84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2018-12-10 平成30年第5回12月定例会-12月10日−02号

昭和42年から44年にかけて、国はアメリカヨーロッパのように、機械化しなければ日本の農業は発展しないと方針に打ち出しまして、それに従い、馬からトラクターへと変化をしていき、そのため、機械投資による大量の離農者が出まして、部落1つがなくなるという悲惨なこともありました。歴史は繰り返されると言われます。だからこそ、私は土や作物を愛する仲間を失いたくないから言っているのであります。  

帯広市議会 2018-09-25 平成30年第4回 9月定例会-09月25日−04号

私のほんの隣の町内会も20戸近くありましたが、町内部落そろってこの当時離農いたしました。そして、私も土地拡大をできたわけでございます。面積拡大に伴う労働力不足を補うために、トラクターが急速に普及する要因になったとともに、この冷害を契機に十勝農業の体質改善に向けて、合理的な輪作体系の確立、地力対策畜産振興などが打ち出されました。

旭川市議会 2018-09-19 平成30年 第3回定例会-09月19日−03号

本当に年々、一年一年農家戸数が減っていくということで、本当に厳しさと寂しさを感じるわけでありますけれども、私の町内というか部落でも、半世紀前には約20戸ぐらいの農家戸数ということで稲作を中心にやっていましたけど、今現在、5戸です。そういう状況になっております。  そこで、またちょっと違う視点で質問させていただきますけれども。

帯広市議会 2018-06-21 平成30年第3回 6月定例会-06月21日−06号

主な停車場には農産物検査場が開設されたので、沿線住民の代表は製糖会社にお願いして、我々各部落の雑穀を帯広まで運んでいただくことになりましたとチラシを配り、利用を呼びかけたとのことであります。  一方、旅客輸送のほうは大正12年1月に一部の軌間で営業許可となりましたが、北海道製糖側で一般運送営業を行うだけの体制ができてなかったので、すぐさま実施に移すことができなかったのであります。

旭川市議会 2018-06-20 平成30年 第2回定例会-06月20日−02号

近くに住んでいて、それがコミュニティーとなっていて部落的になっているというところもあるというふうに聞いています。そういったところの議員からぜひともそうならないように、事前に質問するべきだという提案をいただいて今回こういう質問をさせていただきました。  実際にこれから本市においても福祉の分野だったり、建設の分野、あらゆる分野でこの外国人労働力というのは必要になってきています。

釧路市議会 2018-06-18 平成30年第2回 6月定例会 総務文教常任委員会-06月18日−01号

ただ、今一般質問でも述べましたけども、アイヌ民族文化っていうのが、東京オリンピックでもやっぱり一部プログラムに入ってきたり、この北海道の先住民族っていうことで、やっぱりそれだけは、日本国だけじゃなくて、世界にも発信できるものでありますので、例えば今、澤口さんがおっしゃったとおり、クルーズ船が来たときに、クルーズ船がつく、例えばその東、耐震岸壁、あそこはかつてアイヌ民族部落があった、ごめんなさい、

旭川市議会 2018-03-19 平成30年 予算等審査特別委員会-03月19日−09号

部落として排雪でもしておけばなかったんだけど、これからも毎年こういうことが起きてくる。毎年雪が心配だとか、あそこを歩く人の通行の心配をしなきゃいけない。今回で、平家のほうからはそれだけの雪ががばーっと落ちたんだから、高い3階校舎も雪どめがあって、ちょうど先週の金曜日かな、そこの雪おろしを慌ててやっていたんじゃないかなと思う。

釧路市議会 2018-03-02 平成30年第1回 2月定例会-03月02日−03号

町内会歴史は古く、1937年の日中戦争のころから日本各地で組織され始め、1940年に市に町内会、町村に部落会が国によって整備されたのが起源となっています。  1959年に発生した伊勢湾台風を契機に、災害対策基本法成立し、住民同士の防災活動が重視されるようになりました。地域住民による自主防災組織の設置に関する規定が設けられ、町内会を母体とした設置起因となりました。

帯広市議会 2017-09-29 平成29年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月29日−04号

中村農村振興課長補佐 川西取水場の機能停止及び明星橋の一部落橋によります水道管の断裂の影響を受けまして、川西地区及び岩内地区において約2日程度の断水となってございます。  施設被害のほうの復旧につきましては、厚生労働省災害査定を受けまして、国庫補助簡易水道施設災害復旧費、これを活用いたしまして、川西取水場については、本年度河川渇水期に合わせまして11月に着手予定でございます。  

釧路市議会 2017-09-11 平成29年第4回 9月定例会 経済建設常任委員会-09月11日−01号

あわせて、磨き上げの中で私それ以上に注目したのはパロコロ運動ですね、阿寒湖畔に行ってみますと、私たちは小学生のころから何度も行って、少しずつ変わってきているのは目にしていますが、劇的にその世界というのを、市長がよく口にする世界一級の観光地にはなかなか変わってきていないな、独特のものと言えば、阿寒湖畔のアイヌ部落、あそこは独特ですから、全体はどこにでもある温泉観光地というイメージで、今後磨き上げの中で

倶知安町議会 2017-06-20 倶知安町議会 会議録 平成29年 第2回 定例会( 6月)-06月20日−03号

皆さん、思い出していただきたいのは、昔は地域地域、どこの部落にでもお店屋さんがありましたでしょう。石けんを売っているし、味噌、米から、たばこから、何でも売っているような小さいデパートですけれども、何々店というのがあったのですけれども、ほぼ500メーター間隔にあるのです。ですから、人間健常者で徒歩で買い物という用事を済ませる距離というのはほぼ500メーターぐらいなのです。

根室市議会 2016-03-17 平成28年 3月 一般会計予算審査特別委員会-03月17日−04号

◆委員(本田俊治君)  きょういろいろさわってみたら、やっぱり新刊の情報を見られたりだとかいろいろおもしろくて、ちょっと今まで図書館へ行っていない方でも、逆にITに興味ある人に情報発信したら見えるようになると思いますので、市の広報誌とかそういうところに、図書館はこういうことできますというのを入れていただいて、アドレスも全部落としてもらったり、あとはQRコードをつけてやってもらうとか、もっとPRした方

石狩市議会 2016-03-11 平成28年  3月定例会(第1回)-03月11日−代表質問−03号

その天川恵三郎をとって、みんな浜益の地域の人たちは、天孫部落、天孫部落と、こう言っているのです。  旭川の近文の給与地が和人に支配されようとしたときに、直談判に政府に行ったのが浜益の酋長、この人しかいないだろうということで、その実際の足跡も語り継がれております。  

厚真町議会 2016-03-10 平成28年  3月 予算審査特別委員会-03月10日−01号

ルーラル自治会は確かにどちらかというと、昔からある部落というか村とはまったく違って、本当に知らない人たちがみんな本州からも来ているわけである。私、ルーラルの自治会がやはりどう成功していくかということは本当に、今日の4次計画の中には住民自治の問題、非常に意識している。

帯広市議会 2015-10-08 平成27年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月08日−03号

何をやってるかというと、漁村が結構多いですね、部落の単位でいくと。そうすると、漁に出る前にその部落の集会所で、部落の集会所で漁に出る前に集団健診やってるんですよ、朝の5時とか。ここに保健師が行って専門のスタッフが行って検診をやって。こういったところで受診率が上がっている。

厚真町議会 2015-03-09 平成27年  3月 予算審査特別委員会-03月09日−02号

あるいは、他部落行って賃貸を起こすとか、そういった現象がずいぶん今出てきているが、その辺の対応について今後考えていく予定はないのか。 ◎産業経済課長 本事業の中で説明を申し上げたと思うが、農地中間管理事業で行っている今の目的というのは、農地の集積・集約が本来の目的としてうたわれているので、飛び地となってくるとその部分については対象にならないということになる。

倶知安町議会 2014-12-08 倶知安町議会 会議録 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月08日−02号

だけれども、部落に行くと集まっているのですよ、部落に行くと、それだけやっぱり関心があるのですね。町場に来ると意外と人が集まらない、そういう現象もありますので、今、森下議員が言われたことをよく申し送りして、担当者にもよく申し送りします。  以上です。 ○議長鈴木保昭君) 森下義照君。 ◆12番(森下義照君) それでは、2問目に移ります。  

北斗市議会 2014-09-17 平成26年  決算審査特別委員会-09月17日−03号

要は、部落ごとに一つの地区というような設定をした上で、この事業に本当は取り組んでいただきたいのだというような指導もございます。本音といたしましては、市内全域を1地区ということにしたいのですけれども、なかなかそれが国のほうでも認めていただけないということで、最低限今申し上げたような3つの地区に分割をするということにすることで、今の事業をことしの場合、該当させているという方法がございます。  

倶知安町議会 2014-09-12 倶知安町議会 会議録 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

それから、じゃ、部落の人はどうするのだ。これは、バスも混乗やっているよね。生徒も乗るし、そういう大人の人も乗れるというふうにもなっているし、ただ、今、私たちの家庭よりも農家の人、車みんな持っているからね。2台や3台持っているのはざらですよね。ただ、そこに高齢者世帯は別だよ、若い人はみんな持っている。

旭川市議会 2014-06-27 平成26年 第2回定例会補正予算等審査特別委員会-06月27日−02号

残ったのは結局、当時で言う警防団、今、警防団といったら、警察消防補助する団なんですけども、留多加町というところ、ユジノサハリンスクから南に下がったところですけども、そこに住んでいたわけでありますが、そこの消防団長の任を担っておりまして、結局3年間かけて、その部落の住民全てを、一緒にロシア語を習得しながら、ロシア語ソビエト軍とやりながら、全てを本土に返してきたと。