西宮市議会 > 2019-05-24 >
令和 元年 5月24日議会運営の課題に関する検討会議−05月24日-01号

ツイート シェア
  1. 西宮市議会 2019-05-24
    令和 元年 5月24日議会運営の課題に関する検討会議−05月24日-01号


    取得元: 西宮市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-19
    令和 元年 5月24日議会運営の課題に関する検討会議−05月24日-01号令和 元年 5月24日議会運営の課題に関する検討会議                西宮市議会                 議会運営の課題に関する                   検討会議記録               令和元年(2019年)5月24日(金)                  開 会  午前10時00分                  閉 会  午前10時11分                  場 所  2号委員会室 ■協議事項   1 西宮市議会議員政治倫理条例について
    ■出席委員   山 田 ますと(座長−公明党議員団)   河 崎 はじめ(副座長−市民クラブ改革)   一 色 風 子(無所属)   大 石 伸 雄(政新会)   岸   利 之(維新プラス)   佐 藤 みち子(日本共産党西宮市会議員団)   はまぐち 仁士(会派・ぜんしん)   山 口 英 治(公明党議員団) ■欠席委員   な   し ■委員外議員等   町 田 博 喜 (議  長) ■傍聴議員   な   し ■説明員(西宮市議会委員会条例第19条に準ずる)  (議会事務局)   議会事務局長  北 林 哲 二   次長      岩 田 重 雄   総務課長    反 田 信 一   議事調査課長  新 田 智 巳           (午前10時開会) ○山田ますと 座長   おはようございます。  ただいまから議会運営の課題に関する検討会議を開会します。  本日で最終日となる予定でございます。  議長、最後まで本当にありがとうございました。  これよりお手元の協議事項に従い協議を進めさせていただきます。  まず、前回までの振り返りをさせていただきます。  資料の6ページをお開きいただけますでしょうか。資料6ページをもとに御説明させていただきます。  7の項目ですね、前回、「写真」は、「動画を録画したテープや電子データ等」に含めるということになりましたので、従来の表から「写真」という項目は削除しております。  また、施行規程案の中には、「撮影した記録及びその内容を説明した書面」という形で、写真の意味合いも包含した内容にしておりますので、御確認させていただきました。  次に、「調査報告書」ということ。これは、非常に議論をさせていただいた結果、客観的証拠になり得ない可能性が排除できないという結論に至りましたので、そういう意見が大半を占めましたので、これに関しましても削除するということになりましたので、その2点、御確認をさせていただきました。  次に、条例施行規程等の修正に関してでありますけども、前回、条例施行規程案第4条の政治倫理基準に反する行為を証する書類等に関しましては、資料の6ページに記載している内容を文字で条文に表現・表記をさせていただきましたけども、文字で羅列した規定でなく、もっとわかりやすく別表の形式に改めるべきだ、市民によりわかりやすい条例あるいは施行規程に改めるべきだという御意見が大半を占めましたので、そのようになりました。その結果、資料にあります7ページから10ページまでの各内容は、消し線で消しているものが削除というふうになりましたので、御確認をさせていただきます。  まず、7ページの施行規程の第4条、これは、従来、別表になる前はおのおのの項目をこのような形で記載させていただきましたけども、網かけの表記のように、「別表のとおりとする」という表記にすることによりまして、消し線部の全てを削除しておりますので、御確認をさせていただきました。  次に、9ページのもの、これは、施行規程第4条関係の正副座長案として皆様に既に御確認をいただいておる別表です。この別表に関しましても、1から8の項目になっております。先ほど申し上げましたように、「写真」というものはなくなっております。また、「民間調査会社の作成した調査報告書」というのもなくなっております。これになっております。  そして、下線を引いたものは、このような表現・表記に改めておりますよということであります。例えば「ア…いずれか一つは必ず提出しなければならない書類等」、このような形で変更した上で記載させていただいてます。もう一度修正をしております。  10ページの条例施行要領に関しましては、消し線のとおり、第2条で新聞等の話があったと思うんですけども、これを全て別表に記載しましたので、この項目も削除となっております。必然的に第3条、第4条は条ずれで変更になっております。  以上の7ページから10ページの項目は、既に皆様に御確認をいただいておる内容でございました。  以上の点、既に変更、修正等の御意見もなしということで聞いておりますので、御確認にとどめさせていただきます。  次に、前回、山口委員のほうから、条例施行要領案第2条――前回は第3条でしたけども――の「条例第6条第1項に規定する西宮市議会議員政治倫理審査会(以下「審査会」という。)の委員のうち、1人は弁護士とする」という内容に関しまして、「条例第6条第1項に規定する」ではなく、「条例第9条第1項に規定する」のほうがふさわしいのではないかということがありました。あくまでも条例第6条というのは審査会の設置を書いており、条例第9条は審査会の委員の構成を書いているというような意味合いから、そういう御意見をいただいておりました。  この件に関しまして法制担当に確認していただいてお答えをいただいておりますので、反田総務課長、お願いします。 ◎総務課長   総務局法制担当に御確認させていただきました結果、このままの形態でも問題はございませんということでお答えをいただいております。  以上でございます。 ○山田ますと 座長   そういうことを今お答えいただいたんですけど、山口委員、どうでしょうかね。 ◆山口英治 委員   結構でございます。 ○山田ますと 座長   では、法制への確認の結果、このようにさせていただきました。  以上をもって条例施行規程、施行要領、各様式の確認を全て終えましたので、この案を議運の協議事項として、議長のほう、また、議運の委員長のほうに、検討会議としてお出しさせていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。よろしいでしょうか。    (「はい」と呼ぶ者あり) ○山田ますと 座長   では、そのようにさせていただきます。  あと、前回の僕の結びの言葉の中にも入れたんですけども、より市民にわかりやすいという表現の中で、今後、手引というのを6月11日以降に作成していけばどうかな、これは新しい体制の中で、そのような意見も述べさせていただきました。そのことに関して少し事務局側と事務レベルの打ち合わせをする中で、そもそもこの施行要領、施行規程、そして条例そのものも、ホームページのほうに掲載します、ホームページに掲載する際に、より市民にわかりやすい内容とするような、そういう記載も工夫をしますので、ホームページの記載内容を見ていただいて、その上で仮に新たな協議が必要ならば議運等でそのことに対して協議をしていただければなというふうに思いますので、一旦私は6月11日以降に手引をという話を主体的にするべきだという表現をしましたけども、取り下げをさせていただきたいと思います。あくまでもホームページの記載内容を見て判断という形にさせていただきたいと思います。これでよろしいでしょうか。    (「はい」と呼ぶ者あり) ○山田ますと 座長   最後、資料の18ページから21ページをお開きいただきますと、この内容が町田議長に御報告させていただく検討会議の結果報告書というふうになります。18ページは、いつものかがみであります。19ページに、検討の内容、協議の概要、そして20ページには、各委員の皆様のお名前、開催日と協議の内容、協議の時間等を記載させていただいております。この協議の時間の中に休憩時間が入ってますけど、休憩していたんかというと、そうじゃないのは皆さん御存じのとおりであります。暫時休憩のことですから。それぐらい一生懸命協議したと。この休憩時間もプラスしたのが本来の会議時間――本来というのもおかしいんですけど――というふうになっておりますので、御確認をさせていただきました。  以上で本日の協議すべきことは全て終了させていただきますけども、各委員の皆様から何か御発言等がございましたら。 ◆岸利之 委員   つまらないことで済みません。  私は途中から入ったもので、前の方も載っけてあげたらと思ったんですが、それはいいんですか。 ○山田ますと 座長   委員の名簿に岸委員の前の方も載せてはどうかという御意見です。これは、こちらで決められる範囲なんですか、それとも仕組み的にこういうものになっているんですか。 ◎議事調査課長   決められる範囲ですので、座長に御相談の上、今おっしゃられたことについて検討させていただきたいと思います。 ○山田ますと 座長   そういう形でよろしいですか、決められる範囲でと。従来がどういう形になっているのか、僕はちょっと不勉強でわからないんですけども。  平成30年8月1日以降の委員の中で中途で変更になったということですね。ですから、福井浄さんをお入れいただきたいというのが岸委員からのお申し出ということであります。各委員の皆さんが別に差し支えなければ。何か意見があるんでしたらあれですけども。 ◆大石伸雄 委員   きょうが最後やから正副座長に一任でいいんですけども、それを入れるんであれば、委員の定数ってあれしているわけやから、岸委員の維新プラスの中に横線を引っ張って2人の名前を入れるという形にしないと、そのまま並列で入れると定員オーバーになるでしょう。 ◆岸利之 委員   それはわかりやすく。 ◆大石伸雄 委員   あとは正副座長に一任します、もうここで終わるねんから。 ○山田ますと 座長   新田課長、いいですか。 ◎議事調査課長   検討しますということにさせていただきたいと思うんですが、同じ議会運営の課題に関する検討会議でも、一度調査報告を終えて閉じた後、もう一度設置されてますので、委員交代の時期なんかも確認の上、座長に相談させていただきたいと思います。 ○山田ますと 座長   岸委員、御一任していただいていいですか。 ◆岸利之 委員   はい、結構です。 ○山田ますと 座長   そのお気持ちは伝わりました。  最後になりましたので、議長のお言葉をいただきまして、終了させていただきたいと思います。お願いします。 ○町田博喜 議長   どうも皆さん、長い間ありがとうございました。  任期も6月10日をもって、また、この会議も閉じてしまいますけども、新たな体制になったときにこういった会議体が設置されるかどうかわかりませんけども、これからもこういった会で一つ一つ議会の課題も解決できるような仕組みができればいいと思っております。  皆さん、BCPとかいろいろありましたけども、どうもお疲れさまでした。ありがとうございました。 ○山田ますと 座長   ほかになければ、これをもって検討会議を閉会します。
     本当に皆さんの長い間の御協力、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。           (午前10時11分閉会)...