運営者 Bitlet 姉妹サービス
1577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月07日−一般質問−04号 このたび、当該計画の中間見直しが行われましたが、これら保育所の役割や必要性についての検証が不十分であり、とりわけ、公立保育所の役割が明確されておらず、その必要性の判断が施設の老朽と同列に考えられています。  女性の社会進出や地域社会、家庭環境の変化から保育ニーズは多様し、増加し、市民の保育に関する関心と期待が一層高まっています。   もっと読む
2018-12-06 恵庭市議会 平成30年  第4回 定例会-12月06日−一般質問−03号 初めに、保育計画を変更した理由についてですが、恵庭市人口ビジョン2017の上方修正や女性の就業率上昇、幼児教育・保育を取り巻く情勢の変化などにより、保育サービスのニーズは一層多様しており、特に3歳未満児の保育需要の高まりや、来年秋に実施予定の幼児教育・保育無償により、保育環境の充実が喫緊の課題となっていることから、本年度、第3次恵庭市保育計画の中間見直しを行ったところです。   もっと読む
2018-10-24 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月24日−03号 また、幼児教育の無償は国と連動するということでしたが、財源とのバランスもあります。私はもう一歩踏み出すことは必要と指摘した上で、何よりも将来を担う若者世代、若年世代のための子育て世代の負担軽減は行政としては最大限に事業展開を行うことが求められると考えております。 もっと読む
2018-10-23 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月23日−02号 自然災害に対応した学校教育施設の耐震や環境整備、教員の住環境整備、児童・生徒の学習環境や給食事業のあり方、体育環境整備など課題山積みの中で、来年10月、消費税の改定によって幼児教育の無償や、大学など高等教育の無償や、給付型奨学金の拡充など、国の施策に連動して、当市においてどのような施策を考えて教育負担の軽減を実施していくのか、また当市独自の教育予算を考えているのか、市長、教育長にお聞きいたします もっと読む
2018-10-12 根室市議会 平成30年 10月定例月議会-10月12日−01号 急激な少子・高齢の進行や、それに起因する人口減少など、取り巻く環境は厳しさを増しており、多様する市民ニーズに寄り添い、まちづくりを推進をしていかなければなりません。   もっと読む
2018-10-03 音更町議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.10.03 家庭的保育事業者等と次項の連携協力を行う者との間でそれぞれの役割の分担及び責任の所在が明確されていること。  第2号。次項の連携協力を行う者の本来の業務の遂行に支障が生じないようにするための措置が講じられていること。  第3項。 もっと読む
2018-10-01 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 開催日:2018.10.01 業務の内容は、避難行動要支援者名簿情報の共有、これは多分、町内会の方々とか消防とかいろいろな方々との名簿の共有は図っていると思います。避難支援個別プラン、要するに個別計画の策定ですね。それから、要配慮者参加型の防災訓練の計画、実施、広報等。たしかこれはもう平成28年3月に音更町の地域防災計画に位置づけられたと思っております。   もっと読む
2018-09-25 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日:2018.09.25 続きまして育児パッケージの件についてなんですが、前回いろいろ御助言いただいた後、うちの赤ちゃん訪問などでも無償のおむつを配布していますが、やっぱり皆さんおむつに関してはお好みのメーカーがあったりサイズがあったりということもありまして、いろいろよその、近隣の様子も見ながらまた今後考えていきたいなというふうに思っているところです。  以上です。 もっと読む
2018-09-25 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月25日−04号 採決に際し、日本共産党議員団所属委員から、議案第69号平成30年度釧路市港湾整備事業会計補正予算及び議案第76号釧路市港湾施設管理条例の一部を改正する条例について、西港バルク港湾建設による港湾施設の無償譲渡などの措置に伴うものであるが、釧路西港開発埠頭株式会社に対する補助金、パナマックス級の大型貨物船の入港予定も定かでない。市民の貴重な財産をこのように措置することは将来にも禍根を残すものである。 もっと読む
2018-09-25 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月25日−06号 また、保育士の確保と保育環境の改善に向けて、保育体制充実事業として、予備保育士や低年齢児担当保育士などを加配する場合の経費を助成しております。  各保育所等では、年度途中の利用児童数の増加に対応するため、年度当初から多目の保育士を雇用しておりますが、保育所等の運営費は利用児童数に応じて支弁されるため、保育士をあらかじめ確保しておくことにも本事業が有効に活用されているものと認識しております。 もっと読む
2018-09-21 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月21日−05号 また今後、国は幼児教育の無償を行うやの話も聞こえておりますが、無償による仕組みの変化や影響が懸念されます。保育人材の不足や保育の質の維持などの課題がある中で、どういったお考えで今後の保育ニーズの変化に対応していくおつもりかお伺いいたしたいと思います。  次に、高齢者施策について伺います。   もっと読む
2018-09-20 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月20日−05号 (想定人数の変更、待機児童の有無など)  4、各施設における現場での保育士確保の課題と働き方改革関連法、いわゆる同一労働、同一賃金の影響について。  5、2019年10月から始まる就学前教育の無償による予想される影響を伺います。 ○議長(鈴木保昭君) 西江町長。 ◎町長(西江栄二君) それでは田中議員の統合保育所と認定こども園についての御質問に御答弁いたします。   もっと読む
2018-09-19 旭川市議会 平成30年 第3回定例会-09月19日−03号 ◎市長(西川将人) 今後の子どもに関する施策についてでありますが、引き続き保育所等の待機児童ゼロを維持するとともに、保育士などの人材の育成、確保を図るなど、保育の質の向上に努めていく必要があると考えており、このほか、昨年度実施した子どもの生活実態調査の結果を踏まえた子どもの貧困対策についての検討や、保護者や地域住民等が学校運営に参画するコミュニティースクールの導入を進めるなど、全ての子どもたちが健やかに もっと読む
2018-09-19 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会 民生福祉常任委員会-09月19日−02号 ここ数年、世帯の抱える問題は複雑してきており、また児童福祉法の改正に伴い虐待対策の強化が提言され、要保護児童対策地域協議会の効果的な運営として、専門職の配置や研修の受講が義務されるなど、市の役割は以前にも増して重要となっております。   もっと読む
2018-09-14 留萌市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−04号 具体的には、中学生までの医療費無償保育料の軽減や病児保育事業など、心豊かに子育てができる環境づくりを進めていこうという取り組みに期待をしているところです。  そこで、留萌市子ども・子育て支援事業計画に基づいて、103事業が実施されておりますが、主に担当所管が行う平成29年度の事業評価は、「十分な成果」と「一定の成果」が94%を占めており、大変高い評価となっております。   もっと読む
2018-09-13 釧路市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−02号 また、国におきましても、子どもの貧困対策の推進といたしまして、幼児教育の無償や大学等奨学金事業の拡充など、幼児期から高等教育段階まで切れ目のない教育負担の軽減を目指しているところでございます。こうした国の動向につきましても、引き続き注視してまいりたいというふうに考えてございます。  私からは以上でございます。 ○議長(渡辺慶藏) 宮田団議員。 もっと読む
2018-09-13 留萌市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−03号 また、子どもが病気のときにも保育ができ、保護者が安心して働くことができる病児保育も今年度中に実施されるということですが、その実施内容についてもお聞かせください。  次に、中項目4点目、高齢者支援の充実についてお伺いします。   もっと読む
2018-08-20 札幌市議会 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−08月20日-記録 このほか、最近の数年の間で申し上げますと、例えば、重点要望事項の税制関係の3に関連いたしますが、大都市特例税制に関しまして、平成29年度の県費負担教職員の給与負担に係る権限移譲に伴いまして、道府県から個人住民税の税源移譲が実現したことや、要望事項の財政関係2の地方債に関しては、公共施設の集約や複合あるいは長寿命といったことに活用できる公共施設等適正管理推進事業債が平成29年度に創設されたことなど もっと読む
2018-07-02 札幌市議会 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−07月02日-記録 全国的に少子が進む中、先ほどさまざまな質疑もありましたが、札幌市における出生率の低さというのは、北海道、全国の中でも大変憂慮すべきこととされております。本プランでは、子ども・子育て支援を経済・雇用と並ぶ予算の柱に掲げて、小学校1年生までの医療費助成や3歳未満の第2子の保育料の無料など、昨年度も子育てに要する経済的負担の軽減に力を入れてきていることは承知しております。   もっと読む
2018-06-28 北見市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 しかしながら、農協改革を初め政治、経済状況の変化や農業者の高齢、担い手不足、農地の流動など農業情勢は極めて厳しく、激動の時期を迎えております。   もっと読む