3312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2019-02-12 平成31年 総務委員会-02月12日−02号

それで、今働き方改革の中で、外国労働者というのがどんどんどんどん日本に来られてるわけでありますけれども、この次期総合計画の中で、今ここの答申では労働力不足があるという部分と、それに対応しなければならないという部分、高齢者の活躍の部分ということが、ここには書かれてるわけでありますけども、次期総計の中で外国労働者という新たな考え方というのは含まれてくるのかどうか、現時点で、この答申を踏まえて。

音更町議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-13

そこをきちんと掌握した中で、虐待があった、そのためにはどうするんだという対応策をきちんととっていく、いじめがある、これはやっぱり人権の問題、それで具体的な方針を上げていく、不登校の問題、これについてもさまざまな対応策を講じていく、そういうことで、障がいのある子供であったり外国籍の子供であったり、そしてさらには子供の健康分野、計画の中には音更も入っておりますけれども、健康に対して、そしてあとは子供の相談

帯広市議会 2018-12-13 平成30年第5回12月定例会-12月13日−05号

十勝総合振興局産業振興部商工労働観光課によりますと、十勝管内の平成29年度観光入り込み客数は約1,042万で、前年は約956万でありましたが、平成28年度は、台風等、大雨被害で遮断されていた交通網の復旧、そういったものが平成29年度に復旧されており、順調に増加し過去最高となった、また訪日外国宿泊客数も堅調に回復した、前年度に大きく落ち込んだ道外客が前年度比13.6%増の約232万となり、約27

倶知安町議会 2018-12-13 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月13日−06号

2、参考による意見聴取。  審査を進めるに当たり、町内の宿泊や観光関係事業者を参考として招致し、意見を聞くこととしております。  町内で事業を行っている大中規模宿泊事業者3社、小規模宿泊事業者3社、コンドミニアム等の管理事業者2社、旅行代理店1社の9社を参考として、1社ごとに意見聴取をしてございます。

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

労働力不足については外国技能実習制度で補うといったことも考えられます。長時間労働や賃金未払い、失踪などが問題となっていたことから、国では昨年11月に外国の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図ることを目的に、外国の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律を施行したところです。

帯広市議会 2018-12-11 平成30年第5回12月定例会-12月11日−03号

帯広市におきましても、障害のあるが地域で自立した生活を送ることができるよう、基幹相談支援センターを中心に関係機関や事業所などと連携しながら相談体制の充実を図っております。また、居宅介護や自立訓練、就労支援など、さまざまな障害福祉サービスの提供のほか、障害や障害のあるに対する理解促進、手話言語条例の制定などにも取り組んできているところであります。  

倶知安町議会 2018-12-11 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月11日−04号

最後に、費用対効果についてでありますが、本年4月に観光庁が発表した平成28年度に日本国内で開催された国際会議による経済波及効果は6,789億円であり、国際会議における外国参加者1当たりの総消費額は約37万3,000円となっております。大臣会合の参加者が200名程度と想定した場合、この観光庁の数値により単純計算しますと、およそ7,400万円の経済波及効果が見込まれることとなります。  

帯広市議会 2018-12-10 平成30年第5回12月定例会-12月10日−02号

十勝・帯広の環境では、余り感じることはありませんが、首都圏や政令都市、観光地などに行くと、コンビニや飲食店などで働く外国の多さに驚きます。また、自動車産業の工場集積地などでは、集合住宅の住民のほとんどが外国であったり、外国街が形成されていたりと、地域住民における外国比率の拡大から、さまざまな弊害が報告されております。  

倶知安町議会 2018-12-10 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月10日−03号

次に、波及効果についてでありますが、本年4月に観光庁が発表した平成28年度に日本国内で開催された国際会議による経済波及効果は6,789億円であり、国際会議における外国参加者1当たりの総消費額は約37万3,000円となっております。大臣会合の参加者が200名程度と想定した場合、この観光庁の数値により単純計算しますと、およそ7,400万円の経済波及効果が見込まれることとなります。  

恵庭市議会 2018-12-06 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号

これに伴って、外国労働者が大きく増える可能性もあり、地域社会に対する影響も考えられます。現在、市内で住民登録をしている外国の実態と、近年の傾向、今後の見通しについてお伺いいたします。  大項目の5点目、官民連携の推進における評価と検証について伺います。  保育園の指導監督体制について。  

恵庭市議会 2018-12-05 平成30年  第4回 定例会-12月05日−一般質問−02号

最後に、雇用確保対策についてでありますが、先ほど来御答弁があったとおり恵庭市人材確保計画の施策の中で、施策をそれぞれ今検討されてると思っておりますが、この中で外国労働の考え方についてはどのような位置づけをし、雇用確保を図っていかなければならないかと考えるか御所見をお伺いします。 ○笹松京次郎議長 答弁願います。  佐藤経済部長。

帯広市議会 2018-11-21 平成30年 総務委員会-11月21日−07号

生活ができる仕事だとか、生きがいがある仕事だとか、働きがいのある働き方だとか、いろいろ言うわけなんだけども、そういったことがきちっと整理されないと、今、外国の雇用について、入管法の問題も含めていろいろ問題になってきているときに、ただ外国の労働力を入れれば解決するのかということには、これならないだろうと思っています。その辺のところは大事な点だろうと。  

帯広市議会 2018-11-20 平成30年 建設文教委員会-11月20日−07号

◎稲葉利行学校給食センター長 ことし10月末現在の集計で、卵と乳の除去食を提供している児童・生徒数が51いるほか、牛乳代替え飲料の麦茶を提供しているが52、ファクスによるアレルギー食材の情報提供を行っているが103、延べ206、実人数にしますと156となっております。  なお、現在宗教食に関する取組みは行っていない状況にございます。  以上です。

根室市議会 2018-10-24 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号

根室市の10月1日現在の65歳以上の人口は8,664で、高齢化率は33.69%となり、75歳以上では17.35%の高齢化率となっております。総人口は2万5,720外国除く)と、既に2万6,000を下回っております。  所信で述べる高齢化対策には、地域包括ケアシステムの構築のためのプロジェクト、これを庁内本部に設置することも上げられております。私もその必要性は共感し肯定をいたしております。

恵庭市議会 2018-10-09 平成30年  決算審査特別委員会-10月09日−代表質問−04号

◎佐藤経済部長 花の拠点基本計画の事業手法ですとか、目的が変更されたのかどうかという御質問でございますけども、現在、公募を行っておりますホテルなどの宿泊施設につきましては、昨年度の基本設計で滞留時間の延長を目指し、宿泊施設を検討するとしたことに加えまして、企業との対話によるサウンディング型市場調査におきましても同様の意見が複数あったことを踏まえまして、花の拠点基本計画の目的に掲げます増加する外国観光客

札幌市議会 2018-10-05 平成30年(常任)厚生委員会−10月05日-記録

反対の理由は、生活保護法の一部改正により、生活保護世帯の子どもの大学等への進学を支援する進学準備給付金の支給制度が創設されたことに伴って、生活に困窮する外国に対する進学準備給付金の支給に関する事務を新たに個人番号を利用することができる事務に追加するものだからです。  

帯広市議会 2018-10-05 平成30年第4回 9月定例会-10月05日−05号

初めに、議案第79号平成29年度帯広市一般会計歳入歳出決算認定中、総務費では、まず住民活動の推進に関し、市職員の市民活動に関する実態調査結果活用の考え方、町内会加入促進条例への見解と今後の地域コミュニティのあり方、町内会に求められる役割と町内会と企業等との連携を一層強化する考え、コミュニティ施設における住み込み管理配置の考え方と今後の管理運営の方向性、市民相談室の利便性向上に努める考えなど、次に納税奨励

帯広市議会 2018-10-02 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月02日−06号

◎黒島俊一学校教育指導室長 外国語教育の実施に当たりましては、小学校で専門の教員が配置されるなどの状況は現時点ではございませんが、正規の教員や期限つきの教員につきましても、今後も研究所が行う外国語等の研修会の参加を含め、適切な資料提供を行いますとともに、各学校の校内研修においてスキルアップが図られるよう支援してまいりたいと考えております。  以上でございます。