1562件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-14 平成31年 建設文教委員会-02月14日−02号

◎千葉充規住宅課長補佐 新たな住宅セーフティーネット制度につきましては、低額所得者や子育て世帯などの住宅確保を目的に、民間の空き家、空き室などを活用いたしまして賃貸人が住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅を都道府県に登録し、その登録された情報をもとに物件を探し、所有者と賃貸借契約を結ぶ仕組みとなっております。  

帯広市議会 2019-02-12 平成31年 総務委員会-02月12日−02号

4、都市形成に対する考え方では、都市、地域において人口減少等に伴う市街地の低密度化の進行による空き地、空き家の増加や公共交通の利便性低下などが懸念される中、これまで整備してきた市街地の機能の維持・向上を図っていくことが求められることを踏まえ、中心市街地の都市機能の充実や産業系用地の確保、インフラ等の整備、維持管理などにより、都市の価値を総合的に高めていく必要があるとまとめられております。  

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

住宅施策のもう一つは、空き家の利活用です。  帯広市内の空き家は、以前の質疑の中で2013年の住宅・土地統計調査の中で、割合で9.2%という話があり、全国から見た将来推計は困難だということでした。私の住む町内の中でも、空き家が目立つようになってきました。

倶知安町議会 2018-12-11 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月11日−04号

次に、御質問の3番目の住み替え支援制度の活用等についてですが、生活状況に適した住宅への住みかえを行う高齢者等世帯及び子育て世帯を支援する事業として、後志空き家バンク協議会の協力を得て戸建て住宅の売却、賃貸を行うために住みかえる高齢者と戸建て賃貸住宅を借りる子育て世代に対して補助を行う制度を平成28年度に創設いたしました。  

伊達市議会 2018-12-07 平成30年  予算決算常任委員会

ただ、実際昨日ご相談いただいた小規模の自治会の方では、自治会として9灯防犯灯を持っているそうなのですが、結局自治会に加入される方も減り、空き家もふえということで、最終的には3灯程度で十分だというようなお話もいただいているところでございます。

帯広市議会 2018-10-05 平成30年第4回 9月定例会-10月05日−05号

りょうの長寿命化を進める考えなど、次に公園や緑地の整備に関し、桜並木整備事業区域を拡大し、桜の名所づくりを進める考え、公園遊具を適正に維持管理し、安全性の確保に努める考え、市民意見を反映し、もりの山のバリアフリー化を進める考えなど、次に市営住宅に関し、入居希望者の条件に合った住宅供給を進める考え、連帯保証人規定に対する今後の対応など、このほか市民ニーズに応じた住まいの改修助成事業の募集に努める考え、空き家

帯広市議会 2018-10-03 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月03日−07号

昨年の市営住宅応募者総数は620人、募集戸数は182戸ですから、落選者が438人、空き家が301戸、収入超過者が172人、合わせると落選者を上回り、空き家の早期放出と超過家賃を活用した家賃補助制度の創設で公的支援が必要な世帯全ての支援を行うことができるようになります。市営住宅の整備とあわせ、セーフティーネットの整備を求めます。  

帯広市議会 2018-09-28 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月28日−04号

聞き漏らしたのがありますので、あわせて市営住宅の収入超過戸数です、29年度、それから空き家の数についてもお聞きをいたします。 ◎千葉充規住宅課長補佐 収入超過者の件数でございますが、平成30年3月末現在で181戸となっております。  空き家の件数でございますが、政策空き家が83戸、短期空き家が180戸となってございます。  以上でございます。 ◆11番(稲葉典昭委員) わかりました。  

釧路市議会 2018-09-28 平成30年第3回 9月定例会 各会計決算審査特別委員会-09月28日−03号

その中で私たちのほうで今特定空き家として指定しているもの、いわゆる除却と、老朽化が非常に激しいもの、こちらが44件ございます。差し引き44件以外の506件から引きますと462件、こちらが今現在特定空き家以外の空き家等というような数字でございます。 ○大澤恵介委員長 伊東委員。 ◆伊東尚悟委員 ありがとうございます。  

恵庭市議会 2018-09-27 平成30年  決算審査特別委員会-09月27日−個別質疑−03号

◎岡崎住宅課長 それでは私からは、市営住宅の空き家状況と運営委員会の開催内容について御説明いたします。  まず、空き家状況なんですけれども、今年の4月1日現在、管理戸数が1,162戸ございまして、空き家は161戸ございます。その中で、数多いものとしましては、桜町団地が32戸、旭団地が14戸というふうになってございます。  

音更町議会 2018-09-26 平成29年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 2018-09-26

空き家対策事業費につきましては、空き家等対策協議会において協議をし、空き家等対策計画の作成をしたところでございます。この計画に基づき、平成30年度からは老朽危険空き家等解体費補助、空き家活用定住促進事業を実施しているところであります。  次に、住宅管理費でございます。住宅委員会費につきましては、住宅委員9名分の報酬、費用弁償であります。2回の住宅委員会を開催したところでございます。  

北広島市議会 2018-09-26 平成30年  第3回 定例会-09月26日−05号

また、空き家を管理せず、放置し続けると雑草が繁茂し、隣家への越境や害虫の発生、景観、衛生面の悪化を招き、近隣トラブルの原因となります。    当市では、平成28年4月市民の良好な生活環境の確保と、安全で暮らしやすいまちづくりを推進するため、空き家等の適切な管理について必要な事項を定めた、「北広島市空き家等の適切な管理に関する条例」が施行されました。

恵庭市議会 2018-09-26 平成30年  決算審査特別委員会-09月26日−個別質疑−02号

空き家対策についてなんですけれども、恵庭では空き家というのも最近増えてきたのかなというふうには思うわけですけれども、昨年度についての空き家、恵庭での件数等を把握していれば、そのあたりもお伺いしたいと思います。 ○大野憲義委員長 野村生活安全課長。 ◎野村生活安全課長 ただいまの藤田委員の御質問についてお答えします。  

帯広市議会 2018-09-26 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-09月26日−02号

また、例えば孤独死の防止、あと認知症による徘回だとか生活の見守り、子供の安全、空き地や空き家の管理など、町内会に関係する新たな課題もこれから多く生まれてくると私は思っています。  私たちの生活は公共的な対処を必要とするライフラインでつなげています。ごみ処理から街路灯の維持管理まで多くが公共的な事業として行われてるだけに、住民の組織的な参加がやっぱり欠かせないものだと私も思っています。  

旭川市議会 2018-09-25 平成30年 第3回定例会-09月25日−06号

そういった中で、私が今回課題としたいのは、旭川市にとって初めての行政代執行になりました空き家の問題です。  地域の中には、さまざま老朽化した空き家がありまして、それが今にも崩れそうな状況の中で、非常にお困りになっていらっしゃるという。その解決に向けては、現在、国の法律もでき、旭川市の条例もその前段できておりました。