1008件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵庭市議会 2021-06-28 06月28日-05号

2、森林資源循環利用を通じて、林業木材産業成長産業化実現するため、ICT等の活用による林業イノベーションの推進、生産・流通体制の強化、都市木造化などによる道産木材販路拡大森林づくりを担う人材育成などに必要な支援充実・強化すること。 以上、地方自治法第99条の規定により提出します。 令和3年6月28日。 北海道恵庭市議会。 

恵庭市議会 2021-06-18 06月18日-04号

次に、ICT活用した学びの保障への取組についてでありますが、現在、児童生徒の感染や家族が感染して濃厚接触者となり、出席停止などによりやむを得ず登校できない児童生徒に対して、ICT活用した健康観察学習課題の共有など、試行的にICT活用した取組について準備を進めております。 次に、公立夜間中学についてお答えをいたします。 

恵庭市議会 2021-06-17 06月17日-03号

3、ICT教育について、GIGAスクール構想の本市の進捗状況をお伺いします。 小項目男女共同参画の確かな実現へ向けての礎について。 過日、原田市長よりコロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望書に対して、市は全面的に対応いただけるとの回答をいただきました。来月から今年度末の3月まで、九つの所管部にわたる事業です。

函館市議会 2021-03-17 03月17日-06号

今後におきましても、市民生活のあらゆるステージにおいて、Society5.0が想定するICTやAIなどの先進技術活用され、日常となっていく、そのような将来像に向けまして、これまでの取組を継続して進めるとともに、コロナ禍における新たな日常への対応、さらには、国が進めるデジタル庁設置の動きとそれに伴う各種デジタル基盤整備や民間におけるデジタル化支援などの動向も注視しながら、本市におけるICT等のより

函館市議会 2021-03-16 03月16日-05号

教育委員会学校教育部長松田賢治) タブレット導入後の指導体制についてのお尋ねですが、次年度からの1人に1台の端末導入に際しましては、児童生徒日常的にICT活用できる体制を速やかに整え、ICT活用とこれまでの教育実践との融合を図り、児童生徒や、教員の力を最大限に引き出すことが重要と考えております。 

根室市議会 2021-03-12 03月12日-03号

また、教育委員会においては、今後ICT支援員部活動指導員など教員サポート体制のさらなる充実などに努めてまいりますとともに、30人学級実現など教員定数改善がさらに進展していくことについても大いに期待しながら、教員勤務条件改善に関わる制度面充実について北海道都市教育委員会連絡協議会などを通じ、国、道に対し引き続き要望してまいりたいと考えております。 

釧路市議会 2021-03-10 03月10日-06号

教育長は、ICTの持つ可能性前提に、学校教育在り方を検討すると強調されました。しかし、中央教育審議会答申においては、ICT学校に与える影響の全てを現時点で予測することはできないとし、その一方で、児童生徒可能性が引き出される可能性があることも着目する必要があると述べています。可能性には着目するが、その可能性前提在り方までは踏み込んではおりません。

帯広市議会 2021-03-09 03月11日-06号

また、行政機関においても自治体情報システムなどを統一化印鑑押印廃止など、ICT活用することを国主導で推進することとしております。 このようにデジタル化が進む中で、コロナ禍における新しい生活様式の普及も相まって、行政においても変化が求められております。 そこで市長に、今後の行政サービス在り方についての見解をお伺いし、1回目といたします。 ○有城正憲議長 米沢則寿市長、登壇願います。   

伊達市議会 2021-03-05 03月05日-04号

それにはICT活用というのも一つには出てくるのだというふうには思いますが、そういったことと両輪にして教職員勤務内容についての改善をこれからも図っていきたいなというふうに考えております。 ○議長小久保重孝) 1番、吉野議員。 ◆1番(吉野英雄) あと10秒、9秒ですので、子供のためと思えば教育長がおっしゃったように勤務時間延びていくのです。

釧路市議会 2021-03-05 03月05日-03号

学校外での学習においても、デジタル活用が進んでいない状況で、逆にゲームやチャットの遊びでデジタル機器利用は上位となっていて、ゲーム機スマートフォンを通してICT機器に触れていながらも十分に活用されていないという現状があります。私は、タブレット端末活用して、学ぶ楽しさや探求する楽しさを知ることができれば、子どもたちICT機器の使い方は、変化するものと思っています。