1741件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石狩市議会 2026-12-13 12月13日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

財政部所管では、1.ふるさと応援寄附推進事業における返礼実績の少ない品目及び人気品目確保状況について。2.ふるさと応援寄附金額と返礼経費との収支バランスについて。3.ふるさと応援寄附制度における取組の経過と今後の考え方について。4.ふるさと応援寄附実績が多い自治体の特徴について。5.ふるさと応援寄附平均額について。6.基金の残高と運用の状況について。

函館市議会 2023-12-12 12月12日-05号

これまでの取り組みといたしましては、民間施設改修時のバリアフリー整備に対し事業費の一部を補助しており、必要に応じて補助対象整備箇所をふやすなど財政的支援を拡充し、既存施設バリアフリー化に取り組みやすいよう制度の見直しを行うとともに、市政はこだてや市のホームページ、パネル展の開催などにより、条例における理念の普及啓発など、ソフト・ハード両面にわたる各種施策に取り組んできたところであります。 

帯広市議会 2023-04-01 06月19日-04号

中野雅弘学校教育部長 帯広市の奨学制度につきましては、向学心があり、十分な能力があるにもかかわらず、経済的な理由によって就学が困難な学生にその資金を貸与し、有能な人材を育成することを目的としているものでございまして、寄附等により造成いたしました帯広教育振興基金を原資とした無利子の貸与制度として運用しているところでございます。 

北広島市議会 2021-09-09 09月09日-01号

11 平成31年4月から令和元年6月までにおける寄附について   次に、平成31年4月から令和元年6月までにおける寄附についてでありますが、現金による寄附につきましては、個人・団体などから6件、636万3,000円、物品の寄附につきましては、個人から掃除機寄附1件、土地寄附につきましては、4件となっているところであります。   

北広島市議会 2021-08-29 09月20日-03号

この18歳、19歳は高校3年生、大学等の1年生の年代であります。今回の参議院選挙でお隣の江別市では、市内の4つの大学の構内に期日投票所を開設して、学生投票を呼びかけました。特に若い世代選挙の関心を持ってもらい、いかに投票しやすい環境をつくることへの努力を惜しんではならないと思います。市内唯一大学である星槎道都大学期日投票所を開設する時期に来ていると私は思います。

石狩市議会 2021-07-11 07月11日-議案説明、質疑-01号

歳出の主なものといたしましては、総務費では、集会所改修に620万円、民生費では、幼児教育・保育の無償化に対応するための経費に1億6,001万7,000円や、(仮称)ふれあいの杜子ども館建設に向けた設計費に3,000万円、衛生費では、水道の高料金対策補助に1,004万9,000円、労働費では、シルバー人材センター拠出に675万円、農林水産業費では、林道毘砂別線及び加賀の沢線整備に2,200万円

北広島市議会 2021-06-04 06月26日-03号

この資料を見ますと、2019年の歳入を見ていただきますと、土地使用料寄附で1億円見込んでいるというふうになっておりますけれども、土地使用料寄附は、それぞれ現在いくら集まっているのか。また、今後の達成見通しについてお聞かせねがいたいと思います。 ○議長(野村幸宏) ボールパーク推進課長。 ◎ボールパーク推進課長柴清文) 山本議員の再質問にお答え申し上げます。 

恵庭市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、総務費公共施設等管理保全基金積立でありますが、市有地売却収入積み立てにより1,390万6,000円を補正するものであります。 同じく、総務費まちづくり推進基金積立でありますが、えにわ・花子さん愛情寄附積立及びふるさと納税事業経費積立により1億1,328万5,000円を補正するものであります。 

北広島市議会 2020-11-26 12月10日-02号

それに伴い、LED化が進んだ町内会自治会では、街路灯補助維持費において、電気代軽減も図られ、1世帯当たり負担額が200円台に下がった町内会自治会も出始めました。一方、町内会自治会の戸数が少ないところは、仮にLED化が100%進んだとしても1世帯当たり負担額が1,000円以下にならない町内会等も想定されることから、そのための軽減策を考えるべきと思います。

北広島市議会 2020-11-10 12月12日-04号

次に、空き家等解体補助についてでありますが、平成28年度から制度を開始し、これまで延べ100件の交付を行ってきたところであります。なお、申請件数が上限に達する時期は年々早まっている状況にあり、また、申請受付終了後に数件の問い合わせをいただいていることから、本補助に対する需要は高いものと考えております。