1928件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

1、改正の理由は、家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準平成26年厚生労働省令第61号。以下「省令」という。)の改正に伴い、条例を改正しようとするものでございます。  2、改正の背景は、家庭保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業または事業所内保育事業の設備及び運営の基準については、省令で定める基準に従い市町村条例で定めることとされております。

音更町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-18

本町においては、妊娠期から子育て期にわたる総合的な支援を行う子育て世代包括支援センター事業を初め、養育支援が特に必要な家庭に訪問して養育に関する指導助言を行う養育支援訪問事業、病気の子どもを預かる病児保育事業、学童保育所の受け入れ学年の拡充など、各家庭の実情に応じてサービスが選択できるよう、きめ細かな子育て支援策の充実を図ってきたところであります。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

定例会で松浦議員の一般質問でも、児童虐待の対応は保育士が対応すると答弁されておりました。保育士は未就学の子供に対しての専門知識基本としておりまして、ソーシャルワークの専門家ではありません。社会福祉士の必要性というものを今ここに来てさらに検討、協議していかなければならないような、音更町の知識としてその程度のレベルなんでしょうか。

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

2項負担金、1目保健福祉費負担金につきましては、1節の北十勝障害支援区分認定審査会費構成町負担金から、17ページに移りまして、上段の12節過年度学童育所運営費負担金まで、保健福祉事業に伴う構成町及び受益者からの負担金であります。  2目町民生活費負担金につきましては、消費生活相談業務に係る士幌町からの負担金。  3目の産業振興費負担金につきましては、国営土地改良事業に係る受益者からの負担金。  

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

次に、児童福祉施設運営事業者選定委員会費は、平成32年度から5年間、木野東の家、下士幌、柳町、緑陽台の4カ所の学童保育所の運営委託のための事業者選定に係る会合開催経費でございます。  次に、施設型給付・地域保育給付事業費でございます。次のページ、50ページになります。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

この予算案は、公明党が強く求めていた低所得子育て世代向けのプレミアムつき商品券の発行など、消費税引き上げに伴う需要のばらつきを滑らかにする平準化対策が盛り込まれたほか、幼児教育保育の無償化を初めとした全世代型の社会保障制度の拡充、防災減災、国土強靱化対策に重点を置いております。  

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

本年10月から予定されている幼児教育の無償化につきましては、認可保育についても一定の支援を行うこととしております。  施設整備につきましては、学校法人帯広葵学園が運営する認定こども園緑陽台保育園の園舎改築に対して助成をいたします。  新たに民営化する柳町保育園及び民間事業者に委託するへき地保育所の運営について、引き続き適切な運営が行われるよう支援してまいります。  

帯広市議会 2019-02-13 平成31年 厚生委員会-02月13日−02号

◆6番(播磨和宏委員) 今回は学童の状況についてお伺いをしていきたいと思うんですけれども、年度末近づいて、そろそろ来年度の募集自体はもう始まっていますけども、来年度に向けて、今現状がまずどういう状況であるか。以前厚生委員会の中でも出てきたのが、待機がいるという話は一度出てきておりますけれども、この間の推移ですね。

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-目次

………………………………………80 1.休 憩 宣 告 …………………………………………………………………………………………80 1.再 開 宣 告 …………………………………………………………………………………………80  代表質問の続行   〇村上ひとし議員日本共産党) ……………………………………………………………………81    1.市長の政治姿勢    2.都心アクセス道路    3.学童保育

音更町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-12

本町の現状といたしましては、社会福祉法人等による介護保険サービスや障がい福祉サービス保育サービスなどを中心に、高齢者や障がいのある人、子供に係る各種サービスが提供されており、それぞれの施設の特色を生かした運営によって利用者のニーズに応える体制が整備されております。しかしながら、少子高齢社会の進展とともに、働き手の確保など、今後においては課題も生じてくるものと考えております。  

恵庭市議会 2018-12-06 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号

◎竹内子ども未来部長 −登壇−  私からは、災害検証に基づく対応策についてのうち、保育園、幼稚園学童における防災体制についてと学習支援の拡大についての2点の御質問と、現行の保育計画を変更した理由と目的についての御質問にお答えをいたします。  初めに、保育園や学童クラブ等での災害マニュアルの整備など、どのような備えを行っているのかについてお答えをいたします。  

恵庭市議会 2018-12-05 平成30年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−02号

◎竹内子ども未来部長 −登壇−  私からは、一般行政のうち、第3次恵庭市保育計画の中間見直しの進捗状況についてお答えをいたします。  中間見直しに当たっては、恵庭市の保育に関する現状と課題を踏まえ、その課題解決に向けた事業の推進のためには、限られた財源や人材などの資源有効に活用することにより、本市の保育環境を維持、改善する必要があると考えております。  

帯広市議会 2018-11-16 平成30年 厚生委員会-11月16日−08号

◎戸田心こども課長補佐 待機児童対策事業とは、認可保育所にあきがなく入所することができない児童が、企業主導型保育施設など一定の基準を満たす認可保育施設を利用する場合、認可保育所の保育料と利用する施設保育料との差額を補助する事業で、保育ニーズの高いゼロ歳から2歳の低年齢児を対象としてございます。