33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

札幌市では、パートナーシップ宣誓制度を初め、LGBTフレンドリー指標制度の実施など、市民企業への理解促進の取り組みを行ってきたところでございます。これらの取り組みによりまして性的マイノリティーに関する理解は少しずつ進んできてはおりますが、必ずしも広く浸透しているとは言えないものと認識しております。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

その後ホームページ等、また町広報のほうについては隔月で男女共同参画、これについてもLGBTについての項目が何度となく載っておりました。ですけれども、御答弁いただいたときのような保険証の裏面記載について、そういったものは一切触れられていなかったように記憶をしております。

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-01号

このほか、互いに手を携え、誰もが活躍できる共生社会の実現に向けた取り組みとして、いわゆる障がい者コミュニケーション条例や手話言語条例を制定したほか、精神障がい者への市営交通運賃割引の実施に向けた準備を進めるとともに、性的マイノリティーのパートナーシップ宣誓制度などLGBT支援にも取り組んでまいりました。  

札幌市議会 2018-10-31 平成30年第 3回定例会−10月31日-06号

LGBTフレンドリー指標制度について、性的マイノリティーへの理解が進み、当事者が暮らしやすい社会の実現につながる施策であることから、企業の取り組みの促進に向け、どのような方策が必要と考えているのか。地震における義援金の配分は、建物被害の程度に応じて行われており、現在対象外となっている一部損壊の区分であっても、被害状況により支給する必要があると考えるが、どうか。

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第二部決算特別委員会−10月29日-09号

このような中、2020年オリンピック・パラリンピック開催予定の東京都は、LGBT差別解消とヘイトスピーチの根絶を二つの柱とし、オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例を制定いたしました。札幌市においても、他部局と連携し、こうした事例検証共有し、ヘイトスピーチの根絶など人権擁護を趣旨とした条例を制定すべきです。  最後に、水道局についてです。  

音更町議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 2018-06-18

1点目、性的少数者、LGBTの理解と男女共同参画への取り組みについて。厳密に言うと、性的少数者イコールLGBTだけではなく、19の性的マイノリティーがあると言われています。しかし、この定義は変わる可能性もあり、また、用語がふえる可能性もあると思われますが、現在、日本人口の約8%が該当すると言われています。今回の一般質問においては、性的少数者をLGBTと称して質問をいたします。  

札幌市議会 2018-05-29 平成30年(常任)文教委員会−05月29日-記録

今後は、LGBT子どもの貧困等、今日的な課題を扱う研修について、関係部局はもとより、医療機関等の専門家とも連携を図りながら行うなど、教員研修のより一層の充実に努めてまいりたいと考えております。 ◆竹内孝代 委員  さまざまな取り組みのほかに、近年、大事だと言われているような新たな内容についても今後は進めていきたいということでした。

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

避難場所における性的マイノリティーの方々への対応については、札幌市避難場所基本計画の見直しの際、LGBT当事者の声を計画に反映させることを求めます。  次に、教育委員会に関する課題です。  市立小・中・高校等の消防点検業務の予算は、国の建築保全業務積算基準に基づいていないので、早急な改善と校区エリアの細分化及び最低制限価格を設定することを求めます。

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号

また、避難所における性的マイノリティーの方々への対応については、2018年度に予定されている札幌市避難場所基本計画の見直しの際、LGBT当事者の声を計画に反映させることを求めます。  次に、教育委員会に関する課題です。  市立小・中・高校等の消防点検業務の予算は、国の建築保全業務積算基準に基づいていないので、早急な改善と校区エリアの細分化及び最低制限価格を設定することを求めます。  

札幌市議会 2018-03-12 平成30年第一部予算特別委員会−03月12日-04号

2013年に作成されました避難場所基本計画に基づいた避難場所運営マニュアルでは、避難者の一人一人の人権を尊重し、プライバシーの確保を図るとともに、被災時の男女のニーズの違いなど男女双方の視点に十分に配慮することも必要となりますと書かれてありますが、当時、LGBTとか性的マイノリティーという文言はありませんでした。  

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)財政市民委員会−03月02日-記録

最後に、債務負担行為の補正でありますが、性的マイノリティ電話相談は、昨年6月から事業を開始しましたLGBTほっとラインについて、来年度も年度当初から継続して実施するため、追加するものであります。 ○林清治 委員長  それでは、質疑を行います。  質疑はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○林清治 委員長  なければ、質疑を終了いたします。  次に、討論を行います。

札幌市議会 2018-03-02 平成30年(常任)文教委員会−03月02日-記録

例えば、札幌市においては、昨年、LGBT、性的マイノリティーの方たちに対する相談窓口を設けたり、そしてまた認証制度を設けて、性的マイノリティーに悩む方たちに対応していただいております。今、実際に性的マイノリティーに悩む児童生徒がいるということも確かでありまして、彼らが数少ない洋式トイレを使用する際の居心地の悪さを考えることも必要だと思います。

札幌市議会 2018-02-20 平成30年第 1回定例会−02月20日-目次

……………………………………………………………………………………125 1.休 憩 宣 告 …………………………………………………………………………………………125 1.再 開 宣 告 …………………………………………………………………………………………126   〇坂本きょう子議員無所属) ………………………………………………………………………126    1.創成川通の機能強化    2.LGBT

札幌市議会 2017-10-31 平成29年第 3回定例会−10月31日-06号

LGBTフレンドリー指標制度について、企業における性的マイノリティー支援の必要性や対策が十分に浸透していない中、どのような目的で導入したのか。ヘイトスピーチ根絶に向け、各自治体で独自に努力することが法の趣旨であり、他都市のように条例の制定等を検討すべきと考えるがどうか等の質疑がありました。  

札幌市議会 2017-10-27 平成29年第一部決算特別委員会−10月27日-09号

企業における性的マイノリティー支援については、LGBTほっとラインへ就労に関する悩みなどが寄せられていることを踏まえ、札幌市LGBTフレンドリー指標制度が実際に企業の取り組みを後押しし、性的マイノリティーの人々が安心して働くことができるまちになるよう、制度の周知、企業向け講演会、経営者への相談など、取り組みを検討するよう求めます。  

  • 1
  • 2