運営者 Bitlet 姉妹サービス
191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月20日−05号 まず1点目でございますが、町といたしましては、馬鈴薯生産振興対策事業疫病等予防事業として、今年度これまで梅雨期における豪雨等により、防除困難な圃場での無人ヘリコプターによる防除に必要な、かかります経費について支援するとともに、適期防除の実施により疫病の発生を抑制し、本町の基幹作物である馬鈴薯の品質、ブランド保持に努めることを目的として、本定例議会に補正予算500万円の議決をいただいたところでございます もっと読む
2018-09-13 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−02号 この要因は、第1次産業では農業後継者不足による離農や林業の衰退、漁業専管水域200海里の設定による水産業・水産加工業の衰退、炭鉱閉山による離職など、それ以外にも、業種では企業の合理化による支店・事業所の統廃合などが進み、雇用の場が減少し、さらに出生率の低下など、さまざまな要因で釧路市は今日まで人口減少が進んでおります。   もっと読む
2018-06-27 北見市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号 次に、労働力軽減化対策についてでありますが、本市においては高齢化や離農者の増加に伴い、1経営体当たりの経営面積が増加している状況にあり、担い手確保、労働力不足が大きな課題となっており、法人化や作業委託への支援等を行っているところであります。 もっと読む
2018-03-16 札幌市議会 平成30年第二部予算特別委員会−03月16日-06号 そうした体験機会を得られれば、ミスマッチや高齢者に対するブラックの抑制につながるものと思います。  以上の4点を申し上げて、私の質問を終わります。 ◆佐々木みつこ 委員  私からは、テレワーク普及促進補助金について質問させていただきます。   もっと読む
2018-03-12 釧路市議会 平成30年第1回 2月定例会 総務文教常任委員会-03月12日−03号 次に、22ページ、カテゴリー6、二次災害の抑制では、森林湿原の保全管理で、国際協力活動や市有林管理費などを推進事業にしてございます。こちらの事業指標といたしましては、間伐面積及び造林面積などによる森林整備により森林の荒廃を防止するための指標として設定してございます。   もっと読む
2018-03-02 旭川市議会 平成30年 第1回定例会-03月02日−04号 本市を取り巻く状況は、人口減少や少子高齢化、中心市街地の活性化、JRの路線維持や優佳良織などさまざまな課題に直面しているところでありますが、今後も、こうした課題にしっかりと向き合い、人口減少の抑制と魅力的な地域づくりを効果的かつ集中的に推進し、総合計画に掲げる都市像の実現を目指してまいりたいと考えております。  次に、旭川大学の公立化についてであります。   もっと読む
2018-03-01 釧路市議会 平成30年第1回 2月定例会-03月01日−02号 人口減少の抑制には、雇用の確保や創出だけでなく、複合的な施策が必要であり、求人量がふえても、希望する仕事がなければ、若い世代はまちを出てしまうと言われております。 もっと読む
2018-02-14 北見市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月14日−01号 また、同年5月7日の委員会では、理事者より3ゾーンの基本・実施設計業務委託等の概要、事業スケジュールについて報告を受けたところでありますが、基本設計の段階においては当委員会での議論経過や市民説明会での意見を加味するものであり、今後の検討項目として市庁舎ゾーンにかかわり、車寄せ付近の交差点における安全性の確保、歩道や駐車場のロードヒーティング化、駐車場の管理・運営方法、事業費のさらなる抑制について、商業 もっと読む
2017-12-12 厚真町議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−01号 あくまでも、国の推計に従った推計値よりはるかにその発症率を抑制していくという取り組み、いわゆる予防事業がこれからも大事になっていくんではないかなと、そういうふうに思っております。   もっと読む
2017-09-29 帯広市議会 平成29年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月29日−04号 それで、そのスライドした2種の農業所得を副業とする兼業農家が極端に減少していってるといった傾向が見られますので、そういったことから2種の兼業農家が減少して、例えば離農ですとかそういった形につながってるのかといったことが推測されます。  以上です。 ◆11番(播磨和宏委員) そこの部分です。 もっと読む
2017-09-20 旭川市議会 平成29年 第3回定例会-09月20日−03号 cleanの栽培基準では病害虫の抑制がなかなか難しくなってきているということも要因の一つというふうに考えられるところでございます。  以上です。 ○議長(笠木かおる) 品田議員。 ◆品田ときえ議員 高齢化等により積極的に取り組む生産者が離農したということですね。また、YES!cleanの認証取得も結構厳しい基準だということでしょうか。エコファーマーの認定はさらに厳しいということだと思います。   もっと読む
2017-09-01 帯広市議会 平成29年 産業経済委員会-09月01日−08号 このため、長期駐車や迷惑駐車をなくすために管理人などを配置し、駐車台数などを適正に管理するために駐車料金を有料化したことによりまして、駐車台数の抑制につながったと伺っております。  以上でございます。 ◆1番(岡坂忠志委員) 考え方はわかりました。  それでは、今後のとかち帯広空港の駐車場について何点かお伺いをしたいと思います。   もっと読む
2017-06-23 稚内市議会 平成29年  第4回 定例会-06月23日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 高齢化と後継者不足に伴う離農が進む中、担い手確保対策として、農業体験施設の拡充やさまざまな環境整備を含め、支援を継続していただきたいと思います。  酪農を継ぎたいと思う方や地域就農したいと考える方がふえるような仕組みづくりを、新たな視点を加えながら、今後も研究していただきたいと思います。  次に、外国人観光客の受け入れ対策及び体験観光について、広域観光の取り組みについてであります。   もっと読む
2017-06-22 北見市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号 過去には、定員適正化による職員数削減だけでなく、職員給与の一時的削減によって1人当たりの人件費そのものを抑制したときもありましたが、近年は1人当たりの人件費抑制は行わなくとも一定の収支均衡目標は達成される状況になっています。このことは、行財政改革の努力で想定していた以上の成果を上げてきたことも事実としてあると思われます。   もっと読む
2017-06-19 帯広市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月19日−04号 この制度は、平成11年に食料・農業・農村基本法が制定され、本州方面における農家の高齢化に伴う労働力不足や、農業従事者のリタイアや、販売農家の自給農家への移行や離農などにより、耕作放棄地の増加を抑えるために創設されたものです。  平成27年度の国の当初予算でも約482億円と、日本型直接支払制度全体の798億円余りのうち約60%を占めています。   もっと読む
2017-03-17 帯広市議会 平成29年第1回 3月定例会 予算審査特別委員会-03月17日−04号 それと、市内全体として増加傾向にあるもので、ただ乳用牛の飼育頭数は、離農や畑作への転化により減少傾向となっております。  以上です。 ◆2番(大林愛慶委員) わかりました。全国的にはそういう状況という中で、帯広では規模の拡大ということが進んでいるということは了解いたしました。   もっと読む
2017-03-14 根室市議会 平成29年  3月定例月議会-03月14日−03号 このように、子育て支援の入り口ともなる分娩再開は、大変大きな支援となることは言うまでもありませんが、根室市が重点施策として取り組む総合的な子育て支援の施策展開を積極的に進めなければ、人口の抑制にはつながらないことは周知のとおりと言えます。   もっと読む
2017-03-08 恵庭市議会 平成29年  予算審査特別委員会-03月08日−個別質疑−02号 今後もこのPRを徹底することによって、納期内納付の向上、また督促状の減、分割納付等の滞納繰越の抑制というものにつながっていくものだと考えております。  以上でございます。 ○川股洋一委員長 入湯税の関係。  広中財政課長。 もっと読む
2017-03-06 釧路市議会 平成29年第1回 2月定例会-03月06日−04号 先ほど農家戸数の推移を述べましたが、合併後の10年間で既に29戸が離農しています。一方、この5年間で、新たな就農者は1件、後継者が後を継いだのは16件ですから、プラス・マイナスすれば減少はとまりません。  農業センサス、漁業センサスなどを見ますと、農業には後継者が3割もいない現実があります。生半可な対策では話になりません。   もっと読む
2017-03-03 旭川市議会 平成29年 第1回定例会-03月03日−05号 また、平成30年度から、特定健診の受診率向上や糖尿病など重症化予防などの医療費抑制に取り組む自治体に国から支援金が交付される保険者努力支援制度が創設されますが、平成28年度から市町村を対象に一部前倒しで実施されるとのことです。旭川市としてどのような取り組みを考えているのでしょうか、伺います。   もっと読む