34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

帯広市議会 2024-09-02 09月20日-04号

現在策定中の次期行財政改革計画において、保育所民間移管RPA導入など、具体的な取組みに向けて検討を進めているところであり、市民の皆さんの御理解と御協力のもと、取組みを着実に進め、より効果的、効率的な行政サービスの提供につなげていく考えであります。 私からは以上であります。 ○有城正憲議長 池原佳一政策推進部長

恵庭市議会 2021-09-18 09月18日-03号

大槻企画振興部長 ICTの新たな技術利活用につきましては、今年度、定型的なパソコン操作により実施している業務について、ICT活用したRobotic Process Automation、いわゆるRPA化に向け、外部人材を登用しました市民職員協働プロジェクトを設置し、協議を進めているところであります。 現在は、対象となる業務を選定し、RPA化に向け作業に取りかかっているところでございます。 

根室市議会 2021-06-18 06月18日-01号

根室市の行政情報システムの現況はどのように捉えているのか、また行政コストの抑制や職員数減少傾向にある中で、多様化する市民企業に寄り添う行政サービスへの対応のためには定型業務や一部定型業務を機械代替し、職員付加価値業務に専念する行政運営への転換も求められているところであり、AIRPA導入に取り組む先進事例が報告されております。

帯広市議会 2020-08-01 12月11日-04号

現在策定中の次期行財政改革計画においてもRPAなどICTのさらなる活用に取り組むこととしております。 今後も急速に進む技術革新状況や国や他自治体の動向を注視しながら、市民サービス向上のほか費用対効果などを勘案し、効果が期待できる領域での活用を図ってまいりたいと考えております。 私からは以上であります。 ○鈴木仁志議長 中野雅弘学校教育部長

倶知安町議会 2020-03-18 03月18日-02号

◎町長(文字一志君) それでは、冨田議員からの急速に加速するICT化への対応はについての御質問の中で、ICT活用により、町政運営における業務効率が改善するのではないかという御質問についてでございますけれども、現在の業務におきましてもICTは欠くことのできないものとなっておりますが、最近では、AIRPA、ロボティック・プロセス・オートメーションなどの活用により、これまで膨大な人手や時間をかけていた

旭川市議会 2020-03-16 03月16日-07号

また、小中学校でのICT環境整備中心市街地におけるeスポーツ拠点施設の創出、庁内業務の一部にRPA導入するなど、新たな技術を取り入れた事業構築にも力を注いだことから、令和という新たな時代本市がさらなる飛躍を遂げていくという意味を込めまして、新年度予算を新時代飛躍予算と名づけたものでございます。 次に、旭川大学の公立化についてであります。 

根室市議会 2020-03-02 03月02日-01号

地域情報化については、情報通信基盤であるWi-Fi光ファイバー網等整備を着実に推進するとともに、5Gなど新たな技術情報収集に努め、ICT技術を有効活用した市民サービス向上RPAいわゆる、ソフトウェアによる業務自動化)による事務効率化に取組みます。(3)個性を伸ばし豊かな心と感性を育むまち 次に、「教育・文化の振興」についてであります。 

苫小牧市議会 2020-02-28 02月28日-03号

この創革プランの特徴としては、SDGsに掲げる17の目標がひもづけ、そして破壊的技術と言われるAIRPA活用による住民サービス向上業務効率化を目指すという中身だと思われます。しかし、本計画を全体的に見渡して大切な取り組みが抜け落ちていると感じております。その取り組みというのは電子申請取り組みです。

旭川市議会 2020-02-27 02月27日-03号

また、国民年金資格取得やマイナンバーカードの交付通知等業務において、名簿照合システム入力などの定型的な事務作業自動で行うRPA導入し、事務効率化を図ってまいります。 新庁舎については、現庁舎が抱える耐震性の不足や老朽化狭隘化等のさまざまな課題を解消するために、建てかえに向けた取り組みを進めてまいりました。

恵庭市議会 2020-02-21 02月21日-01号

職員負担軽減や、事務効率化を目的として、税務賦課事務入力業務においてRPAシステム導入いたします。 市議会においてタブレット端末導入し、Wi-Fiネットワーク環境整備いたします。 以上が、令和年度における重点施策概要であります。 次に、第5期総合計画の体系に沿った主な施策について、概要を御説明申し上げます。 第1に、市民による市民のためのまちづくりについて申し上げます。 

苫小牧市議会 2019-12-09 12月09日-03号

AIRPAといったICT本市行政運営の中で有効に機能するよう取り組み推進していくべきと私どもも考えてございまして、RPAについてはまずは人事管理業務税務業務などで実証実験を行いまして、順次定型的な業務への導入を進めていきたいと考えてございます。 また、AIについては庁内の問い合わせに対するヘルプデスクから検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。

釧路市議会 2019-12-06 12月06日-03号

次に、RPA、ロボティック・プロセス・オートメーション導入市役所業務効率化についてお尋ねをいたします。 ご案内のとおり、RPAとは、要約するとソフトウエア型のロボットを利用して、これまで人間が行ってきた業務自動化効率化を図るものであります。民間大手企業では、既に幅広い分野導入が進み、地方自治体など行政機関においては、数年前からようやく実証的な検討が始まった状況のようであります。 

  • 1
  • 2