692件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

具体的には、初めて本格的にスキー場でスキー学習が始まる小学3年生児童を対象として、リフト料金が1,000円割引となる助成券を全員に1枚配付するとともに、札幌市小学校体育授業では体験する機会ないスケートについても、貸し出し靴料金300円が無料となる助成券を小学3年生児童に1枚配付する事業です。  

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

一つは68ページ公園緑地管理費件でありますが、公園再整備で、公園トイレことですが、水洗化を進めていたと思うんですが、ことしはしないか、もう終わったか含めてお知らせ願いたいと。  それから、水洗化はしたけれども、公園開設が4月から11月ということでありますので、冬期間トイレを利用できるは現状で何個、何公園あるかお知らせ願いたいというふうに思います。  

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

次に、子ども食堂運営支援事業費につきましては、音更地区と木野地区町内2カ所で、社会福祉法人と地域ボランティアグループにより、5月から開設される子ども食堂運営を支援するものでございます。  2目保育園費でございます。木野北、駒場町立保育園に係る運営費でございまして、代替保育士賃金ほか、保育園管理運営費、給食関係費でございます。  続きまして、52ページをお開きください。

札幌市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会−02月18日-02号

まず、地域向上についてでありますが、これまで、札幌市では、地域向上に対する支援として、地域コミュニティ活性化に主眼を置き、事業に取り組んできたところであります。具体的には、地域活動整備支援や町内会未来開催、さらには、次世代活動担い手育成地域活動実践体験会実施など、各種多様な事業を展開してまいりました。

帯広市議会 2019-02-12 平成31年 総務委員会-02月12日−02号

それで、災害対策本部開設するとき、本庁舎が被災する可能性に備えて、第二場所を検討してる、たしか藤澤議員が聞かれて、とかちプラザと言われたと思うんですけども、あそこも大体ここと高さはそんなに変わんないと思うんですけども、本当にそれで安全な場所なんですか、その辺をお伺いいたします。

帯広市議会 2018-12-10 平成30年第5回12月定例会-12月10日−02号

提言書では、大空中学校小規模化により、学習面や生活面などへ影響が懸念されますことから、小学校中学校校区が一致している現状を踏まえて、小・中学校連続性や系統性ある小中一貫教育を推進するとともに、学校地域が連携、協働する取組みを行いますコミュニティ・スクールを導入するほか、これら活動を効果的に推進するため学校施設、また地域連携活動スペース整備が必要であると御意見をいただいたところでございます

札幌市議会 2018-10-16 平成30年第一部決算特別委員会−10月16日-04号

また、我が札幌市議会においては、公立夜間中学速やかな設置を求める陳情が、北海道夜間中学をつくる会、札幌遠友自主夜間中学連名で提出され、2017年2月第1回定例市議会で採択されたところであります。  国が2017年7月に実施した調査によりますと、夜間中学新設に向けた検討準備を行っていると回答した自治体は、6都道府県74市町村ことであります。

帯広市議会 2018-10-01 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月01日−05号

それも厩舎関係者理解と協力があって、ナイター開催、冬場も遅くまでレースをするなど、そういった日数をふやしたり、それとあわせて地方中央競馬連携、協調。象徴的なは、経費節減ために、発売システム地方競馬全体で共同で開設、運用を始めた、それとあわせてJRA発売、受託発売もさせていただけるようになった、そういうような連携、協調があって、今があるかなと思っております。  

帯広市議会 2018-09-25 平成30年第4回 9月定例会-09月25日−04号

◎広瀬容孝こども未来部長 帯広市におけますこれまで取組みといたしましては、平成27年度に新たに小規模保育事業所及び事業所内保育事業所が各1施設開設され、平成28年度には幼稚園4園が認定こども園へ移行するなど、民間法人協力しながら入所児童拡充に努めてきたところでございます。  

北広島市議会 2018-09-25 平成30年  第3回 定例会-09月25日−04号

教育長吉田孝志) 田辺議員質問にお答え申し上げます。    里山林業体験学習についてでありますが、この体験学習は、北海道石狩振興局が推進する木育一環として位置づけられているものであり、林業体験や森林と生活とかかわり等を学習することで、身近な自然を守り、育てる気持ちを養うことや、生徒自身生き方や職業観を身につけること等をねらいとして、緑陽中学校が実施しているものであります。    

釧路市議会 2018-09-19 平成30年第3回 9月定例会 民生福祉常任委員会-09月19日−02号

について   釧路市オリジナル記念用婚姻届について   平成30年度 釧路市ごみ排出量について(4~7月分)  (2) 付託議案   議案第65号 平成30年度釧路市一般会計補正予算           歳出第2款(総務一部)   議案第81号 市民環境部所管する公施設指定管理者指定件   議案第82号 阿寒町行政センター所管する公施設指定管理者指定件 2 こども保健部審査

札幌市議会 2018-07-02 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−07月02日-記録

こちらでは、成長過程に応じてさまざまな学習体験機会を設ける取り組みほか、産業を支える担い手育成などを実施することとしております。  平成29年度は、市立高校にコンシェルジュを配置し、教育内容充実を図ったほか、みなみ杜高等支援学校を開校いたしました。

北見市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号

留辺蘂高校では、平成30年度入学者数は19名で、欠員は21名となっています。  ここで近隣津別町にある道立津別高校例を取り上げます。津別高校でも長年定員割れが続き、まちを挙げて存続に取り組んでこられました。町による通学や活動へ補助内容などは、高校存続に取り組まれている他まちと比較し、内容にそれほど大きな差はないように感じます。津別町では、他町に見られない公設民営なども行っています。

帯広市議会 2018-06-22 平成30年第3回 6月定例会-06月22日−07号

あくまでも例ではございますが、考えられるものとしては、こども食堂に使うだとか学習、それからファミリーサポートセンター拠点にする、買い物弱者支援移動販売駐車場利用だとか、こういったものも考えられるんではないかなと思います。地域課題解決につながるような利用方法など、今後検討していく価値があると考えますけれども、市認識をお伺いいたします。 ○大石清一議長 野原隆美市民活動部長