215件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2021-03-12 03月25日-09号

などにつなげる考え、幅広い農畜水産物付加価値向上や未利用資源のさらなる活用などにより、フードバレーとかちの取組みを前進させる考え企業立地促進のための支援制度の分かりやすい周知に努める考え、今後の工業系用地確保考え方、トカプチ400のナショナルサイクルルート化を見据え、環境整備情報発信を積極的に進める考え、遊べる場を充実させ、ポロシリ自然公園利用促進を図る考えデスティネーション十勝の早期登録DMO

釧路市議会 2021-03-09 03月09日-05号

今ご質問RVパークにつきましても、観光コンベンションDMOという観光まちづくり団体として、これまでもグランピングであるとか、様々個人旅行に対応した着地型の旅行の形態に対応できる受入れ環境整備ということで、RVパークもその一つだというふうに思ってございますので、私ども市が直接どうこうということ、整備ということにはならないとは思いますけれども、そういった形についてはしっかりと協力をしてまいりたいと

倶知安町議会 2020-12-16 12月16日-04号

しかしながら、やはり今現状、ますます国際化が進む中で、しかも広域的な取組、あるいは各種課題に取り組むためには、今DMO組織として、地域連携DMOであるニセコプロモーションボード、そして地域DMO倶知安観光協会、この二つが中心になってしっかりと観光振興、民間による地域振興観光振興を努めていただくといった役割というのは大変重要になってきております。

帯広市議会 2020-12-08 12月08日-02号

2028年を目途に従来の旅行中心顧客軸からツーリズムエリアソリューションビジネスソリューション3つ観点に再編し、旅行体験実感ストック型ビジネス構築自治体DMOとのつながり強化店舗販売からスマホ接点事業展開、多角的、マスではなく、パーソナル個人へのさらなる転換を図るということで、事業展開を180度変えようというような取組みもされております。

北見市議会 2020-12-08 12月08日-02号

2028年を目途に従来の旅行中心顧客軸からツーリズムエリアソリューションビジネスソリューション3つ観点に再編し、旅行体験実感ストック型ビジネス構築自治体DMOとのつながり強化店舗販売からスマホ接点事業展開、多角的、マスではなく、パーソナル個人へのさらなる転換を図るということで、事業展開を180度変えようというような取組みもされております。

札幌市議会 2020-10-16 令和 2年第二部決算特別委員会−10月16日-05号

なので、今後は、そういった部分について、さっぽろ連携中枢都市圏ですとか、もしくは、今後、DMOを設置するのであれば、DMOだったり、広域でこの部分についてもいろいろ考えるとともに、また、こういったスクールなど、実際にインバウンドに一番最初に接する団体に対して意見交換もしていただければなというふうに思っております。  先ほど、在留資格のお話もございました。

根室市議会 2020-09-16 09月16日-02号

観光DMO等の必要性人材確保、育成への取組についてお聞きをいたします。 観光DMOにつきましては、過去の議会におきましても私自身、そして会派といたしましても何度か取り上げてきた課題であります。その際、積極的なお答えをいただいていなかったと記憶をしております。このことを裏づけようにも、今回の計画にはこのDMOについて触れておりません。 

倶知安町議会 2020-09-15 09月15日-03号

ワーケーション自治体協議会北海道内の取りまとめをされている自治体でもありますので、DMOを含めて既に観光担当者間で交流や情報交換が行われているところでございます。 また、洞爺湖町についても、ようてい・西いぶり広域連携会議を構成する自治体として、また、本町もお手伝いをしている北海道トライアスロン開催地という御縁もありまして、情報交換を行っているところであります。 

倶知安町議会 2020-09-14 09月14日-02号

年度北海道からの依頼を受けて町が調査をしております観光入り込み宿泊統計、これは半年に1回の調査のため、本年度についてはまだ公式的な調査結果は出ていないところでございますけれども、8月に町と地域DMO候補法人であります倶知安観光協会宿泊事業者アクティビティ事業者に対して実施した調査を基に推計いたしますと、4月から9月の上半期においては、インバウンドは、対前年比数%にとどまり、国内日帰り客は40.8

帯広市議会 2020-09-08 09月15日-02号

今後の事業につきましては、DMOとしてのマーケティング調査のほか、需要の多いビジネスキャンプをはじめとした旅行商品販売のほか、とかちむらでのレンタル物販強化しながらDMOとしての本来の取組みと運営に必要な収益を上げる仕組みづくりに注力していくと伺っております。 以上でございます。 ○有城正憲議長 大和田議員

北見市議会 2020-09-08 09月15日-02号

今後の事業につきましては、DMOとしてのマーケティング調査のほか、需要の多いビジネスキャンプをはじめとした旅行商品販売のほか、とかちむらでのレンタル物販強化しながらDMOとしての本来の取組みと運営に必要な収益を上げる仕組みづくりに注力していくと伺っております。 以上でございます。 ○有城正憲議長 大和田議員

釧路市議会 2020-09-04 09月04日-03号

また、先日の新聞にも載っていましたが、ひがし北海道自然美への道DMOが進めている、一定期間定額乗り放題となる航空運賃定額サービス、サブスクリプションを年明けにも首都圏と道東を結ぶ路線で試験的に始めたいということですが、これはどういうもので、これに関して釧路市としてはどのように関わっていくのかもお聞かせください。 これで1回目の質問を終わります。