401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

内閣府が先月発表した2018年7月から9月期の国内総生産、GDPの速報値は実質で年率1.2%の減少、10日、一昨日に発表した改定値では年率で2.5%の減少となり、消費税を8%に引き上げた4年前以来の大幅な下方修正となりました。GDPを構成する3つの重要な要素は、個人消費、設備投資、輸出ですが、これらが一斉に落ち込んだのが今回の特徴であります。

恵庭市議会 2018-12-06 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号

しかしながら、このメガソーラーやほかに稚内市で保有する風力発電機で発電した電力を、北電線の利用許可が出るまでには1週間程度要したため、緊急対応として活用することができなかったと伺っており、このことが課題であると考えております。  次に、停電時における電力確保方策と今後の使用状況等についてお答えをいたします。  

帯広市議会 2018-11-21 平成30年 総務委員会-11月21日−07号

その間、きょうまでに至っては、11月1日に地震速報に関する伝達訓練、あと本日11時からの国民保護の情報に関する情報伝達訓練ということで行ってございます。こちら、両日ともに、学校のほうに、こういったことで住民参加型の訓練は見合わせまして、あくまでもJ−ALERTの確実な動作の確認をするといったことを第一目的として、試験を行いますという通知のほうをお送りさせていただいております。

帯広市議会 2018-11-20 平成30年 建設文教委員会-11月20日−07号

また、速報値となりますけども、調査結果につきましては、危険性が高く、早期に修繕が必要なA評価、これが6カ所、また危険性が中程度で2年以内に修繕が必要なB評価は22カ所、合計28カ所におきまして、その危険性が確認されたため、現在開削工法、直接地面から掘る工法ですけども、この開削工法による修繕工事中でありまして、今月中に修繕工事が完了する予定となっております。  

帯広市議会 2018-10-05 平成30年第4回 9月定例会-10月05日−05号

日銀帯広事務所の十勝の金融経済概況でも、緩やかに持ち直しているものの、足元、北海道地震の発生による下押し圧力が見られると、懸念を示しました。地震と全道停電、ブラックアウトの被害は先月25日現在で2,500億円超と報道され、その後商工業1,500億円などが追加されていますが、集計されていない被害も相当あります。

帯広市議会 2018-10-03 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月03日−07号

日銀帯広事務所の十勝の金融経済概況9月14日付では、緩やかに持ち直しているものの、足元、北海道地震の発生による下押し圧力が見られると懸念を示しました。  地震と全道停電、ブラックアウトの被害は先月25日現在で2,500億円超と報道されましたが、集計されていない被害も相当あります。帯広市のばんえい競馬も4億8,000万円の収入減との答弁もありましたし、中小飲食店の食材の廃棄や休業による収入減。

根室市議会 2018-09-21 平成30年  9月臨時会-09月21日−01号

開会前に、このたびの北海道胆振東部地震によって亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。また、被災された皆様に対して心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。  それでは、ただいまから平成30年根室市議会臨時会を開会いたします。  本日の会議を開きます。  はじめに、会議録署名議員の指名を行います。  

帯広市議会 2018-09-19 平成30年第4回 9月定例会-09月19日−02号

平成30年度の学校基本調査の速報値によりますと、高校卒業者の大学、短大への進学率は、全国で54.8%、北海道で45.5%、帯広市内では42.9%となっておりまして、市内高校生の約4割が大学等に進学している状況にございます。市内高校卒業者の進学先につきましては、9割以上が十勝管外の大学等に進学をしてございます。  

帯広市議会 2018-07-27 平成30年 厚生委員会-07月27日−06号

次に、高齢者福祉の在宅サービスとして緊急通報システムというのがございます。これは私も独居の後援会の方にお邪魔しますと、そういう緊急通報システムがあるよと、何かあったときは困りますよということを言いますと、結構知らない方がいらっしゃるんですね。

帯広市議会 2018-07-18 平成30年 総務委員会-07月18日−05号

◎高坂克彦総務部総務課長 緊急情報、こういったものを市民の皆様にお伝えする際に、何か一つの手段、そういったもので市民の皆様全員に情報を伝えるということは困難であると考えてございます。テレビですとかラジオ、インターネット、携帯などの緊急速報メール、広報車、そういったものをフル活用しながら、できるだけ多くの手段を通じまして、市民の皆さんに情報を発信するということを考えてございます。  

北見市議会 2018-06-27 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号

隣国である北朝鮮は、今日まで世界からの大きな批判にもかかわらず、数多くの核実験を行うなど核兵器の開発を進め、またそれと並行して長距離弾道ミサイルを開発し、昨年には北朝鮮より発射されたミサイルが本道上空を通過し、早朝からJアラート、全国瞬時警報システムからの緊急速報メールが流れる事態となったことは記憶に新しいところであります。

旭川市議会 2018-06-21 平成30年 第2回定例会-06月21日−03号

今週月曜日には近畿地方で震度6弱という地震が発生しましたが、このような自然災害がいつ起こるかわからない中、早期の新庁舎建設が必要だという考え方には変わりはございません。  そのため、国の交付税措置という点だけでなく、市民の安全、安心を守るという観点からも、できるだけ早期に新庁舎建設を進めていくことが重要であると考えております。 ○副議長(杉山允孝) 石川議員。