運営者 Bitlet 姉妹サービス
1094件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月25日−06号 このため、先般、議決をいただきました給与削減など、痛みの伴うものも含めまして、改めてさまざまな経営改善に全職員が一丸となって取り組もうとしているところでございます。 ○議長(笠木かおる) 品田子育て支援部長。 ◎子育て支援部長(品田幸利) 待機児童の解消に向けた平成29年度の取り組みについてでございます。   もっと読む
2018-09-20 留萌市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−05号 そうした中、私たち議員は、市民の痛みをおもんばかり、率先して行動を起こすことが市民の負託に応える姿勢ではないかと思いますし、少なくとも具体的な行動なしには市民の理解を得ることはできないと考えています。  このたび行いました議員定数に関する市民アンケートの結果では、議員定数の削減に賛成する市民の声が6割を超えており、4年前のアンケート結果よりもさらにふえています。   もっと読む
2018-09-19 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月19日−03号 股関節の痛みもあって、家での移動もままならないという状況です。国の要介護1の基準で言うと27回、これを超えて、ある月は55回の利用をしていたということです。55回の利用ができるからこそ、この方は在宅での生活が継続できるわけです。  そうした個々の状況を勘案しないで、一律に制限を加えようとすることに怒りを覚える次第です。市としても十分な配慮をしていただきたいということをお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-03-16 旭川市議会 平成30年 予算等審査特別委員会-03月16日−16号 本当の意味で守るというのは、やはり痛みはあるけど我慢してくれと。一緒に俺も痛みを味わうから。だけど、経営改善して、そこは一緒に乗り越えていこうと。旭川医大はそうやって乗り越えてきたんじゃないですか。だからこそ、市立病院もそういうふうにちゃんとやれよと。先ほど事務局長言っていましたけど、強制、強要はしないよと。そりゃそうでしょ。市立病院にそれをやれというふうに強要はしないと思いますよ。 もっと読む
2018-03-12 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月12日-04号 しかし、この機能の運用開始により、症状の時間経過や痛みの変化など情報が得られやすくなり、適切な医療機関の選定や診療科目を選べるという効果を得ております。また、傷病者を引き継ぐ医師に対しましても、外国人傷病者の症状を適切に伝達できるという効果も得られたところでございます。   もっと読む
2018-03-09 苫小牧市議会 平成30年 企業会計予算審査特別委員会-03月09日−05号 次年度につきましては、今年度で関心が高かった医療費や痛みの心配事の解決につながる講座や食事療法、口腔ケアなど、セルフコントロールができる方法を習得する講座を開催してまいります。  また、好評でありました女性限定の交流会、病気のこと以外に何か楽しみや集中することがあるとよいのではという御希望もいただきましたことから、それらを開催できるように今後取り組んでいきたいと思っております。   もっと読む
2018-03-09 札幌市議会 平成30年第二部予算特別委員会−03月09日-03号 それでなくても子どもは注射なんかが嫌だというのに、今は注射針もいろいろと開発されて痛みを余り感じない注射針もあるというのに、これを見た子どもに恐怖心を与えて、これは何だろうなと。  それから、もう一つは、下水道の処理について、微生物が下水の汚れを食べて水をきれいにしてこうするよという流れのものはどこにも出てこないのです。 もっと読む
2017-12-14 函館市議会 平成29年第4回12月定例会-12月14日−06号 筋肉や関節の損傷、首や肩の痛みとか姿勢の問題といった子供の健康を損なうおそれがあるという指摘なんですね。  香港では、脊椎の健全な発育のため、通学かばんを体重の15%以内にすることを推奨していたり、あとはインドのある州ですとかフランスでは10%以内とかそういったルールがあります。  函館市でいいますと、小学校4年生の女の子、平均体重32キロです。 もっと読む
2017-12-13 帯広市議会 平成29年第5回12月定例会-12月13日−05号 高齢者の貧困について提唱をしています藤田孝典さんは下流老人の暮らしぶりを、1つに家族や友人がおらず、部屋にひきこもりテレビを見て過ごす、2番目に収入が少なく、インスタント食品や見切り食品で3食まともにとれない、3つ目に病気があるのに医療費が払えないため通院や入院を拒否し、痛みに苦しみながら自宅療養をしている、このように紹介をしているわけです。 もっと読む
2017-12-11 帯広市議会 平成29年第5回12月定例会-12月11日−03号 ◆23番(大竹口武光議員) がん対策の現状と今後の取組みについて種々答弁がありましたけれども、現在政府では、がん患者の痛みに寄り添いつらさを和らげる緩和ケアを受けやすい体制の整備を進めているわけであります。  ことし4月末には緩和ケアの研修を修了した医師が累計で10万1,019人となり、2007年に政府が掲げた約10万人の医師に研修実施との目標を突破しているわけであります。   もっと読む
2017-12-07 釧路市議会 平成29年第5回12月定例会-12月07日−02号 胸に痛みを感じ、乳がんを心配して病院に受診されたとのこと。その際に約1万円の費用がかかり、高額であることにびっくりされ、乳がん検診を30歳代からにならないでしょうかという内容のご相談でした。   もっと読む
2017-12-06 釧路市議会 平成29年第5回12月定例会-12月06日−01号 おたふく風邪とは、ムンプスウイルスによって起こる全身性の感染症で、二、三週間の潜伏期の後、耳下腺、顎下腺、舌下腺などの唾液腺の腫れと痛みを主症状として発症し、ウイルスが全身の臓器や組織に感染する病気であり、特に神経系や内分泌系の組織に炎症が及ぶ特徴があり、合併症として、精巣炎、卵巣炎、無菌性髄膜炎やムンプス難聴を引き起こすおそれがあります。 もっと読む
2017-10-02 帯広市議会 平成29年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月02日−05号 ◎山本秀雄救急主幹 119番通報の中には、医療機関の照会、救急車の必要性についての相談、緊急度はわからないものの、痛みや出血に動揺し、判断に迷っての救急要請などがあります。このような場合には、司令員からの適切なアドバイスを行っておりますが、基本的には救急車の要請に対し、必要がないという判断は難しいものとなっております。  以上でございます。 もっと読む
2017-09-28 旭川市議会 平成29年 決算審査特別委員会-09月28日−04号 この軽傷者の搬送が必ずしも不適正な利用であるとは当然言えないんですけれども、軽傷者に対応した現場では、救急隊が現場到着時に、包丁でちょっと指を切ってしまったとか、数日前に転んで痛いんだけど、まだ痛みが続いているとか、そういうような症状を訴える救急要請も現実にはございます。   もっと読む
2017-09-13 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成29年 第3回 定例会( 9月)-09月13日−04号 例えばですけれども、私もこの場で何回か山分けと痛み分けという例え話をしていると思うのですけれども、山分けというのは、絶対的に平等でなければ不満が出てくると思うのですけれども、痛み分けというのはそうではないと思っていまして、痛み分けというのは、痛みに耐えられる人がそれなりに耐えてもらうけれども、耐えられない人は耐えられないなりにというものがあると思うのです。その線引きは難しいとしても。   もっと読む
2017-09-12 釧路市議会 平成29年第4回 9月定例会 民生福祉常任委員会-09月12日−02号 本当に大きな大きな課題だというふうに思うんですけれども、親御さんが何か心に痛みを持っているということは考えられると思いますので、そこに対するケアもあわせて考えていっていただければというふうに思います。要望ですので、よろしくお願いいたします。 ○松橋尚文委員長 井上次長。 ◎井上真二こども保健部次長 今、委員ご指摘のとおり、世帯が抱えている問題は本当に複雑で多様化しております。 もっと読む
2017-08-31 帯広市議会 平成29年 建設文教委員会-08月31日−07号 それから2つ目、1次検査である当初は尿検査のみを取り上げ、痛みや副作用がないから身体的な不利益がない検査で利益という、これはおかしいでしょうということで指摘した結果、このようになりました。陽性と判断されても疑陽性が一定程度であるので2次検査が必要、陽性の場合の除菌治療では抗菌薬を服用するため、下痢等の副作用が出るありますと書いていただきました、これだとよくわかります。 もっと読む
2017-06-29 音更町議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2017.06.29 現在通学に使用している通学バスは購入から21年を経過し、走行距離も63万キロメートルを超え、車体の痛みも激しい状態にあるため、車両を更新するものでございます。   もっと読む
2017-06-27 音更町議会 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2017.06.27 これは一つには、昔は兄弟が多くて、家庭で兄弟げんかから始まって、殴られるというか鍛えられたというか、殴られてみて痛みがある程度わかるわけであります。そうすると、殴るとき、この程度だなという程度がわかったと思います。ところが今、その程度というのがわからなくなってきた。徹底的にやってしまってから、「死ぬとは思わなかった」という談話が結構あるんですけれども。   もっと読む
2017-06-21 北見市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月21日−02号 危険がわからない、いつもと違う状況で不安になる、困っていることが伝えられない、痛みに平気だったり、避難所の生活になじめないなど障がいにはさまざまなケースがあることを日ごろから地域の支援者に知っておいてもらう。医療的なケアが必要な人の速やかな二次避難所への移動、視覚、聴覚に障がいがある人はどのようにして連絡をとるのか、そのような人たちへの対応はどうするのか。 もっと読む