188件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

根室市議会 2024-12-11 12月11日-02号

まず、根室観光振興計画の中で、新たに作成された振興計画基本方針の中で、根室観光協会活性化を上げているんですけれども、法人化考えているとのことでしたが、あとうちらの会派で以前から提案しているDMO化、これについてちょっと話が全然見えてこないもんで、それについて市長の見解を伺います。 ○議長本田俊治君)  暫時休憩します。         

帯広市議会 2020-12-02 12月12日-05号

十勝帯広では、フードバレーとかちを旗印に農業生産や食の輸出の拡大、創業、起業の総合的な支援のほか、DMO設立によるアウトドア観光の展開など、幅広く進めてきているところであります。これまでの取組みを通し、地域経済活性化交流人口拡大などが図られ、この地への新たな人の流れが生まれてきていると感じております。 

稚内市議会 2020-09-17 09月17日-02号

また、本市観光資源は、最北端の地、宗谷丘陵、稚内公園ノシャップ岬北防波堤ドーム、旧瀬戸邸、北の桜守パークなどでありますが、これらを生かしたさらなる魅力づくりホテル不足の解消のためのホテル建設やゲストハウス、民泊の経営の推進体験観光メニューの拡充、稚内観光協会DMO設立などが課題となってくるものと考えます。 また、現在でも深刻な人手不足就職難民については熟慮しなければなりません。

函館市議会 2020-07-09 07月09日-05号

以前、何名かの同僚議員質問をしたDMOについて、観光振興推進母体として、本市でも早急に設立すべきではないかと思いますが、市のお考えをお聞かせください。 ◎観光部長柳谷瑞恵) 新たな観光振興推進母体についてのお尋ねです。 DMO官民連携での観光地域づくりにより、エリア全体で利益を生み出す機能が期待される組織でありまして、本市においても調査・研究を進めてきたところであります。

旭川市議会 2020-06-17 06月17日-02号

社会減の対策につきましては、地域魅力や特性を生かしたPRを充実し、移住や企業誘致推進大雪カムイミンタラDMO中心とした広域観光推進を継続するほか、官民連携によるインターン事業就業体験を通じた就労マッチング事業など新たな事業を実施し、若者の地元定着促進関係人口拡大を図り、地域経済活性化都市機能充実を総合的に進めていく必要があると考えております。 ○議長安田佳正) 菅原議員

倶知安町議会 2020-03-19 03月19日-03号

観光振興官民一体地域DMOが担い、行政開発規制抑制を重点的に行うべきと考えるが、景観行政団体への移行を待たずに今できる開発規制抑制をすぐに行い「質の高い開発の誘導」ができないのか。 2点目、経済波及効果。 観光に直接関連のある業種以外の人や一般町民国際リゾート地になるメリットを感じない。末端まで波及効果が及ぶようにそれぞれの産業業種をつなげる施策はないのか。 3点目、宿泊税効果。 

北見市議会 2020-03-13 03月27日-05号

販路拡大考え方企業立地促進条例改正概要と今後の企業立地支援考え方、元気な中心市街地づくり促進事業審査基準制度周知に努める考え中心市街地活性化に向けた今後の展望、西3・9周辺地区第一種市街地開発事業議会市民への分かりやすい説明に努める考えMICE誘致に向けた関係団体との連携考え方、とかちマルシェと他市の食イベントとの連携強化に努める考えデスティネーション十勝の取組み経過日本版DMO

帯広市議会 2020-03-13 03月27日-05号

販路拡大考え方企業立地促進条例改正概要と今後の企業立地支援考え方、元気な中心市街地づくり促進事業審査基準制度周知に努める考え中心市街地活性化に向けた今後の展望、西3・9周辺地区第一種市街地開発事業議会市民への分かりやすい説明に努める考えMICE誘致に向けた関係団体との連携考え方、とかちマルシェと他市の食イベントとの連携強化に努める考えデスティネーション十勝の取組み経過日本版DMO

釧路市議会 2020-03-09 03月09日-02号

平成28年1月に観光立国ショーケースに選定されて以降、日本版DMO強化Wi-Fiを初めとする受け入れ環境整備、アドベンチャーツーリズムの推進観光資源の磨き上げ、さらには700万回、800万回もありますけど、視聴された観光動画によります情報発信、これが国主催の会議において成功事例として紹介される、こういったいろいろな成果が出ているところでございまして、これらはもちろんショーケース取り組みでございますけど

倶知安町議会 2020-03-09 03月09日-01号

また、ニセコ観光圏のプラットフォームであり、地域連携DMOであるニセコプロモーションボード連携し、ニセコエリア全般プロモーション受け入れ環境整備を進めてまいります。 交流タウン魅力を向上する。 (1)観光組織。 平成30年度における本町の観光客入り込み数は165万人、宿泊客延べ数は128万人と増加傾向にあります。 

稚内市議会 2020-02-27 02月27日-01号

また、関係自治体などの協力のもと、今後の観光地域づくり中心となる地域連携DMO設立が進められますので、今後は、北宗谷を一つの圏域としてマーケティング調査に取り組むとともに、滞在型観光地を目指した観光コンテンツ開発インバウンド受け入れ体制などの強化を進めることで稼ぐ観光を広域的に展開していきたいと考えております。