挨拶を申し上げます。  新緑の好季節となり、爽やかな風薫る本日、ここに令和元年第2回たつの市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご健勝にてご出席を賜り開会されますことに対しまして、厚くお礼申し上げます。  さて、「平成」の時代が終わり、輝かしい「令和」の時代が幕を開けました。議員ご承知のとおり、新元号「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、日本の四季折々の文化を次の世代に引き継ぐという思いが込められています。  本市におきましても、かつてないスピードで進行する人口減少と高齢化の中、全ての市民が将来にわたって住みたい、住み続けたいと思える「未来応援 住みたいまち たつの」の実現に向け、持続可能な市政運営を推進してまいりたいと考えております。  そのためには、私が市長就任後、間もなく実施した「市長対話広場事業」は、直接、市民の皆様から貴重なご意見やご提言をお聞きすることで、地域の実情や市民が持つ行政課題を捉えることができたと実感をしております。  また、懸案であります国民宿舎事業の運営や下水道使用料の料金改定についても、直接、市民の皆様のご意見を伺いたく、4月から5月にかけて住民意見交換会や説明会を開催しているところでございます。今後も将来を見据え、次世代に引き継ぐまちづくりにより一層取り組んでまいりますので、議員各位におかれましては、市政推進に当たりまして格別のご理解、ご協力そしてご支援を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。  さて、今期臨時会で審議をお願いいたします案件は、既にお手元にお届けしておりますとおり、専決処分しました事件の承認を求めるものが1件、条例案件1件の2件でございます。これらのうち、専決処分案件につきましては、3月市議会定例会の閉会の挨拶の際、ご了承をお願いいたしておりました地方税法等の法律の一部改正に伴う関係条例の改正でございまして、緊急やむを得ないものとして措置させていただいたものでございます。何とぞ慎重なご審議をいただきまして、満場一致のご賛同をもって可決賜りますようお願いを申し上げます。  また、本日は議会運営の根幹となります議長選挙をはじめとして、各常任委員の選任などが行われる予定とお聞きしておりますが、どうか円滑な議事運営がなされますようご祈念申し上げまして、開会のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。                 開 会 宣 告 ○議長(角田 勝議員)  ただいまより、令和元年第2回たつの市議会臨時会を開会いたします。
                    開 議 宣 告 ○議長(角田 勝議員)  これより本日の会議を開きます。  この際、ご報告いたします。  初めに、監査委員より、地方自治法第235条の2第1項の規定による例月出納検査の結果報告2件が提出されており、その写しを配付いたしておりますので、ご清覧願います。  次に、本年3月に開催いたしました平成31年第1回定例会以降における議長会等の諸会議についてでありますが、去る4月11日に京都市におきまして、第84回近畿市議会議長会定期総会が開催され、平成30年度出納検査結果報告及び令和元年度予算が承認、可決されました。  次に、4月12日に姫路市におきまして、第251回播但市議会議長会が開催され、平成30年度事業報告及び会計決算について原案のとおり承認及び認定されました。  次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職・氏名につきまして、事務局長から報告いたします。 ○議会事務局長(西田豊和君)  ご報告申し上げます。  まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員数は22名全員であります。  次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職・氏名についてでありますが、お手元に配付しております名簿のとおりでありますので、ご清覧願います。  以上でございます。 ○議長(角田 勝議員)  以上で、報告を終わります。            〜日程第1 会議録署名議員の指名〜 ○議長(角田 勝議員)  これより日程に入ります。  まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、議長において、11番和田美奈議員、12番高岸博之議員を指名いたします。  両議員、よろしくお願いいたします。               〜日程第2 会期の決定〜 ○議長(角田 勝議員)  次は、日程第2、会期の決定を議題とします。  お諮りいたします。  今期臨時会の会期は、本日5月16日の1日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、会期は本日5月16日の1日間と決しました。              〜日程第3 議員提出第1号〜 ○議長(角田 勝議員)  これより本日の日程に入ります。  日程第3、議員提出第1号 たつの市中小企業等振興基本条例制定についてを議題といたします。  これより上程議案に対する説明を求めます。  12番高岸博之議員。 ○12番(高岸博之議員)(登壇)  ただいま議題となりました議員提出第1号につきまして、議員を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。  議員提出議案第1号 たつの市中小企業等振興基本条例でありますが、この条例は市、議会、中小企業者等、市民等の役割を明らかにするとともに、中小企業者等の振興に関する施策を総合的に推進するための基本的事項を定め、地域経済の活性化及び市民生活の向上に寄与しようとするものであります。  ここで、議案提出に至るまでの経緯を申し上げます。  平成30年10月に経済建設常任委員会において、中小企業振興施策について、調査研究していくことを決定し、11月から継続的に所管事務調査を実施いたしました。また、平成31年1月には、会派代表者会議において中小企業等を取り巻く厳しい環境が続いている中、中小企業が十分に能力を発揮できる体制づくりや、市、商工団体、中小企業、市民等による中小企業等の振興を目的とした条例制定の提案があったものであります。  経済建設常任委員会では、市執行部への調査等を行い、中小企業等や市の施策等現状を把握するとともに、中小企業等振興基本条例の先進事例の研究を精力的に重ね、条例の素案を作成したものであります。  そして、3月に開催された議会運営委員会において議員定数の議案として政策条例を提出することを決定したものであります。また、4月には条例素案を公表するとともに、多くの市民から広く意見を求めるべくパブリックコメントを実施し、たつの市中小企業等振興基本条例(案)を取りまとめたものであります。  次に、提出議案の概要ですが、本条例は本文13条及び附則で構成されております。第1条は制定の目的を、第2条は定義を規定しております。  次に、第3条は基本方針を、第4条は基本施策を定めており、第5条から10条まで市、議会、中小企業者、商工団体、金融機関及び市民等のそれぞれの役割を明記しております。  次に、第11条は条例の普及・啓発について、第12条は検証及び評価について、第13条は委任について規定しております。  そして、附則では、本条例の施行期日を規定しております。  以上で、提出議案の概要説明を終わりますが、議員各位におかれましては、提案の趣旨をご理解いただき、ご賛同を賜りますようお願いをいたしまして提案理由の説明を終わります。 ○議長(角田 勝議員)  上程議案に対する説明は終わりました。  これより上程議案に対する質疑に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので質疑を終結いたします。  この際、お諮りいたします。  本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので討論を終結して、直ちに表決に入ります。  お諮りいたします。  上程中の議員提出第1号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、上程中の議員提出第1号は、原案のとおり可決されました。  この際、お諮りいたします。  ただいま可決されました議員提出第1号の取り扱い並びに字句等の整理につきましては、会議規則第41条の規定により、議長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、さよう決しました。               〜日程第4 承認第1号〜 ○議長(角田 勝議員)  次は、日程第4、承認第1号 専決処分した事件(たつの市税条例等の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることについてを議題といたします。
     これより上程議案に対する説明を求めます。  総務部長。 ○理事兼総務部長(連佛忠司君)(登壇)  ただいま議題となりました、承認第1号 専決処分した事件(たつの市税条例等の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることにつきまして、専決の理由及びその内容についてご説明申し上げます。  まず、専決の理由でございますが、平成31年度税制改正により、地方税法等の一部を改正する法律が平成31年3月29日に公布され、平成31年4月1日から施行されたことに伴い、たつの市税条例及びたつの市都市計画税条例において所要の改正を行うもので、緊急を要しましたので地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行い、平成31年3月29日に公布し、平成31年4月1日施行としたものでございます。  それでは、改正の内容につきまして、順を追ってご説明申し上げます。  まず、第1条は、たつの市税条例の一部改正を行うもので、地方税法等の一部を改正する法律の改正を踏まえ、本市税条例におきましても同様の改正を行うものでございます。たつの市税条例第34条の7の改正は、ふるさと納税(特例控除)の対象となる寄附金は、総務大臣が定める基準に適合する都道府県等に対する寄附金で、総務大臣が指定するものと規定するものでございます。  附則第7条の3の2の改正は、所得税の住宅ローン控除の改正により延長される控除期間において、所得税額から控除し切れない額を控除限度額の範囲内で個人市民税額から控除すること及び住宅借入金特別税額控除に係る申告要件を不要とするものでございます。  附則第7条の4の改正は、法律の改正に伴う引用規定の改正でございます。  附則第9条、附則第9条の2及び附則第10条の2の改正は、法律の改正に伴う引用規定及び字句の改正でございます。  附則第10条の3の改正は、民間事業者が設置する劇場、音楽堂においてバリアフリー化の改修工事を行った場合に、固定資産税の減額の適用を受けるときの手続を定めた規定の追加及び引用規定の改正でございます。  附則第16の改正は、新規登録から13年を経過した軽自動車等の経年車重課の規定を平成31年度に限ったものとし、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの間に新規登録した軽自動車等の平成29年度分のグリーン化特例による軽課の規定を削除するとともに、新たに第2項から第4項にグリーン化特例による軽課の税率表を追加するものでございます。  附則第16条の2の改正は、前条の改正により、引用する項を繰り上げるものでございます。  次に、第2条は、たつの市都市計画税条例の一部改正を行うもので、たつの市都市計画税条例附則第1条の5、附則第1条の6及び附則第1条の7の改正は、地方税法の改正に伴う項の追加及び字句の改正でございます。  附則第1条の8の改正は、民間事業者が設置する劇場、音楽堂等においてバリアフリー化の改修工事を行った場合に、固定資産税と同様に、都市計画税の減額の適用を受けるときの手続を追加するものでございます。  附則第11条の改正は、法律の改正に伴う項の追加による引用する規定の改正でございます。  次に、第3条は、たつの市税条例等の一部を改正する条例の一部改正を行うもので、たつの市税条例等の一部を改正する条例(平成29年条例第2号)第2条のうち、たつの市税条例附則第15条の6の改正は、軽自動車税の環境性能割の税率を当分の間、1%減とする臨時的軽減を規定するものでございます。  附則第16条の改正は、法律の改正に伴う引用する規定の改正でございます。  次に、第4条は、たつの市税条例等の一部改正する条例の一部の改正を行うもので、たつの市税条例等の一部改正する条例(平成30年条例第22号)第1条のうち、たつの市税条例第48条の改正は、電子申告の申告書等の提出の柔軟化及び電気通信回線の故障、災害、その他の理由により電子情報処理組織を使用することが困難であると認められる場合の手続を定めた規定を追加するものでございます。  附則第1条及び附則第2条の改正は、法律の改正に伴う引用規定の改正でございます。  次に、附則につきましては、第1条で本条例の施行期日を平成31年4月1日とし、条例第34条の7、条例附則第7条の4、第9条及び第9条の2の改正規定並びに次条第2項から第4項までの規定につきましては、令和元年6月1日とするものでございます。  第2条は市民税に関する経過措置、第3条は固定資産税に関する経過措置、第4条は軽自動車税に関する経過措置、第5条は都市計画税に関する経過措置をそれぞれ定めたものでございます。  以上で、承認第1号の専決処分に係る提案説明を終わらせていただきますが、緊急やむを得ない事情をご賢察賜りまして、何とぞ満場一致にてご承認賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(角田 勝議員)  上程議案に対する説明は終わりました。  これより上程議案に対する質疑に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので質疑を終結いたします。  この際、お諮りいたします。  本件は会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので討論を終結して、直ちに表決に入ります。  お諮りいたします。  上程中の承認第1号は、原案のとおり承認することに決してご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、承認第1号は、原案のとおり承認されました。              〜日程第5 議案第43号〜 ○議長(角田 勝議員)  次は、日程第5、議案第43号 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定についてを議題といたします。  これより上程議案に対する説明を求めます。  総務部長。 ○理事兼総務部長(連佛忠司君)(登壇)  ただいま議題となりました議案第43号 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定につきまして、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。  まず、提案の理由についてでございますが、不正競争防止法等の一部を改正する法律が平成30年5月30日に公布され、工業標準化法の一部改正が行われました。これは情報技術の革新を受け、標準化の対象にモノだけではなく、データ、サービス、経営管理が追加されたことにより、標準化の名称が「日本工業規格」から「日本産業規格」に改められたものです。つきましては、この用語を引用している、たつの市情報公開条例及びたつの市個人情報保護条例において、所要の改正を行うものでございます。  次に、改正の内容につきましてご説明申し上げます。  第1条は、たつの市情報公開条例の改正を、第2条は、たつの市個人情報保護条例の改正を行うもので、それぞれにつきまして、別表備考中の日本工業規格を日本産業規格に改めるものです。  附則につきましては、本条例の施行期日を令和元年7月1日とするものです。  以上で、議案第43号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(角田 勝議員)  上程議案に対する説明は終わりました。  これより上程議案に対する質疑に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので質疑を終結いたします。  この際、お諮りいたします。  本件は、会議規則第35条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご発言がないので討論を終結して、直ちに表決に入ります。  お諮りいたします。  上程中の議案第43号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(角田 勝議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議案第43号は、原案のとおり可決されました。  このままの状態で暫時休憩いたします。             休   憩  午前10時23分
                再   開  午前10時24分 ○副議長(名村嘉洋議員)  それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。             〜日程追加 議長辞職について〜 ○副議長(名村嘉洋議員)  議長が、都合により退席されておりますので、その間、私が議長の職務を行います。議事進行につきまして、議員各位のご協力をよろしくお願い申し上げます。  ご報告いたします。  ただいま19番角田勝議員から一身上の都合により本日付をもって議長を辞職したい旨の辞職願が提出されております。  お諮りいたします。  議長辞職についてを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(名村嘉洋議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議長辞職についてを議題といたします。  お諮りいたします。  地方自治法第108条及び会議規則第94条第2項の規定により、19番角田勝議員の議長辞職を許可することに決してご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(名村嘉洋議員)  ご異議なしと認めます。  よって、19番角田勝議員の議長辞職を許可することに決しました。  ただいまの辞職により議長が欠員となりました。  お諮りいたします。  議長選挙についてを本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(名村嘉洋議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議長選挙についてを議題といたします。  このままの状態で、暫時休憩いたします。             休   憩  午前10時26分             再   開  午前10時31分 ○副議長(名村嘉洋議員)  それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。             〜日程追加 議長選挙について〜 ○副議長(名村嘉洋議員)  ただいまから議長選挙を行います。  この選挙は投票により行います。  議場の閉鎖を命じます。                (議 場 閉 鎖) ○副議長(名村嘉洋議員)  ただいまの出席議員数は22名であります。  次に、立会人を指名いたします。立会人は、会議規則第30条第2項の規定により、3番堀讓議員、18番永富靖議員を指名いたします。  両議員、後ほどよろしくお願いいたします。  投票箱を改めさせます。                 (投票箱点検) ○副議長(名村嘉洋議員)  異常なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。  点呼に応じて前へ出ていただき、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票願います。  これより事務局長に点呼を命じます。                (点呼、議員投票) ○議会事務局長(西田豊和君)  命により点呼いたします。  1番 楠 明廣議員、2番 船引宗俊議員、3番 堀 讓議員、4番 宗實雅典議員、5番 肥塚康子議員、6番 木南裕樹議員、7番 柏原 要議員、8番 野本利明議員、9番 松本良三議員、10番 赤木和雄議員、11番 和田美奈議員、12番 高岸博之議員、13番 松下信一郎議員、14番 内匠勇人議員、15番 柳生陽一議員、16番 桑野元澄議員、17番 三木浩一議員、18番 永富 靖議員、19番 角田 勝議員、20番 名村嘉洋議員、21番 畑山剛一議員、22番 横田 勉議員。  以上でございます。 ○副議長(名村嘉洋議員)  投票漏れはありませんか。  投票漏れなしと認めます。  よって、投票を終了いたします。  これより開票を行います。  3番堀讓議員、18番永富靖議員、開票の立ち会いをお願いいたします。                  (開 票) ○副議長(名村嘉洋議員)  それでは、開票の結果をご報告いたします。  投票総数22票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。  このうち有効投票20票、無効投票2票、有効投票中、1番楠明廣議員11票、15番柳生陽一議員9票、以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は5票であります。  よって、1番楠明廣議員が議長に当選されました。  議場の閉鎖を解きます。                (議 場 開 鎖) ○副議長(名村嘉洋議員)  ただいま議長に当選されました1番楠明廣議員に、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。  ここで、当選されました1番楠明廣議員より発言を求められておりますので、これを許します。               議 長 あ い さ つ ○議長(楠 明廣議員)(登壇)  どうも失礼いたします。楠でございます。先ほどは、本当に議員の皆様方のご推挙によりまして、たつの市議会議長という大役を仰せつかりました楠でございます。なった以上は、今後とも理事者側と両輪のごとく市政発展のために力いっぱい頑張っていく所存でございますので、皆様方、ご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げまして、簡単粗辞ではございますが、就任の挨拶に代えさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手) ○副議長(名村嘉洋議員)  新議長の挨拶は終わりました。  楠議長、議長席におつきください。               (新議長、議長席に着席)
    ○議長(楠 明廣議員)  事務引き継ぎのため、このままの状態で暫時休憩いたします。             休   憩  午前10時46分             再   開  午前10時47分 ○議長(楠 明廣議員)  休憩前に引き続き、会議を開きます。             〜日程追加 副議長辞職について〜 ○議長(楠 明廣議員)  ご報告いたします。  ただいま、20番名村嘉洋議員から、一身上の都合により本日付をもって副議長を辞職したい旨の辞職願が提出されました。  お諮りいたします。  副議長辞職についてを、本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、副議長辞職についてを議題といたします。  お諮りいたします。  地方自治法第108条及び会議規則第94条の第2項の規定により、20番名村嘉洋議員の副議長辞職を許可することに決してご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、20番名村嘉洋議員の副議長辞職を許可することに決しました。  ただいまの辞職により副議長が欠員となりました。  お諮りいたします。  副議長選挙についてを本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、副議長選挙についてを議題といたします。  このままの状態で、暫時休憩いたします。             休   憩  午前10時48分             再   開  午前10時50分 ○議長(楠 明廣議員)  それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。             〜日程追加 副議長選挙について〜 ○議長(楠 明廣議員)  ただいまから副議長選挙を行います。  この選挙は投票により行います。  議場の閉鎖を命じます。                (議 場 閉 鎖) ○議長(楠 明廣議員)  ただいまの出席議員数は22名であります。  次に、立会人を指名いたします。立会人は、会議規則第30条第2項の規定により、4番宗實雅典議員、17番三木浩一議員を指名いたします。  両議員、よろしく後ほどお願いいたします。  投票箱を改めさせます。                 (投票箱点検) ○議長(楠 明廣議員)  異常なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。  点呼に応じて前へ出ていただき、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票願います。  これより事務局長に点呼を命じます。                (点呼、議員投票) ○議会事務局長(西田豊和君)  命により点呼いたします。  1番 楠 明廣議員、2番 船引宗俊議員、3番 堀 讓議員、4番 宗實雅典議員、5番 肥塚康子議員、6番 木南裕樹議員、7番 柏原 要議員、8番 野本利明議員、9番 松本良三議員、10番 赤木和雄議員、11番 和田美奈議員、12番 高岸博之議員、13番 松下信一郎議員、14番 内匠勇人議員、15番 柳生陽一議員、16番 桑野元澄議員、17番 三木浩一議員、18番 永富 靖議員、19番 角田 勝議員、20番 名村嘉洋議員、21番 畑山剛一議員、22番 横田 勉議員。  以上でございます。 ○議長(楠 明廣議員)  投票漏れはありませんか。  投票漏れはなしと認めます。  よって、投票を終了いたします。  これより開票を行います。  4番宗實雅典議員、17番三木浩一議員、開票の立ち会いをお願いいたします。                  (開 票) ○議長(楠 明廣議員)  それでは、開票の結果をご報告いたします。  投票総数22票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。  このうち有効投票17票、無効投票5票、有効投票中、14番内匠勇人議員16票、17番三木浩一議員1票、以上のとおりでございます。  この選挙の法定得票数は5票であります。  よって、14番内匠勇人議員が副議長に当選されました。  議場の閉鎖を解きます。                (議 場 開 鎖) ○議長(楠 明廣議員)  ただいま副議長に当選されました14番内匠勇人議員に、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。  ここで、当選された14番内匠勇人議員より発言を求められておりますので、これを許します。              副 議 長 あ い さ つ ○副議長(内匠勇人議員)(登壇)  このたび副議長に就任させていただきました内匠でございます。多くの皆さんの票をいただき、本当にありがとうございました。先ほども申し上げましたが、この1年、議長を補佐し円滑なる議会運営、そして、市民に信頼されるような議会運営を目指して頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手) ○議長(楠 明廣議員)  新副議長の挨拶が終わりました。
                  (新副議長、自席に着席)            〜日程第6 常任委員の指名について〜 ○議長(楠 明廣議員)  次は、日程第6、常任委員の指名についてを議題といたします。  本件につきましては、あらかじめご協議願っており、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において各常任委員の指名をいたします。  まず、総務生活常任委員に、私、1番楠明廣、6番木南裕樹議員、9番松本良三議員、15番柳生陽一議員、16番桑野元澄議員、18番永富靖議員、19番角田勝議員、20番名村嘉洋議員。  次に、福祉文教常任委員に、4番宗實雅典議員、5番肥塚康子議員、8番野本利明議員、11番和田美奈議員、14番内匠勇人議員、17番三木浩一議員、22番横田勉議員。  次に、経済建設常任委員に、2番船引宗俊議員、3番堀讓議員、7番柏原要議員、10番赤木和雄議員、12番高岸博之議員、13番松下信一郎議員、21番畑山剛一議員。  以上のとおり、各常任委員を指名いたします。  なお、議長の委員会所属についてでありますが、委員会条例第2条第1項ただし書きの規定により、常任委員を辞退したいと思いますので、そのようにご了承願います。           〜日程第7 議会運営委員の指名について〜 ○議長(楠 明廣議員)  次は、日程第7、議会運営委員の指名についてを議題といたします。  本件についても、あらかじめご協議願っており、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。  6番木南裕樹議員、8番野本利明議員、10番赤木和雄議員、12番高岸博之議員、13番松下信一郎議員、16番桑野元澄議員、18番永富靖議員、21番畑山剛一議員。  以上のとおり、議会運営委員を指名いたします。          〜日程追加 特別委員補欠委員の指名について〜 ○議長(楠 明廣議員)  この際、ご報告申し上げます。  ただいま特別委員のうち、議会広報調査特別委員の私、1番楠明廣、16番桑野元澄議員、議会改革調査特別委員の6番木南裕樹議員、18番永富靖議員、議会ICT調査特別委員の3番堀讓議員、公共建築物調査特別委員の私、1番楠明廣、15番柳生陽一議員、予算決算特別委員の私、1番楠明廣の計6名の委員から、各特別委員を辞任したい旨の辞任願が提出されました。  よって、委員会条例第18条の規定により、議長においてこれを許可いたします。  この辞任により、該当の特別委員が欠員となりましたので、この際、特別委員補欠委員の指名についてを日程に追加し、直ちに議題にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、特別委員補欠委員の指名についてを議題といたします。  本件については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において補欠委員を指名いたします。  まず、特別委員のうち、議会広報調査特別委員に3番堀讓議員、15番柳生陽一議員。  議会改革調査特別委員に5番肥塚康子議員、19番角田勝議員。  議会ICT調査特別委員に2番船引宗俊議員。  公共建築物調査特別委員に4番宗實雅典議員、16番桑野元澄議員。  予算決算特別委員に19番角田勝議員。  以上のとおり、特別委員補欠委員を指名いたします。  ここで暫時休憩し、ただいまから全員協議会を301会議室で開催いたしますので、各議員はご参集をお願いいたします。             休   憩  午前11時06分             再   開  午後 0時15分 ○議長(楠 明廣議員)  休憩前に引き続き、会議を開きます。  この際、ご報告いたします。  先ほどの休憩の間に各委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、その結果をご報告いたします。  総務生活常任委員会委員長に、6番木南裕樹議員、副委員長に、9番松本良三議員。  福祉文教常任委員会委員長に、8番野本利明議員、副委員長に、5番肥塚康子議員。  経済建設常任委員会委員長に、7番柏原要議員、副委員長に、10番赤木和雄議員。  議会運営委員会委員長に、13番松下信一郎議員、副委員長に、10番赤木和雄議員。  皮革排水処理対策特別委員会委員長に、10番赤木和雄議員、副委員長に、8番野本利明議員。  議会広報調査特別委員会委員長に、5番肥塚康子議員、副委員長に、11番和田美奈議員。  議会改革調査特別委員会委員長に、20番名村嘉洋議員、副委員長に、2番船引宗俊議員。  予算決算特別委員会委員長に、14番内匠勇人議員、副委員長に、10番赤木和雄議員。  議会ICT調査特別委員会委員長に、6番木南裕樹議員、副委員長に、11番和田美奈議員。  公共建築物調査特別委員会委員長に、16番桑野元澄議員、副委員長に、4番宗實雅典議員。  以上のとおり、各委員会から報告を受けましたのでご報告いたします。   〜日程追加 同意第1号 たつの市監査委員選任の同意を求めることについて〜 ○議長(楠 明廣議員)  ただいま、市長から、同意第1号 たつの市監査委員選任の同意を求めることについての議案が提出されました。  お諮りいたします。  これを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、同意第1号を議題といたします。  これより、上程議案に対する説明を求めます。  副市長。 ○副市長(井上彰悟君)(登壇)  ただいま議題となりました同意第1号 たつの市監査委員選任の同意を求めることにつきまして、その提案の理由をご説明申し上げます。  本件は、このたび市議会議員のうちから選任いたしておりました楠明廣議員から、監査委員の職を辞したい旨の届け出があり、これを承認いたしましたので、その後任として、三木浩一議員を監査委員として選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、ここに議会の同意を求めるものでございます。  ご承知のとおり、監査委員は地方自治法の定めるところにより、市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理等を監査することをその職務とするものでございます。  また、同法の定めるところによりその定数は2名であり、議会の同意を得て市長が選任することとなっておりますが、そのうちの1名は議会議員のうちからとされるものでございます。  ここに選任しようとする三木浩一議員の経歴につきましては、議員各位には十分にご承知のとおりでございますので割愛させていただきますが、人格、識見ともに優れ、本市監査委員としてまさに適任であると確信いたしております。何とぞ満場一致をもってご同意賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(楠 明廣議員)  上程議案に対する説明は終わりました。  これより上程議案に対する質疑に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  発言がないので質疑を終結いたします。  この際、お諮りいたします。  本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。  ご発言ありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(楠 明廣議員)  ご発言がありませんので討論を終結して、直ちに表決に入ります。  お諮りいたします。  上程中の同意第1号は、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  異議なしと認めます。  よって、同意第1号は、原案のとおり同意されました。  ここで、監査委員に同意されました17番三木浩一議員より発言を求められておりますので、これを許します。 ○17番(三木浩一議員)(登壇)  ただいま皆様の温かいご支援によりまして同意していただきまして監査委員になりました三木浩一です。これからの予算執行並びに事務処理が適切、妥当に行われますようにしっかりと監査してまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。 ○議長(楠 明廣議員)  17番三木浩一議員の挨拶は終わりました。       〜日程追加 揖龍保健衛生施設事務組合議会議員の補欠選挙〜 ○議長(楠 明廣議員)  この際、お諮りいたします。  当議会より選出の揖龍保健衛生施設事務組合議会議員の12番高岸博之議員から、本日付をもって揖龍保健衛生施設事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届が提出されました。  よって、同組合規約第5条第2項の規定により、揖龍保健衛生施設事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、揖龍保健衛生施設事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選にすることに決しました。  次に、お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、揖龍保健衛生施設事務組合議会議員に、11番和田美奈議員を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって、当選人と定めることにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました11番和田美奈議員が揖龍保健衛生施設事務組合議会議員に当選いたしました。  ただいま当選いたしました11番和田美奈議員に、本席から会議規則第31条第2項の規定により当選を告知いたします。       〜日程追加 揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙〜 ○議長(楠 明廣議員)  この際、お諮りいたします。  当議会より選出の揖龍地区農業共済事務組合議会議員の6番木南裕樹議員、11番和田美奈議員から、本日付をもって揖龍地区農業共済事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届が提出されました。  よって、同組合規約第6条第3項の規定により、揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選にすることに決しました。  次に、お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  異議なしと認めます。  よって、議長において揖龍地区農業共済事務組合議会議員に、14番内匠勇人議員、19番角田勝議員を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって、当選人と定めることにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました14番内匠勇人議員、19番角田勝議員が揖龍地区農業共済事務組合議会議員に当選いたしました。  ただいま当選いたしました14番内匠勇人議員、19番角田勝議員に、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。        〜日程追加 播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙〜 ○議長(楠 明廣議員)  次に、お諮りいたします。  当議会より選出の播磨高原広域事務組合議会議員の19番角田勝議員、21番畑山剛一議員から、本日付をもって、播磨高原広域事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届が提出されました。  よって、同組合規約第5条第3項の規定により、播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)
     ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選することに決しました。  次に、お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議長において、播磨高原広域事務組合議会議員に、2番船引宗俊議員、6番木南裕樹議員を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって、当選人と定めることにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました、2番船引宗俊議員、6番木南裕樹議員が播磨高原広域事務組合議会議員に当選いたしました。  ただいま当選いたしました2番船引宗俊議員、6番木南裕樹議員に、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。         〜日程追加 西播磨水道企業団議会議員の補欠選挙〜 ○議長(楠 明廣議員)  次に、お諮りいたします。  当議会より選出の西播磨水道企業団議会議員の16番桑野元澄議員から、本日付をもって、西播磨水道企業団議会議員を辞職する旨の辞職届が提出されました。  よって、同企業団規約第7条の規定により、西播磨水道企業団議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、西播磨水道企業団議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  次に、お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議長において、西播磨水道企業団議会議員に、20番名村嘉洋議員を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって、当選人と定めることにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました20番名村嘉洋議員が、西播磨水道企業団議会議員に当選いたしました。  ただいま当選いたしました20番名村嘉洋議員に、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。         〜日程追加 西はりま消防組合議会議員の補欠選挙〜 ○議長(楠 明廣議員)  次に、お諮りいたします。  当議会より選出の西はりま消防組合議会議員の16番桑野元澄議員から、本日付をもって、西はりま消防組合議会議員を辞職する旨の辞職届が提出されました。  よって、同組合規約第7条第3項の規定により、西はりま消防組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、西はりま消防組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  次に、お諮りいたします。  指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議長において、西はりま消防組合議会議員に私、1番楠明廣を指名いたします。  ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって、当選人と定めることにご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました私、1番楠明廣が西はりま消防組合議会議員に当選いたしました。         〜日程第8 委員会の閉会中の継続審査について〜 ○議長(楠 明廣議員)  次は、日程第8、委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。  お手元に配付しておりますとおり、議会運営委員長から、委員会条例第40条の規定により、閉会中の継続審査申出書が提出されました。  この際、お諮りいたします。  議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決してご異議ございませんか。              (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(楠 明廣議員)  ご異議なしと認めます。  よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。                 閉 会 宣 告 ○議長(楠 明廣議員)  以上で、今期臨時会に付議されました議案は全て議了いたしました。  これをもって、令和元年第2回たつの市議会臨時会を閉会いたします。
                  閉 会 あ い さ つ ○議長(楠 明廣議員)  閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  今期臨時会におきましては、議長、副議長の選挙、任期満了に伴う各委員の補欠選挙の指名及び各組合議会議員の補欠選挙をはじめ、市長から提案されました承認案件、条例制定等につきまして議員各位には終始極めて熱心かつ慎重にご審議、ご決定を賜り、改めて衷心より深く感謝を申し上げる次第でございます。  さて、去る4月30日、30年余り続いた平成時代が幕を下ろし、5月1日より令和時代が幕あけとなりましたが、本市におきましても新たな時代に向け、「未来応援 住みたいまち たつの」のさらなる推進、また若者、子育て世代が住みたい、住み続けたいと思える活力ある元気な都市の実現を目指し、一層のご尽力をお願いする次第でございます。  議会といたしましても、これからの社会情勢の変化を見据え、本市が目指すまちづくりに向け、また、市民の皆様の要望や期待に応えるため、より一層積極的な議会活動、議決責任を果たし、新時代にふさわしい議会運営に取り組んでいく所存でございます。  最後になりますが、市長はじめ理事者の皆様には、今後とも本会議や委員会を通して議員から出されました意見、要望等につきましては、市政運営に十分反映していただきますようお願い申し上げますとともに、議員各位におかれましても、健康には十分ご留意賜り、本市発展のためになお一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会のご挨拶といたします。  市長。 ○市長(山本 実君)(登壇)  令和元年第2回たつの市議会臨時会の閉会に当たり、一言お礼のご挨拶を申し上げます。  今期市議会臨時会にご提案申し上げました案件につきまして、議員各位には終始慎重にご審議を賜り、いずれも原案のとおり可決いただきましたことに対しまして、心から厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。  また、議会におかれましては、議長、副議長の選出をはじめ、各常任委員会の構成、各種委員の選任など、市議会の新たな組織構成も決まり、ご同慶の至りに存じます。  さて、3月市議会定例会において、平成31年度施政方針でお示ししましたとおり、本年度のテーマを「未来応援 住みたいまち たつの」「人口減少・少子高齢化への挑戦」とし、さまざまな事業に取り組んでまいります。そこで、本年度の事業を円滑にスタートさせるために4月上旬に各部の事業計画のヒアリングを行い、積極的な事業展開と細部にわたる確認事項について指示をしたところでございます。  これらの事業実施に当たりましては、私の市政運営の基本姿勢であります常に市民が主役を念頭に、これまで以上に市民目線と現場主義を徹底し、若者・子育て世代が住みたい、住み続けたいと思えるまちづくりに向け、全力で市政運営に当たってまいりますので、議員各位をはじめ市民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。  終わりに臨み、議員各位のますますのご健勝とご活躍をご祈念申し上げ、閉会のご挨拶といたします。本日は、まことにありがとうございました。 ○議長(楠 明廣議員)  本日は、皆様、お疲れさまでした。             閉   会  午後 0時33分  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。  令和元年5月16日                     たつの市議会前議長  角 田   勝                     たつの市議会議長   楠   明 廣                     会議録署名議員    和 田 美 奈                     会議録署名議員    高 岸 博 之...